ややこしい事

March 17, 2016

リストのややこしい事4 -ラーコーツィ行進曲編-

ラーコーツィ行進曲はハンガリーの民俗旋律で国民に親しまれた旋律です。ハンガリーの国歌「賛称」が制定される前、ラーコーツィ行進曲は非公式の国歌のような扱いだったそうです。フェレンツ・ラーコーツィⅡ世が好んだためこの名前が付けられました。日本ではラコッツィ行進曲と呼ばれることもあります。リストもこの旋律にちなんだ曲をいくつか書いています。ここではピアノ独奏曲をまとめてみたいと思います。

試聴はこちらからどうぞ(YouTube)

● 代表グループ
- 〔A〕ハンガリー狂詩曲 第15番 ラーコーツィ行進曲 S.244/15
- 〔B〕ハンガリー狂詩曲 第15番 ラーコーツィ行進曲 〔異稿〕 S.244/15bis
- 〔C〕ラーコーツィ行進曲 〔普及稿〕 S.244c
まず「リストのラーコーツィ行進曲」と言えばハンガリー狂詩曲のもの〔A〕を指します。リストの代表曲の一つとして親しまれています。〔B〕はそのオッシアを演奏した異稿であり、〔C〕は〔A〕を簡素にしたものです。

● 前身グループ
- 〔D〕マジャール狂詩曲 第13番 ラーコーツィ行進曲 S.242/13
- 〔E〕ハンガリーの民俗旋律 (ラーコーツィ行進曲 マジャール狂詩曲 第13番a) S.242/13a
- 〔F〕ジプシーの叙事詩 第7番 ラーコーツィ行進曲 S.695b/7 
マジャール狂詩曲という曲集はハンガリー狂詩曲集の前身となるものです。つまり〔D〕が発展して〔A〕となります。〔E〕は〔D〕の簡易稿です。〔F〕は楽譜が書かれておらず「マジャール狂詩曲 第13番(おそらく簡易稿)を挿入するように」という指示があるだけなので、つまり〔E〕=〔F〕となります。

● 編曲グループ 
- 〔G〕ラーコーツィ行進曲 〔管弦楽稿より編曲〕 S.244a
- 〔H〕ラーコーツィ行進曲 〔管弦楽稿より簡易編曲〕 S.244b 
リストはラーコーツィ行進曲の旋律を使用して管弦楽作品も書いている。〔G〕はそのトランスクリプションであり、〔H〕は〔G〕の簡易稿。 

● その他グループ
- 〔I〕ラーコーツィ行進曲 〔第1稿〕 S.242a
- 〔J〕ラーコーツィ行進曲 〔第1稿・異稿〕 S.692d
- 〔K〕アルバムリーフ "ラーコーツィ行進曲" S.164f 
〔I〕は1839年辺りに書かれた、ラーコーツィ行進曲を使用した最初期のピアノ作品。〔J〕は〔I〕の簡易稿だが未完。〔K〕は戯れに書いたと思われる20秒弱の楽想。

● ホロヴィッツ
- ラーコーツィ行進曲 〔ホロヴィッツ編〕
ベルリオーズもラーコーツィ行進曲を使用した管弦楽作品を書いている。そのベルリオーズ版の編曲とリストのピアニズムを参考にしてホロヴィッツが再編成したものがこのホロヴィッツ版ラーコーツィ変奏曲。
ホロヴィッツ版の試聴はこちらからどうぞ(YouTube) 

関連記事: リストのややこしい事1 -アヴェ・マリア編- 
関連記事: リストのややこしい事2 -悲しみのゴンドラ編-
関連記事: リストのややこしい事3 -子守歌編- 


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 18:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 07, 2013

リストのややこしい事3 -子守歌編-

まずはこちらをお聴きください。

YouTube: ベルスーズ (Berceuse) S.174 
YouTube: ヴィーゲンリート (Wiegenlied) S.198  
YouTube: シュルマーリート (Schlummerlied) S.186/7  

あえてタイトルは原語をカタカナで表記しました。ベルスーズはフランス語、他2つはドイツ語です。これら3曲はリストによる子守歌であり、実際そのように呼ばれることが多いです。はじめに言いたいことはこれら3曲を「子守歌」と呼ぶことは問題なく、訳語としても誤りではないということです。しかし区別がしづらいということで別の呼称で呼んではどうかという提案をしてみたいと思います。 

