クリダ

February 16, 2011

FRANCE CLIDAT: Liszt L'œuvre pour piano

フランス・クリダ

Liszt L'œuvre pour piano

clidat

Disc.1
1.-9. 巡礼の年 第1年 スイス S.160 (全曲) 
  巡礼の年 第2年 イタリア S.161 より
10. 婚礼
11. 物思いに沈む人
12. サルヴァトール・ローザのカンツォネッタ
13. ペトラルカのソネット 第47番
14. ペトラルカのソネット 第104番

Disc.2
  巡礼の年 第2年 イタリア S.161 より
1. ペトラルカのソネット 第123番
2. ダンテを読んで - ソナタ風幻想曲
3.-9. 巡礼の年 第3年 S.163 (全曲)

Disc.3
1.-3. 巡礼の年 第2年 補遺 ヴェネツィアとナポリ S.162 (全曲)
4.-5. 二つの伝説 S.175
6.-11. コンソレーション S.172 (全曲)
12. バラード 第1番 S.170
13. バラード 第2番 S.171

Disc.4
  ハンガリー狂詩曲 S.244 より
1. 第1番
2. 第2番
3. 第3番
4. 第4番
5. 第5番 悲劇的な英雄の詩
6. 第6番
7. 第7番
8. 第8番
9. 第9番 ぺシュトの謝肉祭
10. 第10番

Disc.5
  ハンガリー狂詩曲 S.244 より
1. 第11番
2. 第12番
3. 第13番
4. 第14番
5. 第15番 ラコッツィ行進曲
6. 第16番
7. 第17番
8. 第18番
9. 第19番 K.アーブラーニの《高貴なチャールダーシュ》による
10. スペイン狂詩曲 S.254

Disc.6
1.-10. 詩的で宗教的な調べ S.173 (全曲)

Disc.7
1. メフィストワルツ 第1番 S.514
2. メフィストワルツ 第2番 S.515
3. メフィストワルツ 第3番 S.216
4. メフィストワルツ 第4番 S.216b
5. 調性のないバガテル S.216a
6. 華麗なるマズルカ S.221  
7. メフィストポルカ S.217
8.-11. 4つの忘れられたワルツ S.215
12. 華麗なるワルツ S.214/1
13. 憂鬱なワルツ S.210

Disc.8
1.-2. 2つのポロネーズ S.223
3. ゲーテ記念祭の祝祭行進曲 S.227
4. 死のチャールダーシュ S.224
5.-6. 2つのチャールダーシュ S.225
7. スケルツォと行進曲 S.177
8. 半音階的大ギャロップ S.219
9. ギャロップ S.218
10. ワルツ形式によるアルバム・リーフ S.166
11. アルバム・リーフ S.165
12. 即興ワルツ S.213

Disc.9
1.-12. 超絶技巧練習曲 S.139 (全曲)
13.-14. 2つの演奏会用練習曲 S.145
15. アブ・イラート S.143 

Disc.10
1.-6. パガニーニによる大練習曲 S.141 (全曲)
7.-9. 3つの演奏会用練習曲 S.144
10.-15. 演奏会用大独奏曲 S.176

Disc.11
1.-3. 愛の夢 S.541 (全曲)
4.-6. ピアノソナタ S.178
7. 子守歌 S.174
8. 華麗なるアレグロ S.151
9. スペインの《密輸入者》による幻想ロンドー S.252 

Disc.12
1.-3. ウォロナンスの落ち穂拾い S.249 (全曲)
4.-10. ハンガリーの歴史的肖像 S.205 (全曲)
11.-15. ハンガリー民謡 S.245 (全曲)
16. プスタの憂愁 S.246
17. ハンガリー的性格のピアノ小品 第2番 S.693/2 

Disc.13
1.-12. クリスマスツリー S.186 (全曲)
13. 灰色の雲 S.199  
14. 悲しみのゴンドラⅠ S.200/1 
15. 悲しみのゴンドラⅡ S.200/2
16. R.W.- ヴェネツィア S.201
17. 葬送前奏曲 S.206/1
18. 別れ - ロシア民謡 S.251

Disc.14
1. スケルツォ S.153
2. リヨン S.156/1
3. 顕現 第1番 S.155/1
4. 顕現 第2番 S.155/2
5. 即興曲 (夜想曲) S.191
6.-10. 5つのピアノ小品 S.192
11. エレジー 第1番 S.196
12. エレジー 第2番 S.197
13. トッカータ S.197a
14. P-N夫人の回転木馬 S.214a
15. 忘れられたロマンス S.527
16. 眠られぬ夜、問いと答え S.203
17. 瞑想 S.204
18. 夢の中で - 夜想曲 S.207
19. 凶星! S.208

