ウィーン

July 19, 2011

LISZT VISITS VIENNA / Joseph Villa

ジョセフ・ヴィラ

LISZT VISITS VIENNA

villa vienna

1. アデライーデ S.466 (ベートーヴェン=リスト)
2. 《アテネの廃墟》による幻想曲 S.389 (ベートーヴェン=リスト)
3. ウィーンの夜会 第7番 S.427/7 (シューベルト=リスト)
4. 大行進曲 S.426/2 (シューベルト=リスト)

Dante PSG9012
Recorded: 1979?

〔メモ〕
ゴロドニツキやアラウの弟子ジョセフ・ヴィラによるベートーヴェンとシューベルトの編曲集です。ヴィラはシフラにシェーズ・デュー音楽祭へ招聘されたり、ルービンシュタイン、アラウ、ラ・ローチャ、プレヴィンに称賛されたこともあります。このディスクは個人的には最もお気に入りのディスクの中の一枚です。
アメリカのピアニストに不幸な事故がいくつか起こりました。例えば飛行機事故にあったウィリアム・カペルや、手を故障したレオン・フライシャーという例があります。ヴィラの病死(エイズ)もその不幸のひとつでしょう。これらはアメリカピアノ界にとっての大きな損失です。
以前紹介したディスクに収録されているベートーヴェンのソナタや交響曲は非常に素晴らしかった。ここでも特に素晴らしいのはベートーヴェン編曲だと思います。アデライーデと「アテネの廃墟」幻想曲という対比が非常に印象的で、前者の悲しみに満ちた美しさのあとに後者の鮮烈なヴィルトゥオジティがその悲しみを吹き消すかのように演奏されています。「アテネの廃墟」幻想曲の独奏版は録音が少ないので、ヴィラが録音してくれたのは非常に嬉しいです。

フランツ・リスト→マルティン・クラウゼ→クラウディオ・アラウ→ジョセフ・ヴィラ 

関連記事:HOMMAGE À JOSEPH VILLA
関連記事:Liszt Recital : Joseph Villa 


記事一覧(サイトマップ)



ミッチ at 17:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)