レスリー・ハワード: リスト ピアノ作品全集 Disc.23Liszt - The Two Piano Concertos - Richter

July 10, 2011

Great Pianists of The 20th Century Vol.41

20世紀の偉大なるピアニストたち 41

フリードリヒ・グルダ 2

great gulda 2

Disc.1
1.-3. ピアノ協奏曲 第1番 Op.15 (ベートーヴェン)<51>*
4. コンチェルトシュトゥック Op.79 (ウェーバー)<56>"
5. ブルレスケ (R.シュトラウス)<54>#

Disc.2
1.-3. ピアノ協奏曲 第1番 Op.11 (ショパン)〔バラキレフ編〕<54>$
4. バラード 第1番 Op.23 (ショパン)<54>
5. バラード 第2番 Op.38 (ショパン)<54>
6. バラード 第3番 Op.47 (ショパン)<54>
7. バラード 第4番 Op.52 (ショパン)<54>
8. ララバイ・オブ・バードランド (シアリング=フォースター)<?>

*カール・ベーム指揮/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
"フォルクマー・アンドレーエ指揮/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
#アントニー・コリンズ指揮/ロンドン交響楽団
$エイドリアン・ボールト指揮/ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団

音源: Decca, Edition Steingraber, Good Music Publ.
Philips 456 820-2

〔メモ〕
ジャズに傾倒しチック・コリアなどのジャズミュージシャンとのセッションで人気を博したグルダですが、クラシカルのピアニストとしてもバッハの平均律全曲やベートーヴェンのソナタ全曲録音という偉業を残しています。彼は若いころニューヨークの名門ジャズクラブ「バードランド」で演奏したり、ニューポート・ジャズ・フェスティバルに参加したりと意欲的な音楽活動を行っていました。
ここでのベートーヴェンやウェーバーでは正真正銘のクラシカルピアニストとしてのグルダが存在してます。ザイドルホーファーの弟子として、ウィーン楽派の正統的なピアニストとしての演奏をしています。お茶目な遊び心も時折垣間見えます。ショパンの協奏曲ではなんとバラキレフ編を演奏。なんでバラキレフ編曲を演奏することになったのか興味あります。
そして最後の最後に収録されているのはなんとジャズのスタンダードナンバー「バードランドの子守唄」です。ゆっくりなバージョンしか聴いたことがなかったので、この速いバージョンも面白かったです。


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 18:57│Comments(0)TrackBack(2) 20世紀の偉大なるピアニストたち 



トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. Great Pianists of The 20th Century Vol.40  [ フランツ・リストに花束を 生誕200年 ]   August 18, 2011 04:46
20世紀の偉大なるピアニストたち 40フリードリヒ・グルダ 1Disc.1 1.-12. 前奏曲集 第1巻 (全曲)(ドビュッシー) 13.-24. 前奏曲集 第2巻 (全曲)(ドビュッシー) 25. 喜びの島 (ドビュッシー) Disc.2. ...
2. Great Pianists of The 20th Century Vol.42  [ フランツ・リストに花束を 生誕200年 ]   August 19, 2011 06:20
20世紀の偉大なるピアニストたち 42イングリット・ヘブラーDisc.1 1.-8. フランス組曲 BWV817 (バッハ) 9. アンダンテと変奏曲 Hob.XVII:6 (ハイドン) 10.-12. ピアノ協奏曲 Hob.XVIII:11 (ハイドン)* 13.- ...

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
レスリー・ハワード: リスト ピアノ作品全集 Disc.23Liszt - The Two Piano Concertos - Richter