DECCA 476 4035
Recorded: 1968-1973

〔メモ〕
ラザール・レヴィやギレリスに師事したフランス・クリダの14枚組リスト作品集です。フィガロ紙の評論家ベルナール・ガヴォティにより彼女は「マダム・リスト」と呼ばれることになります。
この録音集は「条件を絞った」全集ということですが、その2つの条件というのはまず「パラフレーズやトランスクリプションは含まない」というもので、要するに編曲作品は含まないということなのですが、さらに「それがたとえ元々リスト作品のピアノ編曲でも」ということになってます。そういえばB.A.C.H.の幻想曲とフーガは正真正銘リストオリジナルの作品ですが、ここに収録されてないとなるとオルガン作品の編曲とみなされたということでしょうか?それを言ったら愛の夢とかペトラルカのソネットだって歌曲からの編曲作品なんだけどね(笑)。あともう1つの条件は「最終稿のみ」ということです。
大規模なリスト全集といえばグナー・ヨハンセンのものもありましたが、そちらはほとんど知られることもなかったので、このクリダによる全集はここまでいろいろな作品を収録しているのは当時としては画期的だったのではないでしょうか。多数の世界初録音を含んでいるとのことです。
演奏のほうはいまのところあまりピンときません。いや、もうすこしじっくり聴いてみたいと思います。

なおDisc.12の〔17〕はブックレットではサール番号S.241になっていますが、ハワードの全集で演奏しているS.241と別のものになっています。ハワードの全集ではS.693/2で演奏している作品といっしょで、そちらだと曲名は「ハンガリー風行進曲」になっています。

フランツ・リスト→ハンス・フォン・ビューロー→カール・H・バルト→ゲンリヒ・ネイガウス→エミール・ギレリス→フランス・クリダ

HMV : フランス・クリダ リスト作品集 icon
タワレコ : フランス・クリダ リスト作品集


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 02:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 24, 2010

来年はリスト生誕200年のリストイヤー

今年2010年も残すところあと僅かになりました。今年はみなさんご存じのようにショパンイヤー、シューマンイヤーでした。そして来年はついに1811年生まれフランツ・リストの生誕200年のリストイヤーになります。

100年前1911年のリストイヤーにはブゾーニがリスト作品のみの連続演奏会「リスト・ツィクルス」を開いたり、シェーンベルクが「フランツ・リスト その活動と本質(Franz Liszts Werk und Wesen)」という献辞を寄稿したりいろいろありました。

2011年には何が行われるか楽しみです。おそらくコンサートやCDリリースも活発になるのではと思います。すでにフランス・クリダやレスリー・ハワードの全集ボックスのリリースが決定しています。今から財布の中身が心配です(笑)。

コンサートに関しては最近あまり若手演奏家を聴いてないので、もし良さそうな若手のコンサートがあれば行きたいです。

CDに関してはCD化して欲しい音源や再発して欲しいものがたくさんあるので期待したいです。

あと書籍関連でも何か出ることを期待します。
とにかく楽しみです。


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 13:04|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

November 19, 2010

ピアノの本

昭和54年の本で「FM fan コレクション ピアノの本」というものを入手しました。こちらに紹介されていたリスト録音を見てみましょう。

オールソン/ピアノ協奏曲1番、2番
クリダ/ピアノ協奏曲1番、2番
ジャニス/ピアノ協奏曲1番、ハンガリー狂詩曲6番
アラウ/ロ短調ソナタ・孤独の中の神の祝福、他
アルゲリッチ/ロ短調ソナタ
ホロヴィッツ/ロ短調ソナタ
ベルマン/超絶技巧練習曲
アラウ/超絶技巧練習曲
シフラ/ハンガリー狂詩曲集
カンパネッラ/ハンガリー狂詩曲集
シドン/ハンガリー狂詩曲集
ワッツ/パガニーニ大練習曲
カンパネッラ/死の舞踏、ハンガリー幻想曲
クリダ/死の舞踏、ハンガリー幻想曲
ベルマン/巡礼の年
アラウ/ヴェルディパラフレーズ集
アシュケナージ/メフィストワルツ、超絶技巧練習曲
ベルマン/シューベルト歌曲編曲集
ホロヴィッツ/ハンガリー狂詩曲19番
デュシャーブル/愛の夢、メフィストワルツ、他
チッコリーニ/2つの伝説、愛の夢、他

以前も70年代の本を取り上げたことがありますが、やはりリストの名盤紹介となると大きく変わるものではありませんね。現在と違うところはミケーレ・カンパネッラとフランス・クリダが比較的多く取り上げられることくらいでしょうか。


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 17:34|PermalinkComments(0)TrackBack(1)