March 27, 2016

アンスネスは語る -リスト録音-

ネットラジオでピアニストのアンスネスがリストの録音について語っていました。簡単にまとめてみたいと思います。


● リスト録音との出会い
「記憶が曖昧だけど、たぶんマルタ・アルゲリッチの演奏するピアノ協奏曲やソナタだったと思う。子供の頃に僕は愛の夢やコンソレーションは演奏していたけど、こんな曲を演奏するなんて不可能だと思ったよ。印象的で色彩感に溢れ、3人のピアニストが演奏してるのかと思った」

● リパッティのペトラルカのソネット104番 
「これまでに存在した最も偉大なピアニストの一人。最も大きな影響を受けた。ピアニスティックに完璧で洗練性の極致で比類がない。流れが自然で自発性に富んでいる」

● カペルのハンガリー狂詩曲11番
「燃え盛るような情熱があり、確信に満ちている。このような曲はノンシャランにお行儀よく演奏されることが多いけど、カペルはリスクを恐れずにドラマを創出してる」

● ファウスト交響曲について
「信じられないくらい先進性がある。友人のアントニオ・パッパーノも興奮気味に言っていたが、チャイコフスキーへ大きな影響を与え、そして12音技法のように書かれた部分もある。とても野心的でワーグナーがこの曲を気に入ったのも不思議ではない」(バーンスタインのファウスト交響曲が流れますがこれはアンスネスではなくDJのトム・ハイゼンガが録音を選びました)

● ユジャ・ワンのロ短調ソナタ 
「フレッシュでラプソディック。無限の可能性を感じる」

● アムランのハンガリー狂詩曲2番 
「彼は作曲家的な視点も持ち合わせていてカデンツァを作曲している。そこでは聴いたこともないような豪華絢爛な技巧が繰り広げられる。ヴィルトゥオジティというものは楽しくてエキサイティングなものだね」

● 自身の演奏するノネンヴェルトについて
「この曲は自然的、瞑想的であり情景を感じることができる。巡礼の年のような作品もそうだが、聴衆に映像や匂いを感じさせることができる」 

● ゲザ・アンダの森のざわめき
「アンダはお気に入りのピアニストですが、過小評価されてます。この演奏はサプライズに満ちていて、自発的で推進力がある。こういうサプライズは普通計算されてなされるものだけど、彼の演奏は計算がなく自然」

● バルトークのスルスム・コルダ 
「これは録音も悪く、ミスタッチもありますが興味深いので選びました。この曲は通常静的に演奏されることが多いですが、彼の演奏は内的エクスタシーと幸福感が感じられます」

〔感想〕
アンスネスは現在、世界の第一線で活躍しているピアニストですが、そのようなピアニストでも新旧問わずいろいろな録音を聴いているんですね。やはりリパッティのペトラルカは名演ですね!ものすごい興味深い会話でした。途中でリストのことについても語っていました。「リストはある意味で底の浅いポップスターでいることもありました。ピアニスティックな観点から言えば見事な曲でも、底の浅い曲もいくつかあります。彼は聴衆を目の前にしてどのように成功するかを計算していた部分もあります。そういう意味では現代人のようでもありますね。しかしだからと言って彼に精神性の深い部分が無いということではないのです。例えばブラームスは多くの作品が素晴らしいので偉大な作曲家とみなされます。一方リストは底の浅い作品もいくつかあり、そして偉大な傑作も残しています。底の浅い作品があるからリストはそれほど偉大な作曲家ではないと言う人もいますが、私はそうは思いません」とアンスネスは語っています。僕が思うにこの意見はとても真っ当であり、フェアな見方だと思います。アンスネスがリストを誤解無く捉えてくれているのは嬉しいです。彼は最近あまりリストを演奏していないようですが、これからも期待したいです。

関連記事: liszt piano recital: leif ove andsnes 


記事一覧(サイトマップ)



ミッチ at 21:29│Comments(4)TrackBack(0)リストのこと 



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Yoshimi   March 30, 2016 00:04
ミッチ様、こんばんは。

アンスネスのリスト演奏は聴いたことがないのですが、バルトークのピアノ協奏曲とか録音してましたから、かなりの技巧派なんですね。

アンダの録音は以前に少し集めたのでCDを探してみると、”森のざわめき”はDGのBOXセットに入ってました。
速めのテンポで抑揚が大きく、ダイナミックで生き生きとして、エナジーが溢れるような演奏ですね。
アンダの演奏は、どの曲でも音楽が内面から自然に湧きあがってくるように感じます。
2. Posted by ミッチ   March 30, 2016 17:39
Yoshimi様、こんにちは!

アンスネスは技巧はしっかりしています。ただその技巧を全面に押し出すわけではなく、演奏スタイルとしてはオーソドックスで詩情香ると言ったところでしょうか。

「森のざわめき」は同じ演奏会用練習曲としては「小人の踊り」や「ため息」の陰に隠れがちですが、名演(名録音)には恵まれています。ホフマン、バックハウス、アラウ、ボレット、フィオレンティーノ、アムランなどたくさんあります。そして個人的に特別な録音と感じるものが二つあります。アンダとユリアン・フォン・カーロイの録音です。偶然にも二人はドホナーニ門下の同門で、そしてレーベルもドイツ・グラモフォンでいっしょです。

Yoshimi様がおっしゃっている「エナジー溢れる」「音楽が内面から自然に湧きあがってくる」というのはまさにその通りだと思います。テンポ設定が早い演奏ですが、下品さがまったくなく高貴な演奏だと思います。
3. Posted by klavier   April 05, 2016 19:45
ミッチさん、とても素晴らしい記事をありがとうございます!
一つ一つのテーマの内容を具体的に日本語に訳して紹介して下さり、とても嬉しく思います。私も一通り聞いてみましたが、英語でも、よくは分からない私には、このように訳して下さるのが、非常に有難い事です。本当に興味深い内容ですね。
ピアノ曲以外でも、私は「ファウスト交響曲」がすごく好きなのですが、アンスネスのこのような見解が分かって良かったです。
ミッチさんのご感想にも共感しますし、アンスネスには今後ますます注目したいなと思いました。
4. Posted by ミッチ   April 06, 2016 00:32
klavier様
こんばんは!

全てのことを訳すのはスペースの関係で無理だったので、ものすごくざっくりとした要約になっています。記事を楽しんでいただいて、ありがとうございます。

ファウスト交響曲については最初の主題について「10年前にノルウェーの山をドライブしてる時にこの曲を聴いていたから、山を思い出すようになった」と言っています(笑)

またアンスネスは「最近はリストの曲をあまり演奏していないけど、これをきっかけに次に何を演奏するかを考えてようと思う」と言っています。また彼がリストを演奏してくれることを期待したいと思います。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字