シューベルト

April 17, 2013

リストのややこしい事1 -アヴェ・マリア編-

フランツ・リストの作品(またその人生も)はややこしい事が多いです。リストのややこしい事をまとめて、少しでもわかりやすいようにしてみようと思います。

まず第1弾はアヴェ・マリアです。アヴェ・マリアと言えばシューベルトの歌曲やバッハの曲をグノーが編曲した歌曲が有名ですが、リストもいくつかアヴェ・マリアという曲を書いています。ここではピアノ独奏曲をまとめてみたいと思います。

● S.173/2 詩的で宗教的な調べ 第2番 アヴェ・マリア 
リストの代表的な曲集の一つと言える「詩的で宗教的な調べ」ですが、その第2曲がアヴェ・マリアというタイトルです。もともとは合唱曲ですが、それをピアノ独奏編曲したものです。チッコリーニの名演が心に響きます。
区別できるように呼称するなら「詩的で宗教的な調べのアヴェ・マリア」か「変ロ長調のアヴェ・マリア」でしょうか。

● S.182 アヴェ・マリア - ローマの鐘 
オリジナルのピアノ独奏曲。レーベルトとシュタルクによるピアノ教本「大ピアノ教程」のために作曲されたものです。あまり演奏される機会はありませんが、リヒテルやハフの録音があります。
区別するための呼称は「ローマの鐘」(これは副題です)か「ホ長調のアヴェ・マリア」ではないでしょうか。

● S.183/2 アルカデルトのアヴェ・マリア 
アルカデルトの曲を編曲したもの・・・と思いきや、この原曲は別人がアルカデルトの作風を模倣してでっち上げたもの。それをリストがピアノ独奏編曲したもの。
区別するための呼称は「アルカデルトのアヴェ・マリア」か「ヘ長調のアヴェ・マリア」とかでしょうか。

● S.504 アヴェ・マリア (Ⅱ) 
フランツ・リストによるモテット「アヴェ・マリアⅡ S.38」をピアノ独奏曲へ編曲したもの。第1稿と第2稿のふたつのバージョンがあり、第1稿はニ長調、第2稿は変ニ長調です。
区別するための呼称は「アヴェ・マリアⅡ」ですかね(Ⅱは「に」でも「ツー」でも「ツヴァイ」でもご自由に)。

● S.545 アヴェ・マリア (Ⅳ) 
フランツ・リストによる歌曲「アヴェ・マリアⅣ S.341」のピアノ独奏編曲です。ルディやハフの録音があります。
呼称は「アヴェ・マリアⅣ」か「ト長調のアヴェ・マリア」でしょうか(同じくⅣは「よん」でも「フォー」でも「フィア」でもご自由に)。

● S.558/12 アヴェ・マリア (シューベルト=リスト) 
ご存じのようにシューベルトの有名な歌曲「アヴェ・マリア (エレンの歌 第3番) D.839」をリストがピアノ独奏編曲したもの。編曲は第1稿(S.557d)と第2稿(S.558/12)のふたつのバージョンがあります。ベルマンによる感動的な名演があります。
呼称はそのまま「シューベルトのアヴェ・マリア」でいいでしょう。

関連記事: リストのややこしいこと2 -悲しみのゴンドラ編-  


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 18:21|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

October 08, 2012

レスリー・ハワード: リスト ピアノ作品全集 Disc.79

Leslie Howard
The Complete Liszt Piano Music
シューベルト & ウェーバー・トランスクリプション

Disc.79
1.-4. 幻想曲 (さすらい人) Op.15 〔指導版〕 S.565a (シューベルト)
5. 即興曲 Op.90/2 (変ホ長調) 〔指導版〕 S.565b/1 (シューベルト)
6. 即興曲 Op.90/3 (変ト長調) 〔指導版〕 S.565b/2 (シューベルト) 
7. バラ - シューベルトによる歌曲 〔中間稿〕 S.556i bis 
8. 祝祭序曲 - ピアノスコア S.576 (ウェーバー)
9. コンツェルトシュテュック S.576a (ウェーバー)
10. 華麗なるポロネーズ S.455 (ウェーバー) 

