February 21, 2012

LISZT / JORGE BOLET

ホルヘ・ボレット 

LISZT / JORGE BOLET 

bolet everest

1.-3. ピアノ協奏曲 第1番 S.124*
4. ピアノソナタ S.178
5. メフィストワルツ 第1番 S.514
6. ハンガリー幻想曲 S.123* 

*ロバート・アーヴィング指揮/シンフォニー・オブ・ジ・エア

Arpeggio / EVEREST 000 07 
Recorded: 1960? 

〔メモ〕
ボレットはカーティス音楽院時代、「彼に弾けぬものはない」と言われるほどの圧倒的存在であり校内のスーパースターだったそうです。このディスクを聴けば技巧面での充実度は注目に値するものがあるのは一目(聴?)瞭然です。ショーンバーグの著書によると、かつてアメリカでボレットはホロヴィッツやワイルドと同じカテゴリーで語られていたそうですが、ボレットの晩年の演奏と異なり、テンポ速めで筋肉質な演奏に驚かされます。テンポが速いと言っても、そこはさすがにボレットで、ジタバタするような印象が全くなく質実剛健な音楽です。ボレットの評価の本当の意味での高まりは晩年におけるデッカへの録音によるものですが、このようなディスクを残しても、カーネギーホールのライブでセンセーションを起こすまで、彼があまり注目をされなかったのは不思議です。確かに晩年のボレットによる濃厚で香りたつようななロマンティシズムはありませんが、王者のような風格のあるこれらの音楽も全く別の魅力に溢れています。

ちなみにこの音源はジャケットが変わり何回か再発されていますが、それらどれも入手困難です。そろそろ再発されてもいい時期ではないでしょうか。

フランツ・リスト→モーリッツ・ローゼンタール→ホルヘ・ボレット
フランツ・リスト→アレクサンドル・ジロティ→ホルヘ・ボレット 

関連記事: Jorge Bolet: Liszt Piano Works 
関連記事: 未発表リスト名演集 | ボレット 


記事一覧(サイトマップ)



ミッチ at 18:02│Comments(0)TrackBack(0)リストのCD紹介 



トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字