October 10, 2012

Pascal Rogé . Jean-Rodolphe Kars

パスカル・ロジェ
ジャン=ロドルフ・カールス 

roge & kars

Disc.1
1.-4 ピアノソナタ S.178*
5. マゼッパ S.139/4*
6. オーベルマンの谷 S.160/6*
7. 愛の夢 第3番 S.541/3*
8. 波を渡るパオラの聖フランチェスコ S175/2"
9. 荒々しき狩 S.139/8" 

Disc.2
1.-7. 巡礼の年 第2年 イタリア S.161 (全曲)*
8. ピアノ小品 第2番 S.192/2"
9. 灰色の雲 S.199"
10. 悲しみのゴンドラⅠ S.200/1"

*パスカル・ロジェ
"ジャン・ロドルフ・カールス 

DECCA ELOQUENCE 480 3150 
Recorded: 1968/1969/1980

〔メモ〕
ジュリアス・カッチェンの二人の弟子を取り上げたアルバムです。

● パスカル・ロジェ
ジュリアス・カッチェンとリュセット・デカーヴに師事したロジェのリスト集です。演奏は開放的でさわやか。婚礼やペトラルカではどこまでも青空が広がっていくような世界観です。屈託のないチャーミングさもあります。若き日の録音であるロ短調ソナタでも舞い上がるような軽さがあります。

● ジャン=ロドルフ・カールス 
ジュリアス・カッチェンとジャン・ファシナに師事したカールスです。非宗教的ユダヤ人だった彼はカトリックへ改宗します。そして1981年に聖職者になるためにピアニストとしてのキャリアにピリオドを打ちました。このような異色の経歴の持ち主です。ここではリストの思索的な曲を選んでいますが、ピアノ小品や灰色の雲では淡々と祈りを捧げているかのような演奏です。

フランツ・リスト→テオドール・リテール→イシドール・フィリップ→カッチェン母→ジュリアス・カッチェン→パスカル・ロジェ 
フランツ・リスト→テオドール・リテール→イシドール・フィリップ→カッチェン母→ジュリアス・カッチェン→ジャン・ロドルフ・カールス 


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 17:52│Comments(2)TrackBack(0)リストのCD紹介 



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by yoshimi   October 12, 2012 12:24
こんにちは。
このCDは試聴したことがありますが、ロジェのリストは音が煌びやかで毒気がなく、ロマンティックで華麗な感じがしました。
ジャン=ロドルフ・カールスはロジェとは違いますね。柔らかく落ち着いた音色の弱音が綺麗で、ほんとに《伝説》は祈りのようです。

カールスは、ドビュッシーの前奏曲集(とメシアンも数曲)を録音してますが、これは一風変わったドビュッシーで、リストのように、思索的・瞑想的な雰囲気が漂ってます。
パリ音楽院に11歳頃に入学した人なので、神童タイプだったのかもしれませんね。
カッチェンのお弟子さんだったそうですが、カールス自身は、20代後半に師事したファシナの教えが最も重要だったと言っていたそうです。
聖職者になってから、メシアンに関する評論なども書いてますから、教会ではメシアンを弾いていたのでしょう。音楽の世界から完全に離れることはなかったようです。
2. Posted by ミッチ   October 12, 2012 19:03
こんにちは。

カールスの詳しいご説明ありがとうございます!実はこのCDが出るまでカールスという演奏家は知りませんでした。しかし僕はこの演奏を聴く前から彼に非常に興味がありました。「宗教に身を捧げるために、コンサートピアニストとしての第一線を退いた」というのは「作曲活動に専念するためにコンサートピアニストを退き」「晩年には僧籍に入る」というフランツ・リストと何か被るものがあるような気がしました。カールスがリストの思索的な「灰色の雲」や「ピアノ小品」を選曲したというのは何か暗示的なものを感じます。(1960年代は一部のピアニストがこれらリストの思索的な作品を演奏していましたが、曲自体はあまり知られていませんでした)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字