その他

September 17, 2016

阪田知樹さんリストコンクール優勝!

リストコンクールと名が冠されることもあるブダペスト国際音楽コンクールにて日本人の阪田知樹さんが優勝されました!おめでとうございます!

このコンクールはハンガリーの由緒あるコンクールでアニー・フィッシャーやディノ・チアーニなどを輩出しています。

Youtubeにクライバーンコンクールなどの過去の動画がいくつかあったので視聴してみました。理路整然とした知的なアプローチで楽しく聴けました。あとカンパネラを聴いていたら、通常のバージョン(S.141/3)かと思いきや難度の高い前のバージョン(S.140/3)を演奏していて驚きました(笑)*。今後の活躍も期待したいと思います。

*ちなみに葉加瀬太郎さんが最近テレビで紹介したカンパネラの超難度の初期作品はまた別の作品「パガニーニの《鐘》による華麗なる大幻想曲 S.420」です。

外部リンク:Youtube: クライバーンコンクール2013の阪田さんの演奏(カンパネラは28:40あたり) 
外部リンク:「君嘘」演奏・阪田知樹、リスト国際ピアノコンクール優勝 日本人男性初 


記事一覧(サイトマップ)


ミッチ at 23:03|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

February 11, 2012

セルジオ・フィオレンティーノのサーガ録音

セルジオ・フィオレンティーノは録音史が非常に屈折しています。

・サーガ録音
フィオレンティーノはイギリスの今は亡きサーガレーベルへいくつか録音を残しています。しかし彼のいくつかの録音はポール・プロコポリスという架空のピアニスト名で発売されます。権利関係に詳しくないのでなぜそうなったのかよくわかりませんが、会社側がフィオレンティーノにロイヤリティーを払いたくないためにそうしたのでしょうか?

※追記
コメント欄でyoshimi様がプロコポリス誕生の経緯を投稿してくださいました。ご参照ください。
yoshimi様のブログ「気ままな生活」でもフィオレンティーノのことを取り上げています。

・aprの復刻
彼は多くの録音を残してるにもかかわらず、それらは注目を浴びませんでした。彼の録音はaprレーベルが復刻して初めて脚光を浴びることになります。またベルリンのライブ録音をシリーズで発売していますが、そちらも素晴らしい企画です(Piano Classicsレーベルが最近再版しました)。

・Concert Artistsの詐欺行為
このコンサート・アーティスツというレーベルは他人の録音をジョイス・ハットやフィオレンティーノの録音として発売し、いわば詐欺行為をはたらいた会社です。一部は判明してますが、フィオレンティーノ名義のCDもほとんどが誰の演奏かわかりません。

上で述べたようにサーガレーベルは既に存在しませんが、なんとレコードプロデューサーでフィオレンティーノと親交があり、フィオレンティーノのディスコグラファーでもあるエルンスト・ルンペさんがフィオレンティーノのサーガ録音を全てYoutubeにupしてくれました。

外部リンク:フィオレンティーノのサーガ録音全曲 

ルンペさんありがとう!


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 03:14|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

October 20, 2011

音楽劇「天才フランツ・リストの愛の生涯と芸術」最終章

ピアニストの山本実樹子さんがプロデュースする音楽劇「天才フランツ・リストの愛の生涯と芸術」の最終章の公演が今年11月にあるそうです。

● 公演名: フランツ・リスト最終章~降りそそぐ光の中で~
● 日時: 2011年11月5日(土) 17:30 開演 (開場17:00)
● 場所: 銀座ヤマハホール
● 料金: 全自由席4000円 

公式ブログ:フランツ・リスト 音◇舞台 公演メイキングブログ 
山本実樹子さんのブログ: ピアニスト山本実樹子のmiracle日記 


こういったクリエイティヴな活動は素晴らしいです。僕は普段お芝居を見に行くことはあまりないので新鮮な感じがして面白そう。是非行きたいです。


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 21:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 25, 2011

「ピアノの魔術師リスト」の足跡を巡る旅

コメント欄の方で旅行の告知を投稿していただきましたが、古い記事のコメント欄では誰の目にもふれられないだろうと思いますので改めて記事を作ります。ウィーンからブダペストを巡る旅行プランのようです。こりゃ行きたい!...けど仕事の都合が...

