アヴェ・マリア

April 17, 2013

リストのややこしい事1 -アヴェ・マリア編-

フランツ・リストの作品(またその人生も)はややこしい事が多いです。リストのややこしい事をまとめて、少しでもわかりやすいようにしてみようと思います。

まず第1弾はアヴェ・マリアです。アヴェ・マリアと言えばシューベルトの歌曲やバッハの曲をグノーが編曲した歌曲が有名ですが、リストもいくつかアヴェ・マリアという曲を書いています。ここではピアノ独奏曲をまとめてみたいと思います。

● S.173/2 詩的で宗教的な調べ 第2番 アヴェ・マリア 
リストの代表的な曲集の一つと言える「詩的で宗教的な調べ」ですが、その第2曲がアヴェ・マリアというタイトルです。もともとは合唱曲ですが、それをピアノ独奏編曲したものです。チッコリーニの名演が心に響きます。
区別できるように呼称するなら「詩的で宗教的な調べのアヴェ・マリア」か「変ロ長調のアヴェ・マリア」でしょうか。

● S.182 アヴェ・マリア - ローマの鐘 
オリジナルのピアノ独奏曲。レーベルトとシュタルクによるピアノ教本「大ピアノ教程」のために作曲されたものです。あまり演奏される機会はありませんが、リヒテルやハフの録音があります。
区別するための呼称は「ローマの鐘」(これは副題です)か「ホ長調のアヴェ・マリア」ではないでしょうか。

● S.183/2 アルカデルトのアヴェ・マリア 
アルカデルトの曲を編曲したもの・・・と思いきや、この原曲は別人がアルカデルトの作風を模倣してでっち上げたもの。それをリストがピアノ独奏編曲したもの。
区別するための呼称は「アルカデルトのアヴェ・マリア」か「ヘ長調のアヴェ・マリア」とかでしょうか。

● S.504 アヴェ・マリア (Ⅱ) 
フランツ・リストによるモテット「アヴェ・マリアⅡ S.38」をピアノ独奏曲へ編曲したもの。第1稿と第2稿のふたつのバージョンがあり、第1稿はニ長調、第2稿は変ニ長調です。
区別するための呼称は「アヴェ・マリアⅡ」ですかね(Ⅱは「に」でも「ツー」でも「ツヴァイ」でもご自由に)。

● S.545 アヴェ・マリア (Ⅳ) 
フランツ・リストによる歌曲「アヴェ・マリアⅣ S.341」のピアノ独奏編曲です。ルディやハフの録音があります。
呼称は「アヴェ・マリアⅣ」か「ト長調のアヴェ・マリア」でしょうか(同じくⅣは「よん」でも「フォー」でも「フィア」でもご自由に)。

● S.558/12 アヴェ・マリア (シューベルト=リスト) 
ご存じのようにシューベルトの有名な歌曲「アヴェ・マリア (エレンの歌 第3番) D.839」をリストがピアノ独奏編曲したもの。編曲は第1稿(S.557d)と第2稿(S.558/12)のふたつのバージョンがあります。ベルマンによる感動的な名演があります。
呼称はそのまま「シューベルトのアヴェ・マリア」でいいでしょう。

関連記事: リストのややこしいこと2 -悲しみのゴンドラ編-  


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 18:21|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

September 09, 2012

Legendary Performances Vol.7

ラザール・ベルマン 

ジャック・ライザーの功罪

鉄のカーテンで仕切られていたため、ロシアで活躍していたベルマンが西側へ知られるのは70年代になってからです。ベルマンの名前を世界に轟かせたのは1975年のニューヨークデビューによるものです。そのデビューを企画したのはインプレサリオ(音楽興行主)のジャック・ライザーという人物です。ライザーはベルマンによる1963年録音の超絶技巧練習曲に「衝撃を受けて」、ベルマンを招聘することを決めたそうです。そして当然ニューヨークデビューのプログラムも超絶技巧練習曲全曲でした。ベルマンはアメリカで一夜にしてセンセーションを巻き起こします。しかしライザーの売り出し方はあまりにもその卓越した技巧が強調されすぎて一部の批評家から反感を買ってしまい「技巧だけが取り柄のピアニスト」と言われてしまうこともあったそうです。僕はライザーのしたことが間違っていると言いたいわけではありません。演奏家も芸術家と言えど、聴衆がいてナンボのものでしょうから、知名度を上げるということも重要なことでしょう。しかしこの話は売り出し方に気を付けないと誤解を招く恐れがあるという教訓だと思います。
前置きが長くなりましたがベルマンの「アヴェ・マリア (シューベルト=リスト)」の演奏を聴いてみると、彼の本質が技巧だけではないとわかります。深々とした響き、大きな呼吸の演奏で、これぞロマン派の演奏と言いたくなりす。


記事一覧(サイトマップ)



ミッチ at 23:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0)