バルトークは語る -リストの先進性-世界の偉大なるピアノ音楽 第48巻

April 03, 2012

SAMSON FRANÇOIS L'ÉDITION INTÉGRALE

サンソン・フランソワ 

L'ÉDITION INTÉGRALE 

francois emi

前奏曲とフーガ BWV543 S.462/1 (バッハ=リスト)<1954>
ピアノ協奏曲 第1番 S.124 <1960>*
ピアノ協奏曲 第2番 S.125 <1960>*
ピアノ協奏曲 第1番 S.124 <1954>"
ハンガリー狂詩曲 第1番-第15番 S.244/1-15 <1953-1954>
即興ワルツ S.213 <1956L>
ナイチンゲール S.250/1 (アリャビエフ=リスト)<1956L>
ペトラルカのソネット 第123番 S.161/6 <1956L>
荒々しき狩 (超絶技巧練習曲 第8番) S.139/8 <1956L>
英雄 (超絶技巧練習曲 第7番) S.139/7 <1956L>
《ドン・ジョヴァンニ》の回想 S.418 (モーツァルト=リスト)<1961L>
ピアノ協奏曲 第1番 S.124 <1956L>#
ナイチンゲール S.250/1 (アリャビエフ=リスト)<1964L>

*コンスタンティン・シルヴェストリ指揮/フィルハーモニア管弦楽団 
"ジョルジュ・ツィピーヌ指揮/パリ音楽院管弦楽団 
#上田仁指揮/東京交響楽団 

EMI 50999 646106 2 7 

〔メモ〕
天の邪鬼で天才肌アル中ピアニスト、サンソン・フランソワのEMIへの録音全集CD36枚組になります。上記の収録曲はリスト作品のみの抜粋です。ベオグラードでシリル・リカールに師事、その後パリでコルトー、ロン、ルフェビュール、フェヴリエに師事したフランソワです。ヴァイオリニスト、ジャック・ティボーとフランソワの師マルグリット・ロンが創設したロン=ティボーコンクールの第1回で優勝しています。このロン=ティボーコンクールはフランソワを世に送り出すために開かれたコンクールだという噂もあります。
彼の演奏は「遊び心」と「ひらめき」に満ちています。リスト作品で言えばピアノ協奏曲(特に第1番)が素晴らしいひらめきに満ちた演奏です。そしてその他にはバッハ作曲リスト編曲の前奏曲とフーガも素晴らしいと感じました。

リスト作品以外で素晴らしいと感じたのは、ショパンもそうですが、プロコフィエフがなんと言っても素晴らしい。これぞ退廃的なデカダンピアニズムの極致!

ちなみにこの全集にはフランソワの自作「黒魔術」や「ピアノ協奏曲」なども含まれています。

フランツ・リスト→カール・クリントヴォルト→エドゥアール・リスレール→ジャック・フェヴリエ→サンソン・フランソワ 


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 20:44│Comments(0)TrackBack(0) リストのCD紹介 



トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
バルトークは語る -リストの先進性-世界の偉大なるピアノ音楽 第48巻