以下告知の引用
----------------------
<ツアーの特徴>
☆2011年10月19日~23日
☆ウィーン出発・ブダペスト解散
☆リストの足跡を辿る旅
 ショプロン市、エステルゴム大聖堂、カロチャ司教座教会、リストのブダペストでの住宅をアレンジし 
 た記念館をご案内いたします。
☆リストのバースデーコンサート付(10月22日)!
 ブダペスト芸術宮殿で、「デニス・マツエフ」がリストのピアノ協奏曲(3曲)を演奏します。
※ピアノ協奏曲第1番、第2番、死の舞踏
☆作曲家の足跡
 リスト以外の作曲家に関する見所も盛りだくさんです。
 ・ハイドンが活躍した宮殿・バルトーク記念館・コダーイ研究所
☆専門ガイド
 1日目から4日目まで、日本語ガイド(音楽専門ガイド)が同行致します。

詳細については、こちらのホームページでご確認ください。
http://www.rapszodia.hu/Liszt_tura.html
----------------------

興味のある方、応募してみてはいかがでしょうか?


記事一覧(サイトマップ)



ミッチ at 19:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 19, 2011

N響アワー 「生誕200年 フランツ・リストの魔術」

クラシック音楽番組であるN響アワーでリストの特集をするそうです。

番組名: N響アワー
放送日時: 2011年5月22日(日) 9時00分~9時57分
チャンネル:NHK教育テレビ

詳細

2011年、生誕200年を迎える作曲家、フランツ・リストの作品を特集します。
卓越したテクニックで「ピアノの魔術師」と呼ばれたリスト。 即興的な演奏を得意とし、あまりの衝撃的な演奏にリサイタルでは失神する聴衆が続出したという話は有名ですが、 オーケストラ音楽の分野でも「交響詩」と呼ばれるジャンルを創始するなど、後世に大きな影響を与えました。
リストの研究家として世界的に知られる野本由紀夫さんをゲストに迎え、 代表作のひとつ「ピアノ協奏曲第1番」を軸に、リストの生涯に迫ります。 

ピアノ協奏曲 第1番 変ホ長調     ( リスト作曲 ) 
ピアノ: 横山 幸雄 
指揮: 準・メルクル
管弦楽  : NHK交響楽団 
[ 収録: 2005年4月9日, NHKホール ] 
 ほ か 

- 司 会 -
西村  朗  ( 作曲家 ) 
黒崎めぐみ  (アナウンサー)


これは楽しみ。久しぶりにN響アワーを観ます。


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 16:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 16, 2011

アフィリエイト収益金について

● アフィリエイトについて
まず最初にアフィリエイトというものをご存じでない方のために簡単に説明しようと思います。アフィリエイトというのは当ブログを通じてアマゾン、HMV、タワーレコードでCDなどをご購入いただいた場合、私に広告・紹介料という形で収益金が発生するシステムです。(購買者様のご負担金が余分に増えることはありません)


● その用途について
今回の東北関東大震災の被災者の方々へ私個人がする義援金の寄付にプラスアルファとして、当ブログのブログ開始から今日までのアフィリエイト収益金の累計額を寄付することにしました。これまでご購入いただいた購買者様へ御礼を申し上げるとともに、その用途につきましてここにご報告させていただきます。


外部リンク : 日本赤十字社


ミッチ at 17:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 12, 2011

無題

大地震で被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。大変困難な状況かと思いますが、冷静な判断で行動をされるようお願い申し上げます。

そして亡くなられた皆様のご冥福を心からお祈りいたします。

ミッチ at 14:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 11, 2011

園田高弘は語る -リストについて-

生前は日本を代表するピアニストであった故園田高弘氏のホームページを見ていたら、リストに関する記述がありました。


ロマン派のピアノ曲
リストについて


このレクチャーの内容をみるかぎり、彼はリストへ理解を示してくれていることがわかります。彼はレオ・シロタの弟子であり、ブゾーニ直系のピアニストでもありました。リストへの理解は師からの影響もあるのでしょうか?

