June 13, 2012

LISZT: Klaviersonate u.a. / Maurizio Pollini

マウリツィオ・ポリーニ 

LISZT: Klaviersonate u.a. 

pollini liszt

1. ピアノソナタ S.178
2. 灰色の雲 S.199
3. 凶星! S.208 
4. 悲しみのゴンドラ I S.200i
5. R.W. - ヴェネツィア S.201

Deutsche Grammophon POCG-20060
Recorded: 1989  

〔メモ〕 
イタリアの名教師カルロ・ヴィドゥッソとイタリアの名匠アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリに師事した、現代を代表するピアニストのひとりであるポリーニのリスト集です。
まずピアノソナタの演奏は、感情のほとばしりやひらめきというものは無く、自分を律した厳めしい演奏です。この多重構造のソナタの構造美を重視した解釈であり、完成したモノはそびえ立つ巨大建造物のような壮観さ、重厚ささえあります。
そしてさらに注目は無調宣言以降の作品である後期作品群でしょう。例えばルイス・ケントナーは戦前からリストの後期の作品を取り上げ、その次の世代であるブレンデルも若い時から後期作品を取り上げていました(ちなみにソフロニツキー、リヒテルも1950年代から「灰色の雲」を演奏していた)。これら後期作品の普及に彼らが果たした役割は大きいです。そしてポリーニのこの演奏、録音がこれら後期作品が市民権を得ることになった決定打だと思います。ポリーニがレクチャーコンサートでこれら無調的作品を20世紀音楽の先駆的作品と定義付けたこともこれらの作品の受容に大きな影響を及ぼしたでしょう。そのレクチャーコンサートではリスト後期作品、シェーンベルク、シュトックハウゼンなどが演奏されたそうです。演奏は上記ソナタと同じように、甘みのない厳しい表情の演奏です。

余談ですが、僕は幸運にもポリーニのリサイタルで超絶技巧練習曲の第10番を聴くことができました。凄まじい演奏で全身が痺れたような衝撃を受けました。できればこの曲も録音して欲しいです。 

フランツ・リスト→カール・タウジヒ→ベニアミーノ・チェージ→ジュゼッペ・マルトゥッチ→ジョヴァンニ・アンフォッシ→アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ→マウリツィオ・ポリーニ 


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 23:30│Comments(2)TrackBack(0)リストのCD紹介 



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by klavier   June 15, 2012 14:53
ポリーニのリスト、彼らしくクールなアプローチなのですね。そう言えば私はまだ、ポリーニのリストを聴いた事が無いような。。。
それから、ポリーニが行ったそのレクチャーコンサート、とても興味深いですね!リスト後期の無調的作品を、20世紀の作曲家の作品と共に取り上げてくれたのは、正にリストの未来への思いを伝えるものだっただろうと思いますし、ポリーニのようなピアニストが行ってくれた意義も大きいのでしょうね。

ミッチさんが、ポリーニのリサイタルで聴かれた超絶技巧練習曲、そのような実演に出会えることも、大きな宝物だと思いますし、その素晴らしい演奏を後世に残すためにも、録音もして欲しいですね。私も聴いてみたいです。
2. Posted by ミッチ   June 15, 2012 22:26
Youtubeでpollini lisztというキーワードで検索するといくつか動画が出てきます。よければお試しください。超絶10番も出てきますが、Youtubeにあるのは若干乱暴な演奏で、僕が生で聴いた時はもっと集中力の高まりがすごい演奏だった覚えがあります。

ポリーニのようなピアニストがこのようなことを行ったのは本当に意義深いですね。ポリーニがリストの無調的作品を取り上げ始めたのはおそらく1970年代からですが、当時彼は何をしても注目される存在だったと思うので、これらの曲の認知度も飛躍的に上がったと思います。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字