レスリー・ハワード: リスト ピアノ作品全集 Disc.95レスリー・ハワード: リスト ピアノ作品全集 Disc.96

September 05, 2013

JOHN OGDON: Legendary British Virtuoso

ジョン・オグドン 

JOHN OGDON: Legendary British Virtuoso 

ogdon emi box

● ハンガリー幻想曲 S.123<1962>*
● スペイン狂詩曲 〔ブゾーニ編・協奏稿〕<1962>*
● ため息 S.144/3<1967>
● 愛の夢 第1番 S.541/1<1967>
● 愛の夢 第3番 S.541/3<1967> 
● ピアノソナタ S.178<1964>  
● 2つの演奏会用練習曲 S.145<1967> 
● 葬送前奏曲と葬送行進曲 S.206<1965> 
● 夢の中で - 夜想曲 S.207<1965> 
● 《ドン・ジョヴァンニ》の回想 S.418 (モーツァルト=リスト)<1965> 
● 《シモン・ボッカネグラ》の回想 S.438 (ヴェルディ=リスト)<1965> 
● ダンテを読んで - ソナタ風幻想曲 S.161/7<1961> 
● メフィストワルツ 第1番 "村の居酒屋での踊り" S.514<1961>  
● メフィストワルツ 第3番 S.216<1965> 
● 死のチャールダーシュ S.224<1965>   
● ポロネーズ 第2番 S.223<1967> 
● ハンガリー狂詩曲 第15番 (ラーコーツィ行進曲) S.244/15<1967>   
● パガニーニによる大練習曲 第2番 S.141/2<1967>   
● ラ・カンパネラ 〔ブゾーニ編〕<1961>   
● 葬送曲 S.173/7<1967>  
● 忘れられたワルツ 第1番 S.215/1<1967> 

*ジョン・プリッチャード指揮/フィルハーモニア管弦楽団 

EMI 50999 7 04637 2 9

〔メモ〕
本名ジョン・アンドリュー・ハワード・オグドンのEMI録音を集めた17枚組のCDボックスです。上記収録曲はリスト作品のみの抜粋となります。オグドンがチャイコフスキーコンクールでアシュケナージと1位を分け合ったのが1962年なので、ここでの録音集はその前後の録音ということになります。
イソ・エリンソン(ブルーメンフェルトの弟子)、ゴードン・グリーン(ペトリの弟子)、デニス・マシューズ(マセイ直系)、エゴン・ペトリ(ブゾーニの弟子)、イロナ・カボシュ(リスト直系)などの錚々たるピアニストたちに師事しています。オグドンは師のひとりであるペトリに「私がこれまで教えた生徒の中で最も非凡な生徒」と称賛されました。後年彼は統合失調症を患い壮絶な人生を送りました。
オグドンの演奏は不安定というか極端な面があります。極端にテンポを早くして演奏したり、その時々で解釈が極端に緻密だったり、逆に極端に大雑把なときもあります。ヘンテコな解釈で演奏することもあります。しかしここでのEMI録音は概ね真っ当な解釈でヘンテコな部分はありません。全体的に気力の充実した、スケールの大きな演奏です。珍しい曲もいくつかあり、この時期にオグドンがこれだけの録音を残してくれたことに感謝したいと思います。

過去のブログ記事で「ため息、ポロネーズ2番などはCD化されていません。CD化してほしい」と書いたのですが、このボックスセットでため息、ポロネーズ第2番、メフィストワルツ第3番は初CD化となりました。めでたい!