● S.174 子守歌 (ベルスーズ)  
ショパンの同名曲へのオマージュとして書かれたと言われる曲です。そのショパンの曲(Berceuse)も日本では子守歌と呼ばれていますので、この曲は「子守歌」で良いと思います。   

● S.198 ゆりかごの歌 (ヴィーゲンリート)  
ヴィーゲは「ゆりかご」、リートは「歌」という意味ですので、「ゆりかごで歌う歌」ですからすなわち「子守歌」となるわけですが、これはそのまま「ゆりかごの歌」でもよいのではないでしょうか。リストの伝記の執筆者である福田弥さんもこの呼称を使用しています。またこの曲を「ゆりかごの歌」と呼んでもよいと思えるもう一つの理由があります。それはこの曲がリストの交響詩「ゆりかごから墓場まで」の旋律を使用しているからです。ブラームスの有名曲にも同名の曲があります(Op.49/4)。

● S.186/7 まどろみの歌 (シュルマーリート)  
曲集「クリスマスツリー S.186」のなかの一曲です。シュルマーは「眠り/仮眠」、リートは「歌」という意味です。眠りの歌ですので、「子守歌」と呼ばれるようになったのでしょうか。シューマンにも同名の曲があります(Op.124/16)。ドイツ語「シュルマー」はニュアンス的には「うとうとする」という感じですので、呼称は「まどろみの歌」でもよいのではないでしょうか。

○ 補足 
S.198は「ヴィーゲンリートは訳すとゆりかごの歌なので、ゆりかごの歌と呼んでもよいのでは」と書きました。フランス語でゆりかごはベルソー(Berceau)なので、ベルスーズ(Berceuse)もゆりかごの歌というニュアンスなのかと思います。  

○ その他
他にリストが書いた作品では「眠りから覚めた御子への讃歌 S.173/6」も元々我が子への子守歌として書かれたものらしいです。また他には「墓場の子守歌 S195a」という作品もありますが、これは「エレジー 第1番 S.196」の初稿なので曲種としてはエレジーですね。そしてリストの編曲作品として「ウェーバーの子守歌 S.454」などもあります。

関連記事: リストのややこしい事1 -アヴェ・マリア編-  
関連記事: リストのややこしい事2 -悲しみのゴンドラ編-  


記事一覧(サイトマップ)



ミッチ at 11:36|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

June 20, 2013

リストのややこしい事2 -悲しみのゴンドラ編-

フランツ・リストがワーグナーの死を予感して書いたといわれる「悲しみのゴンドラ」について少しまとめてみたいと思います。

● 試聴はこちらからどうぞ
YouTube: 悲しみのゴンドラⅠ S.200/1  
YouTube: 悲しみのゴンドラⅡ S.200/2    

● 番か稿か?
フランツ・リストの日本語版CDを購入されたことがある方はそこで「悲しみのゴンドラ 第1稿」と書かれていたり「悲しみのゴンドラ 第1番」と書かれているのを見たことがあると思います。これは非常に微妙な問題で、結論から言いますとどちらも正しいし、どちらも間違いです。
まずS.200/1とS.200/2の両曲を第1稿/第2稿という風に同じ曲のバージョン違いだと仮定してみましょう。あまり知られていませんが悲しみのゴンドラにはS.200/2の直接の前身となる「ヴェネツィア第1草稿」なるものがあります。これは近年発見され、2002年にイタリアのルッジネンティ社が世界で初めて出版しました。おそらくこれが「悲しみのゴンドラの初稿」と呼べるものであるので、そうなるとS.200/1とS.200/2はそれぞれ第2稿/第3稿と呼ばねばいけなくなります。しかもS.200/1とS.200/2は作曲された順序が逆なのでS.200/1を第3稿、S.200/2を第2稿と呼ばねばならなくなってしまいます。
では逆に両曲を第1番/第2番と別の曲と仮定してみましょう。S.200/1はS.200/2の派生作品であることに変わりはないので、別の曲とみなすのも難しいです。ちなみに両曲ともに「第3エレジー」という副題があります。もし両曲が別の曲だと判断するなら「第3エレジー/第4エレジー」とならなくてはいけないような気がします。
このように「第1稿/第2稿」と呼ぶべきか「第1番/第2番」と呼ぶべきかは微妙なので、当ブログでは呼称を「悲しみのゴンドラⅠ」「悲しみのゴンドラⅡ」としています。

