Great Pianists of The 20th Century Vol.19リストの定盤

February 01, 2011

Hough : LISZT Piano works

スティーヴン・ハフ

LISZT Piano Works

hough virgin

Disc.1
1. メフィストワルツ 第1番 S.514  
2. タランテラ S.162/3
3. スペイン狂詩曲 S.254 
4. 死者の追憶 S.173/4
5. 小鳥に説教するアッシジの聖フランチェスコ S.175/1
6. 孤独の中の神の祝福 S.173/3

Disc.2
1. アヴェ・マリア (Ⅳ) S.545  
2. エステ荘の糸杉に Ⅰ S.163/2
3. エステ荘の糸杉に Ⅱ S.163/3
4. エステ荘の噴水 S.163/4
5. 瞑想 S.204 
6. 悲しみのゴンドラ Ⅰ S.200/1
7. 悲しみのゴンドラ Ⅱ S.200/2
8. ダンテを読んで ソナタ風幻想曲 S.161/7
9. アヴェ・マリア (ローマの鐘) S.182 

Virgin Classics 7243 5 61439 2 0
Recorded: 1987/1990/1991

〔メモ〕
スティーヴン・ハフによるお得な2枚組。彼の重要なピアノ教師にゴードン・グリーンがいますが、グリーンはエゴン・ペトリの弟子になります。よってハフは偉大なるブゾーニの系譜に連なっていると言ってもいいかもしれません。
ここでは美しくクールで線が細く精緻なピアノ演奏をしていますが、過去のアンスネスやプレトニョフなどの例にみられるように、「いかにもヴァージンクラシックスの好きそうな」ピアニストです。ちなみにハフがフンメルの2曲の協奏曲を演奏した際に、ヴァージンがそれに注目をしてハフとの契約に至ります。
演奏の素晴らしさもさることながら選曲も素晴らしいです。特に2枚目はエステ荘の糸杉や悲しみのゴンドラなどのエレジーと、アヴェマリアや瞑想などの美しい小品が間に挟まり、あたかも「苦悩・嘆き」と「救い・慰め」が対比されてるようなプログラムです。リストへの共感の強いピアニストと言えましょう。

ちなみにスペイン狂詩曲などで改編が見られます。

フランツ・リスト→コンスタンティン・シュテルンベルク→オルガ・サマロフ→マーティン・カニン→スティーヴン・ハフ 
フランツ・リスト→モーリッツ・ローゼンタール→デリック・ウィンダム→スティーヴン・ハフ   

関連記事: Liszt Sonata, Ballades, Polonaises: Stephen Hough 


記事一覧(サイトマップ)



ミッチ at 18:37│Comments(0)TrackBack(0) リストのCD紹介 



トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Great Pianists of The 20th Century Vol.19リストの定盤