アレクシス・ワイセンベルク

August 28, 2012

Great Pianists of The 20th Century Vol.97

20世紀の偉大なるピアニストたち 97

アレクシス・ワイセンベルク 

great weissenberg

Disc.1
1.-7. パルティータ 第4番 BWV828 (バッハ)<66>
8. 《思い出》による変奏曲 Op.33 (チェルニー)<55>
9.-11. 版画 (全曲)(ドビュッシー)<85>
12. 前奏曲 Op.32/10 (ラフマニノフ)<70>
13.-15. ピアノソナタ 第1番 Op.28 (ラフマニノフ)<87>

Disc.2
1.-2. 前奏曲とフーガ (BWV543) S.462/1 (バッハ=リスト)<73>
3. ソナタ K.109 (スカルラッティ)<85> 
4. ソナタ K.107 (スカルラッティ)<85> 
5. ソナタ K.87 (スカルラッティ)<85>
6. ソナタ K.184 (スカルラッティ)<85>
7. 夜想曲 第17番 Op.62/1 (ショパン)<68>
8. 夜想曲 第18番 Op.62/2 (ショパン)<68>
9. 練習曲 Op.8/11 (スクリャービン)<50>
10. 夜想曲 (左手のための) Op.9/2 (スクリャービン)<50>
11. ピアノソナタ 第3番 "古いノートから" Op.28 (プロコフィエフ)<50>
12. 悪魔的暗示 Op.4/4 (プロコフィエフ)<50>
13.-15. 《ペトルーシュカ》からの3つの楽章 (ストラヴィンスキー)<50>
16. 前奏曲 (ロ短調) (バッハ=ジロティ)<73>

音源: Sony Classical, Lumen, EMI, DG, BMG 
Philips 456 988-2 

〔メモ〕
高名な音楽家パンチョ・ヴラディゲロフ、シュレーダー(シュナーベルの弟子)、レオ・ケステンベルク(ブゾーニの弟子)、シュナーベル、ランドフスカ、オルガ・サマロフ(ジュリアードの名教師)にピアノを師事したワイセンベルクです。ワイセンベルクへの「批評家からの評価は分かれていた」そうで、「誰もが彼のパワフルな技巧には関心したが、音楽解釈への洞察には異議を唱える者もいた」そうです。
確かに柔軟性を欠いている部分も見られます。しかし良く言えばそれは硬質で硬派な音楽であり、また音色も硬質で澄み切ったものです。それにより彼の音楽にはクリスタルの硬質な輝きを想起させるものがあります。かつてポリーニの若き日の演奏に対して「技術もここまでくれば芸術」という評論がなされましたが、それはワイセンベルクにも同じことが言えるのではないでしょうか。例えばラフマニノフのソナタ1番は彼のパワフルな演奏なくして、その真価を発揮することはできなかったでしょう。 

フランツ・リスト→ハンス・フォン・ビューロー→カール・H・バルト→パンチョ・ヴラディゲロフ→アレクシス・ワイセンベルク
フランツ・リスト→カール・タウジヒ→アレクサンドル・ミハウォフスキ→ワンダ・ランドフスカ→アレクシス・ワイセンベルク
フランツ・リスト→コンスタンティン・シュテルンベルク→オルガ・サマロフ→アレクシス・ワイセンベルク


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 01:27|PermalinkComments(4)TrackBack(0)