レスリー・ハワード: リスト ピアノ作品全集 -インデックス-リストのややこしい事4 -ラーコーツィ行進曲編-

March 14, 2016

KENTNER: The pioneering Liszt recordings Vol.2

ルイス・ケントナー

LOUIS KENTNER: The pioneering Liszt recordings Volume 2

kentner2

1. ウィーンの夜会 第6番 〔第2版〕 S.427/6iii (シューベルト=リスト)
2. パガニーニによる大練習曲 第2番 オクターブ S.141/2
3. パガニーニによる大練習曲 第3番 ラ・カンパネラ S.141/3
4. パガニーニによる大練習曲 第5番 狩り S.141/5 
5. ラ・レジェレッツァ S.144/2
6. 小人の踊り S.145/2
7. 愛の夢 第3番 S.541/3
8. 鬼火 S.139/5
9. ゴンドラ漕ぎの女 S.162/1
10. タランテラ S.162/3 
11. R.W. - ヴェネツィア S.201
12. 夢の中で S.207 
13. 死のチャールダーシュ S.224
14. 《預言者》の描写 第2番 スケートをする人々 S.414/2 (マイアベーア=リスト)

apr APR 5614
Recorded: 1937-1951 

〔メモ〕
ルイス・ケントナーによる先駆的リスト録音集の第2弾です。リスト直系ピアニストのアルノルド・セーケイに師事しました。同じくリスト直系のバルトークとも深い親交を結び、バルトーク作品の初演をいくつか行いました。これら録音はケントナーがコロムビアレーベルに残したものですが、当時はリスト作品の評価は低く、これだけのリスト録音をすることはリスクを伴うものでした。実際これら録音は近年になるまで無視され続けてきたそうです。「R.W.」「夢の中で」「死のチャールダーシュ」「預言者の描写」は世界初録音ですが、これらの当時珍しい作品を録音できたのはリスト愛の為せる業でしょう。最終的にケントナーの地道な活動がリスト受容に与えて影響は大きいと思います。
演奏の方は口当たりの良いシャンパンのような爽やかなタッチで音楽が紡がれています。イギリスの作曲家コンスタント・ランバートは「(ケントナーのように)パワーに溢れ、それと同時にデリカシーや音色の微細な変化を持ったピアニストは聴いたことがない。彼を数少ない第一級のピアニストに数え上げることに私は何の躊躇もしない」とケントナーの演奏を讃えています。  

フランツ・リスト→イシュトヴァーン・トマーン→アルノルド・セーケイ→ルイス・ケントナー

関連記事: Louis Kentner: The pioneering Liszt recordings 
関連記事: Vox Legends: Kentner plays Liszt 
関連記事: Liszt: Transcendental Etudes: Kentner 


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 01:42│Comments(0)TrackBack(0) リストのCD紹介 



トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
レスリー・ハワード: リスト ピアノ作品全集 -インデックス-リストのややこしい事4 -ラーコーツィ行進曲編-