フランツ・リスト→アールパード・センディ→イロナ・カボシュ→ジョン・オグドン 

関連記事: ogdon 
関連記事: John Ogdon plays A Liszt Recital  


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 05:48│Comments(7)TrackBack(0) リストのCD紹介 



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by klavier   September 08, 2013 18:07
こんにちは♪記事の内容とは違うコメントで恐縮ですが。。
twitterに書かれてある、マリア・ユージアの「”泣き、嘆き、憂い、おののき”バッハの動機による変奏曲」持っている楽譜を見ながら聴きました。
私が愛聴している、ゲルハルト・オピッツの演奏と味わいが違う感じですが、リヒテルの感想になるほど!と思わされました。すべての音をいつくしむように弾く彼女の演奏に惹きこまれると同時に、やっぱりこの曲、いい曲だなぁとしみじみと感じました。
最後のコラールのところなど、ジーンときます。ご紹介ありがとうございます。

ところで、「Franz Lisztをフランス語で発音するとどうなりますか?」とフランス人の先生2人に聞いてみましたが、Franzはフランツで良いみたいですが、Lisztの方が、「リスツ、リツツ?かなぁ」とか2人とも曖昧な答えしか返ってこなくて。。
例えばフランス語でBachは(hを発音しないので)バックと発音したりするので、じゃあフランスに行って、現地の人にリストの事を話す時にどう発音するか迷っています^^;
ミッチさん、ご存じないでしょうか?すみません、ちなみにドイツ語だとどうなのでしょうか?そもそもカタカナでは表しにくいものだとは思いますが。変な質問で申し訳ありません!


2. Posted by ミッチ   September 09, 2013 03:39
こんばんは!コメントありがとうございます。

ユージナの演奏はいつくしむように演奏するようなところもあれば、荘厳で武骨なところもありますね。どこか頑固さのようなものも感じる演奏です。

名前の発音についてですが、最初に僕はフランス語についてほとんど無知だあることを告白しておきます(笑)
曖昧な記憶ですが、フランス語でLisztはリッツと発音されると読んだような気がします。ドイツ語ではリストです。

ただですねこれはアルファベットを共通として持つヨーロッパ言語の固有名詞や発音の問題なので、ちょっとややこしいです。

例えばGeorg(ゲオルク)という名のドイツ人がいたとして、この人がアメリカに移住するとします。そしてこの人が自分の名前に厳格なプライド(とか)を持っていれば、ゲオルクと発音させ、スペリングもGeorgのままでしょう。
しかしそうではなく、ジョージと英語風発音で自ら名乗りGeorgeとスペリングを変更する人もいます(フランス語だとジョルジュですね)。

身近な例としてスタインウェイというピアノがあります。これはドイツ人のシュタインヴェークという人が始めた会社で、当時は会社の名前もそのままシュタインヴェークだったのですが、アメリカへ拠点を移すと同時に英語風の呼び名「スタインウェイ」に変えました。

まずFranzという名前はドイツ語の名前です。発音はフランツでいいと思います。厳密にいえば「ラ」は日本語のラではなく喉を鳴らす感じです(ガラガラうがいみたいな)。
それでフランスでこの名前に対応しているのはFrancois(フランソワ)です。リスト本人はフランソワと呼ばれようが、Ferenc(フェレンツ:ハンガリー)と呼ばれようが気にしなかったようですよ。彼が生粋のコスモポリットだったからでしょう。

続く
3. Posted by ミッチ   September 09, 2013 03:57
ここからは僕の推測なんですが、フランス人がリッツという発音に親しんでいたとしても、フランツ・リストと呼んでもおそらく問題なく会話は進むと思います。ヨーロッパ人はあまり発音にこだわらない印象があります。話の流れや文脈でわかるのではないでしょうか。

もっと言ってしまえば、わからなかったとしても「ほら、19世紀のショパンと同時代の作曲家がいるでしょ」「じゃあなんて発音してるの?」みたいな感じで会話が膨らむような気もします(笑)

