August 19, 2012

ブゾーニは語る -リストという木-

19世紀後半の偉大なる作曲家、編曲家、ピアニストであるフェルッチオ・ブゾーニのリストに対するコメントです。

"まさにバッハはピアノ技法におけるアルファであり、リストはオメガなのである!" 

"私はリストの弱点を知っているが、彼の美点を見誤っているわけではない。根本的に我々は皆、リストから派生していると考えてよい。その点においてワーグナーも例外ではない。我々の作品の源泉をリストに見出すことができるのだ。セザール・フランク、リヒャルト・シュトラウス、ドビュッシーそしてロシア楽派などは皆すべてリストという木になった枝なのである。" 

Feruccio Busoni著
「Wesen und Einheit der Musik」 
第8章 über Franz Liszt : P184-189 より抜粋 

まず最初のアルファとオメガ発言ですが、僕は依然アルファを原点、オメガを頂点と訳しました。しかし(なんとなく言いたいことはわかりますが)ブゾーニが何を意図しているのかハッキリとはわからないので、そのままカタカナで書きました。アルファを原点、オメガを到達点と訳してもいいかもしれません。
ブゾーニはリスト賛美者だったということを考えると、この意見は若干大袈裟な表現に思われます。しかしフランク、シュトラウス、ドビュッシー、ロシア楽派への影響は明らかで、概ね間違いではないでしょう。フランツ・リストが「未来へ向けて放った槍」はちゃんと次の世代に届いていたのですね。

関連記事: シェーンベルク 「フランツ・リスト その活動と本質」 
関連記事: バルトークは語る -リストの先進性- 
関連記事: ラヴェルは語る -リスト作品の欠陥- 


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 20:26│Comments(2)TrackBack(0)リストのこと 



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by klavier   August 20, 2012 16:09
聖書の中で、「キリストはぶどうの木で、私たちはその枝である」、というたとえがありますが、ブゾーニは、リストを木にたとえ、その後の音楽家を枝だと言っていたとは、素敵な例えをする人なのですね。

そして、バッハをアルファ(原点)、リストをオメガ(頂点、到達点)だと言ったというのも、彼がいかにリストを尊敬していたかが伝わってきます。
リストが未来(現代)に向かって放たれた槍が、こうして次世代へ届いているというのは、とても嬉しい事ですね。そしてそれらが次々に実を結んでいると言えると思います。
ブゾーニはリストの素晴らしさを本当によく理解していた人だったのですね。
2. Posted by ミッチ   August 21, 2012 00:14
おお、聖書にそのようなくだりがあるのですか!それは知りませんでした。情報ありがとうございます。

僕はあまりキリスト教にくわしくないのですが、欧米人の生活や考え方はキリスト教と深く結びついていると聞いたことがあります。ブゾーニも聖書を意識して例えたのかもしれないですね。

ブゾーニはリストの弁護者であり、最高のリスト弾きであり、リスト作品を多く編曲し、また楽譜「旧リスト全集」の編纂者のひとりでもあります。リストはブゾーニに感謝しないといけませんね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字