コレクター

January 13, 2006

ロシアピアニズム

佐藤泰一氏の著書で「ロシアピアニズムの系譜」というものが以前、音楽の友社からでていましたが、「ロシアピアニズム」とタイトルが若干変わり、再版されています。ヤングトゥリープレスという出版社です。再版にあたり、なんとメロディアのLPカタログが掲載されています。僕はLPを買ったことないんですが、誰がどんな録音をしているか、とか見ているだけでワクワクします。著者はショパンとスクリャービンのディスクコレクターとして有名な方です。この方は音楽の専門家ではないみたいで、だからこそアカデミックな視点というよりもオタッキーな視点で書かれています。そこがこの著書を魅力的にしていると思います。少し残念なのは(もしかしたら僕の勘違いかもしれませんが)この方、リストに対して愛着が全くないようです。
しかし、情報量が膨大でピアニスト史に興味のある方は避けて通れない著書だと思います。日本人でよかったわぁ(笑)。本一冊としては安い買い物ではないですが、それだけの価値はあります。

http://youngtreepress.net
こちらから直接通販もできるみたいです。


記事一覧(サイトマップ)



ミッチ at 18:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)