なんだかフォーカスの定まらない文章になってしまいました(汗)
4. Posted by klavier   September 10, 2013 00:40
こんばんは。
分かりやすい説明と共に、お答えを感謝します!
そうなのですね。例えばドイツ人のミハエルが、英語風だと「マイケル」になるのと同じようなことなのでしょうか。固有名詞なのに、国によってそんな風に変わるのですね~。
それでフランスではフランツが、「フランソワ」。リストは「リッツ」。覚えておきますね。さすがミッチさん、お蔭で助かります!
ドイツ語だとそのまま、フランツ・リストなのですか。

今度パリ行く時に、リストが通っていたらしい教会のミサへ出席したいと思っていますので、その時に教会の方に少しでもお話が出来れば、自己紹介をするのに、リストが好きだだからここへ来た、という事くらい伝えられたら良いなと思いまして。。そしてその教会の前が、「フランツ・リスト広場」になってるらしいのです。
ですがミッチさんが言われるように、そんな場所ではきっと、フランツ・リストと言っても通じそうですね!言語に詳しいミッチさんが教えて下さり、助かりました。本当にありがとうございます!!
5. Posted by ミッチ   September 10, 2013 17:48
少しでも参考になれば嬉しいです!

上の僕の文章は曖昧で、誤解を招く部分もあったかもしれません。誤解を避けるために少し補足をさせていただきます。

「フランツのフランス対応の名前はフランソワ」というのは間違いありません。ただ、だからといってフランス人の方々がフランソワ・リストと呼んでいるかどうかはわかりません。基本的に世界的に普及している名はドイツ風のFranz Lisztです。例えばアメリカ人が「フランシス・リスト」と呼んだり、イタリア人が「フランチェスコ・リスト」と呼んだりというのは聞いたことがありません。なのでフランスでもそのまま「フランツ」で呼ばれている可能性もあります。

一方でいくつかのフランス語書籍でリストのことを「Francois Liszt」と言及している場合もありました(cの下はセディーユ付)。

というわけでどちらの可能性もあります。

フランス旅行いいですね!良いご旅行を!
6. Posted by yoshimi   September 14, 2013 11:53
こんにちは。
オグドンの演奏は何曲か聴いたことがあります。
内面へ奥深く沈んでいくような求心力や強い感情が横溢するような激しさがあり、テンポや表現の振幅は激しく、確かに不安定さを感じさせますね。
今、ブラームスのピアノ協奏曲第1番のライブ録音をYoutubeで聴いているところですが、かなり情緒不安定気味(?)の激情的な演奏なので、内面的にも激しいものを抱えていたのではないかと想像してしまいます。

結局、オグドンのCDを買うことはなかったのですが、このBOXセットは英国の現代曲やオグドンの自作自演曲も入っていて、選曲は面白いですね。
そういえば、シェリー、ハフなどのイギリス人ピアニストは、日本人ピアニストとは違って、(日本とは違って)自国の現代作曲家の作品を録音することが多いように思います。
7. Posted by ミッチ   September 15, 2013 10:05
yoshimi様、コメントありがとうございます!

「演奏には人間性が表れる」と言うプロの演奏家もいますが、オグドンの演奏を聴いているとその言葉も正しいのかもしれないと思います。彼が精神の病を発症するのは1972/1973年あたりだそうです。なのでここでの60年代の録音ではまだ精神が正常だったころの録音ですが、どこか病的なこだわりや偏執的な部分が見え隠れしているような気がします。

記事に書いたように、後年の録音に比べると割りと真っ当な演奏なのですが、それでも時折「どす黒さ」や「凄み」を感じます。死のチャールダーシュなんかは特に彼に合っていると思います(ブレンデルの演奏も素晴らしいですが)

言われてみれば、確かにイギリスのピアニストたちはイギリスの作曲家の作品を演奏することが多いですね。オグドンの場合は自身もマンチェスター楽派に所属する現代音楽作曲家という顔があったので、他の作曲家の作品にも興味を持ったのではないでしょうか。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
レスリー・ハワード: リスト ピアノ作品全集 Disc.95レスリー・ハワード: リスト ピアノ作品全集 Disc.96