September 21, 2012

Earl Wild plays Liszt in Concert

アール・ワイルド 

Earl Wild plays Liszt in Concert 

wild in concert

1. ラ・レジェレッツァ S.144/2 〔コーダ:ワイルド〕
2. ため息 S.144/3
3. 葬送曲 S.173/7
4. 風景 (超絶技巧練習曲 第3番) S.139/3
5. 回想 (超絶技巧練習曲 第9番) S.139/9
6. ハンガリー狂詩曲 第4番 S.244/4
7. ペトラルカのソネット 第47番 S.161/4
8. ペトラルカのソネット 第123番 S.161/6
9. 忘れられたワルツ 第1番 S.215/1
10. メフィストポルカ S.217i
11. パガニーニによる大練習曲 第2番 S.141/2
12. 狩り (パガニーニによる大練習曲 第5番) S.141/5
13. ラ・カンパネラ (パガニーニによる大練習曲 第3番) S.141/3 

IVORY CLASSICS 73002
Recorded: 1973/1979/1983

〔メモ〕
ペトリの弟子としてはブゾーニ直系、セルマー・ジャンセンの弟子としてはリスト直系のロマン派的ピアニスト、アール・ワイルドのライブ録音によるリスト作品集です。彼はリストへ多大な理解を示し、生涯を通じてリスト作品を多く取り上げてくれました。その貢献に対し、1986年にはハンガリー政府がワイルドへリストメダルを授与しています。
ロンドンライブ、シカゴライブ、東京ライブを収録した当盤ですが、興に乗ったワイルドの聴かせる演奏が満載です。改編をいくつかしているのもそうですが、曲を完全に自分のものとし、ワイルドのグル―ヴ感を感じることができます。ワイルドの十八番であるハンガリー狂詩曲第4番も収録されていますが、この曲はワイルドの独擅場です。

ちなみにレジェレッツァではコーダを付けて演奏しています。この曲はよくコーダを付けれらることが多いのですが、なぜなんでしょうか?コーダを付けて録音している過去の巨匠たちはコルトー、パデレフスキ、モイセヴィチ、バレールなどがいます(モイセヴィチとバレールはレシェティツキによるコーダを演奏)。

このCD自体の入手は現在ではあまり容易ではないかもしれませんが、同じ音源をPiano Classicsというレーベルが2011年に再発したので、そちらだったら現在でも入手できると思います。

フランツ・リスト→オイゲン・ダルベール→セルマー・ジャンセン→アール・ワイルド 

関連記事: The Virtuosity of Earl Wild   


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 03:07│Comments(0)TrackBack(0)リストのCD紹介 



トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字