January 31, 2012

Liszt Recital : Joseph Villa

ジョセフ・ヴィラ 

LISZT RECITAL 

villa sh1

1. 献呈 S.566 (シューマン=リスト)
2. 嵐 S.160/5
3. 夕べの調べ S.139/11
4. コンソレーション 第3番 S.172/3
5. バラード 第2番 S.171 
6. 孤独の中の神の祝福 S.173/3 

Second Hearing GS 9001 
Recorded: 1984 

〔メモ〕
ソロピアニストとして活躍する前はヴァイオリニスト、ジョセフ・フックスの伴奏者をしていたヴィラです。ジュリアードの名教授ゴロドニツキやクラウディオ・アラウに師事したピアニストです。1972年のアリス・タリー・ホールでのデビューリサイタルはオールリストプログラムで行っています。
個人的にはジョセフ・ヴィラの良さは超絶技巧と柔軟性があることだと思っていますが、このディスクではその良さがあまり発揮されてないように思います。「嵐」の絨毯爆撃のような技巧は圧巻ですが、全体的に猪突猛進型で容赦のない演奏。例えば献呈やバラード2番は別のCDのライブ録音もありますが、それと比べるとこのスタジオ録音は考え無しに勢い任せにガンガン突っ込んで行くような印象です。夕べの調べ、コンソレーション、孤独の~は秀演だと思います。

フランツ・リスト→マルティン・クラウゼ→クラウディオ・アラウ→ジョセフ・ヴィラ  

関連記事: HOMMAGE À JOSEPH VILLA 
関連記事: LISZT VISITS VIENNA / Joseph Villa 


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 21:18│Comments(0)TrackBack(0)リストのCD紹介 



トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字