アンスネス

March 27, 2016

アンスネスは語る -リスト録音-

ネットラジオでピアニストのアンスネスがリストの録音について語っていました。簡単にまとめてみたいと思います。


● リスト録音との出会い
「記憶が曖昧だけど、たぶんマルタ・アルゲリッチの演奏するピアノ協奏曲やソナタだったと思う。子供の頃に僕は愛の夢やコンソレーションは演奏していたけど、こんな曲を演奏するなんて不可能だと思ったよ。印象的で色彩感に溢れ、3人のピアニストが演奏してるのかと思った」

● リパッティのペトラルカのソネット104番 
「これまでに存在した最も偉大なピアニストの一人。最も大きな影響を受けた。ピアニスティックに完璧で洗練性の極致で比類がない。流れが自然で自発性に富んでいる」

● カペルのハンガリー狂詩曲11番
「燃え盛るような情熱があり、確信に満ちている。このような曲はノンシャランにお行儀よく演奏されることが多いけど、カペルはリスクを恐れずにドラマを創出してる」

● ファウスト交響曲について
「信じられないくらい先進性がある。友人のアントニオ・パッパーノも興奮気味に言っていたが、チャイコフスキーへ大きな影響を与え、そして12音技法のように書かれた部分もある。とても野心的でワーグナーがこの曲を気に入ったのも不思議ではない」(バーンスタインのファウスト交響曲が流れますがこれはアンスネスではなくDJのトム・ハイゼンガが録音を選びました)

● ユジャ・ワンのロ短調ソナタ 
「フレッシュでラプソディック。無限の可能性を感じる」

● アムランのハンガリー狂詩曲2番 
「彼は作曲家的な視点も持ち合わせていてカデンツァを作曲している。そこでは聴いたこともないような豪華絢爛な技巧が繰り広げられる。ヴィルトゥオジティというものは楽しくてエキサイティングなものだね」

● 自身の演奏するノネンヴェルトについて
「この曲は自然的、瞑想的であり情景を感じることができる。巡礼の年のような作品もそうだが、聴衆に映像や匂いを感じさせることができる」 

● ゲザ・アンダの森のざわめき
「アンダはお気に入りのピアニストですが、過小評価されてます。この演奏はサプライズに満ちていて、自発的で推進力がある。こういうサプライズは普通計算されてなされるものだけど、彼の演奏は計算がなく自然」

● バルトークのスルスム・コルダ 
「これは録音も悪く、ミスタッチもありますが興味深いので選びました。この曲は通常静的に演奏されることが多いですが、彼の演奏は内的エクスタシーと幸福感が感じられます」

〔感想〕
アンスネスは現在、世界の第一線で活躍しているピアニストですが、そのようなピアニストでも新旧問わずいろいろな録音を聴いているんですね。やはりリパッティのペトラルカは名演ですね!ものすごい興味深い会話でした。途中でリストのことについても語っていました。「リストはある意味で底の浅いポップスターでいることもありました。ピアニスティックな観点から言えば見事な曲でも、底の浅い曲もいくつかあります。彼は聴衆を目の前にしてどのように成功するかを計算していた部分もあります。そういう意味では現代人のようでもありますね。しかしだからと言って彼に精神性の深い部分が無いということではないのです。例えばブラームスは多くの作品が素晴らしいので偉大な作曲家とみなされます。一方リストは底の浅い作品もいくつかあり、そして偉大な傑作も残しています。底の浅い作品があるからリストはそれほど偉大な作曲家ではないと言う人もいますが、私はそうは思いません」とアンスネスは語っています。僕が思うにこの意見はとても真っ当であり、フェアな見方だと思います。アンスネスがリストを誤解無く捉えてくれているのは嬉しいです。彼は最近あまりリストを演奏していないようですが、これからも期待したいです。

関連記事: liszt piano recital: leif ove andsnes 


記事一覧(サイトマップ)



ミッチ at 21:29|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

March 29, 2011

liszt piano recital : leif ove andsnes

レイフ・オヴェ・アンスネス

liszt piano recital

andsnes

1. ダンテを読んで - ソナタ風幻想曲 S.161/7
2. 忘れられたワルツ 第4番 S.215/4
3. メフィストワルツ 第4番 S.216b
4. ノネンヴェルトの僧房 - エレジー 〔第4稿〕 S.534iii
5. バラード 第2番 S.171  
6. メフィストワルツ 第2番 S.515
7. アンダンテ・ラクリモーソ S.173/9
8. メフィストワルツ 第1番 S.514

EMI 7243 5 57002 2 3
Recorded: 1999/2000

〔メモ〕 
現代の若手ピアニストを代表する存在はキーシンとアンスネスではないでしょうか。この2人は巨匠への階段を順調に駆け上がっていると思います。当ディスクの演奏は清らかな美しさや深い瞑想性により、アンスネスの求道精神のようなものを感じます。ダンテソナタや第2バラードは見通しのよい美しい名演です。この演奏からこれらの曲がリストの最も美しい傑作に属するということが証明されています。僕はピアニストが自分がどのような曲に適しているかを見極める事も大事な要素だと思っていますが、まさにアンスネスは「自分の曲」を知っているのだと感じます。ワルツのような曲でも素晴らしいコントロールを利かせて弾けるようなリズムを実現しています。全体的に感じたことは技巧性と芸術性の融合ということでしょうか。そしてそれはリスト本人が望んだことでもあります。リストの音楽に全てを語らせ、美しさを引き出しています。

個人的にはノネンヴェルトを選曲するというセンスに脱帽しました。普段はあまり演奏されませんが、この曲は紛れもない傑作です。アンスネスという実力派ピアニストがリスト集でこういう選曲をしてくれたというだけで僕は満足です。彼がリスト集第2弾を録音してくれることを期待しています。

ただメフィストワルツ1番はちょっと真面目すぎる感じがしました。



記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 17:44|PermalinkComments(2)TrackBack(0)