レスリー・ハワード: リスト ピアノ作品全集 Disc.77Earl Wild plays Liszt in Concert

September 17, 2012

Great Pianists of The 20th Century Vol.100

20世紀の偉大なるピアニストたち 100 

クリスティアン・ツィマーマン 

great zimerman

Disc.1 
1. スケルツォ Op.4 (ブラームス)<81>
2.-5. ピアノ協奏曲 第2番 Op.83 (ブラームス)<84>* 

Disc.2 
1. バラード 第4番 Op.52 (ショパン)<87>
2. 幻想曲 Op.49 (ショパン)<87> 
3. 葬送曲 S.173/7 (リスト)<90> 
4. 死の舞踏 S.126ii (リスト)<87>"
  前奏曲集 第1巻 (ドビュッシー)<91>
5. 第1番 デルフィの舞姫たち
6. 第5番 アナカプリの丘
7. 第10番 沈める寺
8. 第11番 パックの踊り
9. 第12番 ミンストレル
  前奏曲集 第2巻 (ドビュッシー)<91>
10. 第9番 ピックウィック卿を讃えて
11. 第5番 花火 

*レナード・バーンスタイン指揮/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
"小澤征爾指揮/ボストン交響楽団

音源: DG 
Philips 456 997-2 

〔メモ〕
幼少期は父に、その後アンジェイ・ヤシンスキに師事したツィマーマンです。またショパンコンクール優勝後はルービンシュタインにパリへ招かれ、その地で指導を受けます。彼はショパンコンクール優勝後、(偏った意味での)ショパンのスペシャリストにならないよう注意してきたそうなのですが、彼のショパンは素晴らしいので、個人的にはもっとたくさん取り上げてもらいたいです。
彼の演奏は「上質」です。彼の特徴のひとつは上質で美しい音色だと思いますが、レコーディングの際には音色だけでなく、録音環境の音響にまでこだわっています。音が美しいだけでなく、音楽そのものも上質であり、密度が濃く内容が充実した演奏をします。技巧も非常に上質で高度ですが、彼の技巧が話題に挙がることはあまりありません。それはおそらく彼の音楽が総合的に素晴らしく、「技巧が高度であること」を殊更取り立てる必要がないからではないでしょうか。現代の最も偉大なピアニストのひとりです。

ちなみに完璧主義者の彼は自身の若い頃の録音に満足せず、それら初期の録音の再発売を差し止めています。ご本人のお気持ちもわかりますが、ブラームスのピアノソロ録音群(ソナタなど)やショパンのワルツ集を再発してもらいたいです。

フランツ・リスト→ハンス・フォン・ビューロー→カール・H・バルト→アルトゥール・ルービンシュタイン→クリスティアン・ツィマーマン 


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 18:27│Comments(4)TrackBack(0) 20世紀の偉大なるピアニストたち 



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by yoshimi   September 20, 2012 08:43
こんにちは。
ツィメルマンは学生時代から長い間、一番好きなピアニストでした。(今はほとんど聴かなくなりましたが)
彼はミケランジェリ以上にピアノには拘っていますね。コンサートに使うピアノをヨーロッパ(たぶん米国も)と日本の倉庫に数台保管している人なんて、他にはいないでしょう。
完璧主義者なので、レコーディングしてもOKを出さなかった録音が山のようにあるそうですから、初期録音の再販を差し止めるくらいはするでしょうね。ライブ録音のCDなど絶対許可しないのではないかと思います。

彼の演奏で聴きたいとすれば、シマノフスキです。今のところ「神話」の古い録音くらいしかありません。
リサイタルではよく弾いているので、いつかCDがリリースされることを期待しています。
2. Posted by klavier   September 20, 2012 16:33
リストから連なるツィマーマンまでのピアニストの系譜も、素晴らしいですね!
リサイタルでもCDでも、彼の演奏の完成度の高さには、本当に感嘆してしまいます。正に「上質」な演奏ですね。

ピアノ協奏曲はかなり色々と録音もあるのに、ピアノ・ソロはリリースされているCDが少ないのが、私も残念に思います。彼は物凄く高い次元で、こだわっていらっしゃるのでしょうね。ですが世のピアノ・ファンのためにも、もっとピアノソロのアルバムをリリースしてその上質な演奏を残して頂きたいですね。
3. Posted by ミッチ   September 21, 2012 06:05
yoshimi様
ツィメルマンは本当に色々なことにこだわっていますよね。彼はいつも持っているノートパソコンに自分が演奏する曲の楽譜や分析と、これからレパートリーに入れるかもしれない曲の楽譜と楽曲分析を入れているそうです。どんな曲が含まれているか見てみたいですね。

発売を許可しなかった録音がどのような曲なのかもすごく興味があります。

ツィメルマンのシマノフスキ!想像しただけでワクワクします。

あと個人的にはラヴェルが相性よさそうな気がしますが、協奏曲以外録音が無いですね。もちろんリストもお願いしたいです。
4. Posted by ミッチ   September 21, 2012 06:19
klavier様
僕は彼の演奏を生で聴いたのは一度しかないのですが、その時の作品はブラームスやショパンでした。その時も本当に完成度の高い演奏でした。それらの作品もまだ録音としては発売されてません。

ご本人のこだわりたいという気持ちも理解できますが、せめて演奏会でよく弾くものに関しては録音をして発売して欲しいですね。

逆に言えば「気安く録音しない」「録音しても気安く発売しない」というこだわりを持った職人のような姿勢が彼の現在の評価を高めているのかもしれませんね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
レスリー・ハワード: リスト ピアノ作品全集 Disc.77Earl Wild plays Liszt in Concert