好きなリスト録音

March 24, 2011

回想 ~超絶技巧練習曲 第9番

Ricordanza LW-A172/9

ボレットの歌い回しもいいですが
自然な流れで美しいアラウが一番好きです。


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 23:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 17, 2011

荒々しき狩 ~超絶技巧練習曲 第8番

Wilde Jagd LW-A172/8

ベルマン、オフチニコフ、アラウがそれぞれ秀演ですが、
個人的に一番よく聴くのは2つのライブ録音です。

「猛獣注意」のリヒテル(モスクワライブ)
「落雷注意」のヴィラ

この二つは何かを超越したようなトランセンデンタルなものを感じる。


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 23:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 14, 2011

英雄 ~超絶技巧練習曲 第7番

Eroica LW-A172/7

ワイルドの爆演もいいけど、
ベルマンの1963年録音が真に英雄的であり劇的


記事一覧(サイトマップ)



ミッチ at 22:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 10, 2010

幻影 ~超絶技巧練習曲 第6番

Vision LW-A172/6

第6番はアラウが圧倒的に好きです。
そびえ立つソノリティ。


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 22:36|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

November 06, 2010

鬼火 ~超絶技巧練習曲 第5番

Feux follets LW-A172/5

鬼火で僕が素晴らしいと思うのは、なぜかロシア勢が多いです。
クズミン、キーシンも素晴らしい。
でも一番よく聴くのはアシュケナージとリヒテル(ソフィアライブ)です。

記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 20:07|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

September 30, 2010

マゼッパ ~超絶技巧練習曲 第4番

Mazeppa LW-A172/4

マゼッパに関してはベルマン、オフチニコフ、アラウもそれぞれ素晴らしいけども、ひとつ選ぶとするならブゾーニの高弟ペトリの演奏を推したいです。鮮烈な演奏。


記事一覧(サイトマップ)


ミッチ at 17:18|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

September 11, 2010

風景 ~超絶技巧練習曲 第3番

Paysage LW-A172/3

リヒテルも好きですが、アラウの含蓄のある表現が素敵です。清涼感とロマンティシズムと威厳が共存してるような感じ。


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 07:01|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

August 12, 2010

モルト・ヴィヴァーチェ ~超絶技巧練習曲 第2番

Molto vivace LW-A172/2

やはりこの曲もリヒテルのプラハライブの録音が好きです。ベルマンはリヒテルの演奏する超絶技巧練習曲を聴いたそうですが、そのベルマンが圧倒されたのも納得の演奏。


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 02:33|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

August 02, 2010

前奏曲 ~超絶技巧練習曲より 第1番

Preludio LW-A172/1

超絶技巧練習曲の始まりを告げる、輝かしくそして短いこの曲の名演は何があるでしょうか?前回はこの曲集の全集の名演としてベルマンとアラウを挙げました。しかしこの第1曲に限り名演を挙げるなら、リヒテルの1956年のライブ録音を個人的に選びたいです。激しい噴火に溶岩の湧き立つような光景が目に浮かびます。凄まじい。


記事一覧(サイトマップ)



ミッチ at 00:38|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

July 18, 2010

超絶技巧練習曲

Etudes d'exécution transcendante LW-A172

超絶技巧練習曲の素晴らしい全曲盤を選ぶとするなら、何になるでしょうか。今までに多くの書籍やインターネットで名盤として紹介されてきたアラウ盤とベルマン盤ですが、私も全く同感です。

アラウの演奏は流麗な解釈と華麗な音色。音楽が光り輝いているように感じます。アラウの様式というものが明確にあり、彼にしかできないことをやっています。これはピアノ音楽を愛するすべての人に聴いてほしいし、ピアノ学習者は聴くべき名演です。

ベルマンについてはまた別の機会に紹介したいと思います。


記事一覧(サイトマップ)



ミッチ at 04:34|PermalinkComments(0)TrackBack(1)