October 22, 2011

シェーンベルク 「フランツ・リスト その活動と本質」

本日10月22日はフランツ・リストの誕生日であり、200年前の今日フランツ・リストは誕生しました。今日ご紹介する文章は100年前の1911年に作曲家アルノルト・シェーンベルクがリスト生誕100年を記念して寄稿したものの抜粋です。

“偉大なる人物たちの重要性が例外なくそうであるように、リストの重要性もまた「信心」というものの中に見出すことができるのだ。いわばそれは熱狂的な類の信心であるが、そのような信心に心を支配された人間は常人とは大きく異なる。確信を持つのが常人ならば、信心に取り憑かれているのが偉人なのである。”

“リストにとってのこの熱狂的とも言える信心は他の偉大なるものたち同様に特徴的である。常に本能的なものに触れようとし、自我の根源の中に身を置き、彼は信心という能力を有していたのだ。己を信じ、己より偉大なるものを信じた。そして進化、文化、美、道徳、人間性を信じ、なによりも彼は神を信じていたのだ!このような信心は己を通じて導き出される精神性の高みへと他の者をも高めようとする、その人間の強烈な本能に起因するに他ならない。そのような人種はもはや芸術家ではない。むしろより偉大なる者 ―そう預言者なのだ!”

アルノルト・シェーンベルク

引用元:
Arnold Schönberg
Gesammelte Schriften 1:  Stil und Gedanke / Aufsätze zur Musik
Franz Liszts Werk und Wesen : P169-173より抜粋

シェーンベルクはリストの「ファウスト交響曲」を高く評価していたようですが、それ以外のリスト作品をどのように評価していたかは僕は知りません。例えばピアニストのマウリツィオ・ポリーニはリストの後期作品をシェーンベルクなどの20世紀音楽へ繋がる作品群と定義しましたが、当のシェーンベルクはリストの後期作品をどう思っていたのか気になります。預言者と言うからにはやはりリストの先進性を評価していたのでしょうか?

関連記事: バルトークは語る -リストの先進性- 
関連記事: ラヴェルは語る -リスト作品の欠陥- 
関連記事: ブゾーニは語る -リストという木- 


記事一覧(サイトマップ)



ミッチ at 08:00│Comments(4)TrackBack(0)リストのこと 



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by klavier   February 24, 2012 16:15
リスト生誕200年のこの日に書いて下さった、このシェーンベルクの記事、とても興味深いですね。この文章も、ミッチさんが訳されたのでしょうか?貴重な記事をありがとうございます!
後生の音楽家が、リストの事をこのように評価しているというのは、とても嬉しい事ですね。でも確かに後期の個々の作品についての評価も詳しく知りたい気がします。ポリーニは、リストの後期作品の事をそのように言っているのですね!
リストの作品をよく知れば知る程、その奥深さや魅力に、新鮮な感動をおぼえます。

先日教えて下さったEMIの10枚組CDは、2月末に発売予定のリスト「ミサ・コラリス~・・」等と一緒にHMvのマルチ・バイで注文しましたので、来るのは3月初めになると思いますが、とても楽しみです。本当にありがとうございました♪
2. Posted by ミッチ   February 24, 2012 18:16
はい。未熟な翻訳ですが、僕が訳したものです。本当はもっと長い文章なのですが、複雑で言い回しも古い文章だったので上の部分しか訳せませんでした。いつかバルトークやラヴェルの「リスト弁護」も取り上げたいと思います。

僕自身は聴いてないのですが、ポリーニはリストの後期作品(灰色の雲や悲しみのゴンドラ)やシェーンベルクの作品などを取り上げたレクチャーコンサートをしたことがあるようです。野本由紀夫さんによると“ポリーニは、リストに「20世紀音楽の受胎」を見いだしていた”とのことです。

そう言えば以前klavierさんがブログでご紹介されてたエマールのコンサートも灰色の雲を解説しながら演奏してましたね。
3. Posted by klavier   February 26, 2012 22:16
やはり、ミッチさんが翻訳されたのですね。素晴らしいです!確かに100年前に書かれたものなので、日本語で言うと文語体みたいで、余計に難しかったでしょうね。ですが、リストに関するこのような記事は、まだまだ日本語で出版されていない物も多いと思いますし、貴重なものだと思います。語学に疎い私にとっても、有難いものです。

バルトークやラヴェルの「リスト弁護」にもとても興味があります!いつか取り上げて下さると嬉しいです。

ミッチさんがドイツ語を訳して下さったそのエマールのコンサートもそうでしたし、エマールは正に、リストの先進性を評価し、昨年のリサイタルでは主にリストの後期作品と、それに関連性のある近現代の作曲家の作品を交互に演奏してくれました。エマール・ファンで、リスト大好きな私は嬉しかったです。

それから、本当にリストのロ短調ソナタは、ベートーヴェンの後期ソナタに続く作品といえるものですね!ミッチさんの分析、なるほどです。
4. Posted by ミッチ   February 27, 2012 21:35
そう言っていただけるとありがたいです!

リストの何の作品を選ぶかでそのピアニストのリストへの態度がなんとなく透けて見えるような気がします。そんななかエマールのあの選曲はまさに洞察力に満ちた選曲だと思っています。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字