October 21, 2010

ニコライ・ホジャイノフ

体調を崩しそうになりながらも、日本時間深夜にやっていたショパンコンクール2010の参加者たちの演奏をラジオで聴いてました。いや~世界は広い。いろいろなタイプのピアニストがいるものですね。みんな素晴らしかったと思います。

前にも書きましたが個人的に一番気になるのはやはりロシアのニコライ・ホジャイノフです。特に葬送ソナタでは透徹した硬質の威圧感が背筋に響いてゾクゾクしました。濁りのない純度の高い演奏をしてたと思います。

彼が日本に来る機会があったら聴きにいきたいと思います。


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 17:27│Comments(0)TrackBack(0)その他 



トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字