そういえばだいぶ前にテレビ番組で園田氏の特集があったときに、彼はダンテソナタを弾いていました。骨太な音楽で素晴らしかったと思います。


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 01:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 24, 2011

アニバーサリーイヤーだからって!

今年はフランツ・リスト生誕200年のアニバーサリーイヤーなので、それを記念してフランス・クリダやレスリー・ハワードのボックスなどが早速出ました。そしてそれに続くようにさらにCDなどのリリースが活発化してきました。嬉しいことではあるのですが、毎月毎月CD購入の予算を慎重に決めている自分にとっては少し手加減をしてもらいたいところでもあります(笑)。既に出たもの、これから出るものを含めてわかる範囲でまとめてみましょう。

・メンブランのリストボックス10枚組
激安CDレーベルであるメンブランが10枚組のものをリリースします。いろいろな歴史的録音を含み10枚でお値段はナ、ナント1000円ちょっと。僕はほとんど持ってる音源なのですが、この値段なら買っちゃうわぁ。
HMV: メンブランのリスト10枚組ボックス icon
タワレコ: メンブランのリスト10枚組ボックス

・ブリリアント・クラシックスのリストボックス30枚組
こちらも激安レーベルの30枚組です。このレーベルが出してきたリスト音源の集大成的なもの。価格はまだわかりません。ロ短調ソナタが6回入ってる(笑)
収録曲はこちらを参照

・リスト=ブゾーニ編曲集
こちらもブリリアントから発売。リスト作品をブゾーニが編曲したものを収録。ピアニストはサンドロ・イーヴォ・バルトーリ。ハンガリー狂詩曲第19番のブゾーニ編曲は史上初録音じゃないかな?
収録曲はこちらを参照

・ホロヴィッツ・プレイズ・リスト
ホロヴィッツのソニーとRCAに残したリスト録音の集大成的な4枚組。
限定版と言われたら買わざるを得ない...
HMV: ホロヴィッツ・プレイズ・リスト icon
タワレコ: ホロヴィッツ・プレイズ・リスト

・ルービンシュタイン・プレイズ・リスト
ルービンシュタインのリスト2枚組。
限定版と言われたら...
HMV: ルービンシュタイン・プレイズ・リスト icon
タワレコ: ルービンシュタイン・プレイズ・リスト

・キーシン・プレイズ・リスト
キーシンのリスト2枚組
限定版...
HMV: キーシン・プレイズ・リスト icon
タワレコ: キーシン・プレイズ・リスト

・アラウのリストボックス6枚組
デッカから発売。おそらく旧フィリップスの音源でしょう。デッカさん、この調子でブレンデルのリストボックスもよろしくお願いします。もちろん完全版で。

・ネルソン・フレイレのリスト新譜
デッカからの新譜。詳細不明です。

・アムランのリスト新譜
ハイペリオンから。ソナタやBACH幻想曲とフーガなど。
詳細はこちらを参照

・オールソンのアドノス
ギャリック・オールソンのアドノス幻想曲とフーガ(ブゾーニ編)とロ短調ソナタを収録。

・CDその他
DGからいくつか再販。オットの超絶、プレトニョフのソナタ他、ケンプの巡礼2年、シノーポリの管弦楽曲。別レーベルから、コラールの作品集(EMI再販)、デュシャーブルの2枚組(ヴァージン再販)、ディヒターのハンガリー狂詩曲全集(再販?)、ロルティの巡礼全集(新譜)、ミュラロの幻想交響曲(新譜)。そしてその他にもいろいろありますが、ここには書ききれません。

・リストを弾こう
ムック本。内容は演奏者向けのものでしょうか?
アマゾン: リストを弾こう

・音楽の友 2011年3月号
雑誌・音楽の友がリスト特集してるようです。まだ買ってないので内容はわかりません。
アマゾン: 音楽の友 2011年 3月号

・モーストリー・クラシック 2011年 4月号
こちらの雑誌もリスト特集しているようです。
アマゾン: モーストリー・クラシック 2011年 4月号

あとリスト関連じゃないけど、グレインジャーのピアノ録音5枚組がaprからでます。
今年は忙しくなりそうです(笑)


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 17:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)