● 順番 
- 1882年: 悲しみのゴンドラ 〔ヴェネツィア第1草稿〕 S.199a (2002年初版)
- 1882年?: 修正譜 "悲しみのゴンドラ" S.701k
- 1883年/1885年: 悲しみのゴンドラⅡ S.200/2 (1885年初版) 
- 作曲年不明: 悲しみのゴンドラⅠ S.200/1 (1927年初版) 

1882年に第1草稿が作られます。そしてリストがある手紙にその作品への9小節の改訂パッセージを書きます。これがS.701kの修正譜です。上でも少し書きましたがⅠとⅡは作曲された順序がおそらく逆です。Ⅰが作曲された年は不明ですが、リストの死が近づいた時期だと言われています。1927年にⅠが初めて出版されるのですが、その時にⅡとセットで出版することになり順序が逆の番号が付けられました。

関連記事: リストのややこしいこと1 -アヴェ・マリア編-  


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 09:42|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

April 17, 2013

リストのややこしい事1 -アヴェ・マリア編-

フランツ・リストの作品(またその人生も)はややこしい事が多いです。リストのややこしい事をまとめて、少しでもわかりやすいようにしてみようと思います。

まず第1弾はアヴェ・マリアです。アヴェ・マリアと言えばシューベルトの歌曲やバッハの曲をグノーが編曲した歌曲が有名ですが、リストもいくつかアヴェ・マリアという曲を書いています。ここではピアノ独奏曲をまとめてみたいと思います。

● S.173/2 詩的で宗教的な調べ 第2番 アヴェ・マリア 
リストの代表的な曲集の一つと言える「詩的で宗教的な調べ」ですが、その第2曲がアヴェ・マリアというタイトルです。もともとは合唱曲ですが、それをピアノ独奏編曲したものです。チッコリーニの名演が心に響きます。
区別できるように呼称するなら「詩的で宗教的な調べのアヴェ・マリア」か「変ロ長調のアヴェ・マリア」でしょうか。

● S.182 アヴェ・マリア - ローマの鐘 
オリジナルのピアノ独奏曲。レーベルトとシュタルクによるピアノ教本「大ピアノ教程」のために作曲されたものです。あまり演奏される機会はありませんが、リヒテルやハフの録音があります。
区別するための呼称は「ローマの鐘」(これは副題です)か「ホ長調のアヴェ・マリア」ではないでしょうか。

● S.183/2 アルカデルトのアヴェ・マリア 
アルカデルトの曲を編曲したもの・・・と思いきや、この原曲は別人がアルカデルトの作風を模倣してでっち上げたもの。それをリストがピアノ独奏編曲したもの。
区別するための呼称は「アルカデルトのアヴェ・マリア」か「ヘ長調のアヴェ・マリア」とかでしょうか。

● S.504 アヴェ・マリア (Ⅱ) 
フランツ・リストによるモテット「アヴェ・マリアⅡ S.38」をピアノ独奏曲へ編曲したもの。第1稿と第2稿のふたつのバージョンがあり、第1稿はニ長調、第2稿は変ニ長調です。
区別するための呼称は「アヴェ・マリアⅡ」ですかね(Ⅱは「に」でも「ツー」でも「ツヴァイ」でもご自由に)。

● S.545 アヴェ・マリア (Ⅳ) 
フランツ・リストによる歌曲「アヴェ・マリアⅣ S.341」のピアノ独奏編曲です。ルディやハフの録音があります。
呼称は「アヴェ・マリアⅣ」か「ト長調のアヴェ・マリア」でしょうか(同じくⅣは「よん」でも「フォー」でも「フィア」でもご自由に)。

● S.558/12 アヴェ・マリア (シューベルト=リスト) 
ご存じのようにシューベルトの有名な歌曲「アヴェ・マリア (エレンの歌 第3番) D.839」をリストがピアノ独奏編曲したもの。編曲は第1稿(S.557d)と第2稿(S.558/12)のふたつのバージョンがあります。ベルマンによる感動的な名演があります。
呼称はそのまま「シューベルトのアヴェ・マリア」でいいでしょう。

関連記事: リストのややこしいこと2 -悲しみのゴンドラ編-  


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 18:21|PermalinkComments(4)TrackBack(0)