May 21, 2016

Apparitions - Consolations - Csardas, etc J.Swann

ジェフリー・スワン 

Apparitions - Consolations - Csardas, etc J.Swann 

swann

1. 顕現 第1番 S.155/1
2. 顕現 第2番 S.155/2 
3.-8. コンソレーション S.172 (全曲) 
9. 死のチャールダーシュ S.224 
10. チャールダーシュ S.225/1 
11. 執拗なチャールダーシュ S.255/1
12.-18. ハンガリーの歴史的肖像 S.205 (全曲) 
19. ハンガリー狂詩曲 第5番 S.244/5 
20. ハンガリー狂詩曲 第12番 S.244/12 

AGORA AG 090 
Recorded: 1990 

〔メモ〕 
一時期はリスト弾きとして名を上げたこともあるジェフリー・スワンのご紹介です。彼はアレクサンドル・ウニンスキー、ベヴァリッジ・ウェブスター、ジョゼフ・ブロック、アデル・マーカスに師事しました。ディノ・チアーニコンクール1位、エリザベートコンクール2位などコンクールでも活躍しました。
当ディスクはフランスのモンペリエで行われたフェスティバルにおける彼のコンサートのライブ録音を集めたものです。ライブ録音ゆえにミスタッチも散見されますが、即興性や生き生きとしたモノも感じられます。また個性を発現させることを恐れず、野心的な解釈も見られます。全体的に面白く聴けます。そしてレパートリーも珍しいものが多く含まれ顕現、チャールダーシュやハンガリーの歴史的肖像などは録音される機会の少ない曲であり、そういう意味でもこれは面白いアルバムですね。

彼はこのアルバムの他にピアノ協奏曲全集、巡礼の年全集、超絶技巧練習曲全曲、メフィストワルツ全曲などの録音があります。

フランツ・リスト→テオドール・リテール→イシドール・フィリップ→ベヴァリッジ・ウェブスター→ジェフリー・スワン
フランツ・リスト→コンスタンティン・シュテルンベルク→オルガ・サマロフ→ジョゼフ・ブロック→ジェフリー・スワン


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 23:45│Comments(2)TrackBack(0)リストのCD紹介 



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by klavier   June 14, 2016 23:07
ミッチさん、こんばんは!

すみません。当記事ではなく、ミッチさんのツイートを見てからのコメントで恐縮ですが。。
”フランス語をはじめてみようかな”との事ですが、ミッチさんの語学力ならば、フランス語もすぐに習得されると思われます。

フランス語よりも難しい(と私は思います)ドイツ語や、英語は既に堪能でいらっしゃいますし、語学のセンス抜群のミッチさんが、もしフランス語もはじめられたら、色々と素晴らしい事だと思います。

お忙しいでしょうし、英語、ドイツ語の高いレベルからしますと確かに時間がネックになるかもしれませんが、既に私などよりもずっとフランス語の知識も深いと思われるミッチさんなので、ちょっと期待してしまいます。さらにリストの世界も広がりそうです♪何だか嬉しくて、ついコメントしてしまいました。

2. Posted by ミッチ   June 15, 2016 00:24
klavier様、コメントありがとうございます!

そのような励ましの言葉をいただいて本当に感謝です!

しかし僕があなたよりフランス語の知識が深いというのはあり得ません(笑)知っているのはボンジュール、サヴァくらいですので・・・

いつになるかわかりませんが、たぶんフランス語を始めると思います。その時はフランス語学習者の先輩としていつかお話を伺えれば嬉しく思います。よろしくお願いいたします。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字