世界の偉大なるピアノ音楽 第90巻世界の偉大なるピアノ音楽 -後記-

February 07, 2013

Liszt - Harmonies poétiques et religieuses - Andrea Bonatta

アンドレア・ボナッタ 

Liszt - Harmonies poétiques et religieuses 

bonatta harmonies

Disc.1
  詩的で宗教的な調べ S.173
1. 第1番 祈り
2. 第2番 アヴェ・マリア
3. 第3番 孤独の中の神の祝福
4. 第4番 死者の追憶
5. 第5番 主の祈り

Disc.2
  詩的で宗教的な調べ S.173 
1. 第6番 眠りから覚めた御子への讃歌
2. 第7番 葬送曲
3. 第8番 パレストリーナによるミゼレーレ
4. 第9番 アンダンテ・ラクリモーソ
5. 第10番 愛の讃歌 
6.-10. コンソレーション S.172 (全曲) 

ASTRÉE E8711/E8712
Recorded: 1985 

〔メモ〕
フランツ・リスト本人も演奏したというシュタイングレーバーによる1873年製フォルテピアノで、詩的で宗教的な調べを全曲録音したボナッタです。彼はバドゥラ=スコダ、マガロフ、アスケナーゼ、ヴィルヘルム・ケンプなどに師事しました。彼の出身地はイタリアのボルツァーノで、その地で開催されているブゾーニ・コンクールの役員や審査員などを務めたこともあります。現在は教育に力を入れているようです。
演奏は無駄な力みがなく純朴な演奏です。シュタイングレーバーのフォルテピアノも現代のグランドピアノと比べると線の細い素朴な音色です。そして(専門的なことはよくわかりませんが)残響として増幅される音の周波数が現代ピアノと違い特殊な音響効果を出しているように聴こえます。 

「リストは大勢に聴かせるようにピアノを演奏する」というショパンの有名な言葉がありますが、この曲集をこの演奏で聴くとリストの独白に思えて仕方がありません。

フランツ・リスト→マルティン・クラウゼ→エトヴィン・フィッシャー→パウル・バドゥラ=スコダ→アンドレア・ボナッタ
フランツ・リスト→アレクサンドル・ジロティ→ニキタ・マガロフ→アンドレア・ボナッタ
フランツ・リスト→エミール・フォン・ザウアー→ステファン・アスケナーゼ→アンドレア・ボナッタ
フランツ・リスト→ハンス・フォン・ビューロー→カール・H・バルト→ヴィルヘルム・ケンプ→アンドレア・ボナッタ 


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 03:57│Comments(2)TrackBack(0) リストのCD紹介 



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by klavier   February 10, 2013 16:19
こんにちは。
ボナッタというピアニストはよく知りませんでしたが、素晴らしい師匠の方々に師事していたのですね。
「詩的で宗教的な調べ」や「コンソレーション」を現代ピアノでなく、フォルテピアノで録音したというのは、これらの曲の性格に合わせた選択だったのかなと想像します。貴重な録音なのかもしれませんね。私も好きな曲集ですし、聴いてみたいです。

ところで、ミッチさん、ゴールド免許になったのですか!私は前回の更新はゴールドだったのですが、何年か前にちょっと微妙な信号無視で捕まってしまい、次の更新でブルー免許に戻ってしまいました。。私も次回はゴールドを目指します(笑)。
2. Posted by ミッチ   February 11, 2013 12:29
こんにちは!

ボナッタもリストへ多大な理解を示してくれている音楽家です。Youtubeで「bonatta liszt」などと検索すると彼の動画/録音がいくつかでてきます。なんとシュタイングレーバーのピアノによる演奏もいくつかあります!

免許は前の時はシートベルト忘れで一度つかまりゴールドではありませんでした。僕は普段ベルトしていて、たまたま一度し忘れたときだったので悔しかったです(笑)。信号無視ですか。僕の姉も信号無視で捕まったことありますが、その時は「今のは逆に止まっていたら追突の危険があったでしょ」という感じだったので、あまり厳しい信号無視取締りもどうかと思いました。なにはともあれ次回はゴールド取れるといいですね! 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
世界の偉大なるピアノ音楽 第90巻世界の偉大なるピアノ音楽 -後記-