Recorded: 1997 

〔メモ〕
〔1〕~〔4〕シューベルトの「さすらい人幻想曲 D760」のリストによる校訂版。この作品の学習者に新たな示唆を与えるもの。通常校訂譜は編曲が加えられることはないが、リストはオッシアとして新たな選択肢を用意したり、追加パッセージを加えたりしている。よって「リスト編曲版」とみなしても問題はない。リストにとって重要な作曲技法「循環形式」を使用した先駆的作品であり、リストは非常に大きな影響を受けている。 〔5〕〔6〕シューベルトの「即興曲 D.899/2」「即興曲 D.899/3」のリストによる校訂版。リストによるオッシアが別の選択肢として提供されている。リストはシューベルトの即興曲を全曲校訂しているが、この2曲のみ編曲といえるほどの改編があったのでここに「リスト編曲版」として収録された。ちなみにD.899/3の方は19世紀にはト長調で演奏されることが多かった。リストの弟子エミール・フォン・ザウアーによる録音はト長調でこの「リスト校訂版」を演奏している。 〔7〕シューベルトの歌曲「バラ D.745」のリストによる編曲は第1稿(初稿)と第2稿(最終稿)しか知られていなかったが、後にリショー版に収録されたものがその2つの稿の「中間稿」であることが判明した。 〔8〕ウェーバーの「祝典序曲《歓喜》 Op.59」の忠実なトランスクリプション。原曲はフリードリヒ・アウグストⅠ世のザクセン王即位50周年記念祝典のために作られたもの。この編曲は長い間絶版だったが、新リスト全集にて復刻された。 〔9〕ウェーバーによるピアノとオーケストラの作品「小協奏曲 Op.79」のピアノ独奏編曲。 〔10〕ウェーバーによるピアノ独奏曲「華麗なるポロネーズ Op.72」をリストはピアノとオーケストラのピアノ協奏作品として編曲したが、その際に序奏を始め多くの追加部を含めているので、忠実な編曲とは言い難い。ここに収録されているものはそのリストによる協奏稿を基にピアノ独奏曲へ再度編曲している。(ややこしいわ(笑)) 




HMV : レスリー・ハワード リスト ピアノ作品全集
タワレコ : レスリー・ハワード リスト ピアノ作品全集 


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 23, 2012

世界の偉大なるピアノ音楽 第42巻

The Great Piano Music of the World 42

フランツ・シューベルト 4

gpm42

4つの即興曲 D.899 (シューベルト)
4つの即興曲 D.935 (シューベルト)

マリヤ・ユージナ

Melodiya DE 0162   

〔メモ〕
アネッテ・エシポフ門下としてプロコフィエフと同門、ブルーメンフェルト門下としてホロヴィッツと同門、ニコラーエフ門下としてソフロニツキーと同門のユージナです。いや別に他のピアニストを引き合いに出さなくとも独立して偉大なピアニストです。厳めしい演奏。


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 23:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 16, 2012

世界の偉大なるピアノ音楽 第41巻

The Great Piano Music of the World 41

フランツ・シューベルト 3

gpm41
※リンク先はアメリカのアマゾン(Amazon.com)です

ピアノソナタ 第21番 D.960 (シューベルト)* 
さすらい人幻想曲 D.760 (シューベルト)"

*ニコライ・ペトロフ
"ヴィクトル・メルジャーノフ 

Melodiya DE 0161   

〔メモ〕
ペトロフはソ連の重戦車というイメージが付き纏いますが、彼のシューベルトもなかなか詩情溢れる演奏です。メルジャーノフ教授のさすらい人幻想曲は威勢の良い演奏。

フランツ・リスト→ハンス・フォン・ビューロー→カール・H・バルト→ゲンリヒ・ネイガウス→ヤコフ・ザーク→ニコライ・ペトロフ
フランツ・リスト→アレクサンドル・ジロティ→アレクサンドル・ゴリデンヴェイゼル→タチアナ・ケストネル→ニコライ・ペトロフ
フランツ・リスト→アレクサンドル・ジロティ→アレクサンドル・ゴリデンヴェイゼル→サミュエル・フェインベルク→ヴィクトル・メルジャーノフ


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 23:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 09, 2012

世界の偉大なるピアノ音楽 第40巻

The Great Piano Music of the World 40

フランツ・シューベルト 2

gpm40
※リンク先はアメリカのアマゾン(Amazon.com)です

ピアノソナタ 第20番 D.959 (シューベルト)* 
楽興の時 D.780 (シューベルト)"

*アレクセイ・ナセトキン
"レオニード・クズミン

Melodiya DE 0160   

〔メモ〕
ナセトキンとクズミンのシューベルト。

フランツ・リスト→ハンス・フォン・ビューロー→カール・H・バルト→ゲンリヒ・ネイガウス→アレクセイ・ナセトキン
フランツ・リスト→カール・タウジヒ→アレクサンドル・ミハウォフスキ→ゲンリヒ・ネイガウス→アレクセイ・ナセトキン
フランツ・リスト→アレクサンドル・ジロティ→ニキタ・マガロフ→レオニード・クズミン
フランツ・リスト→ハンス・フォン・ビューロー→カール・H・バルト→ゲンリヒ・ネイガウス→ニーナ・スヴェトラーノワ→レオニード・クズミン


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 17:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 02, 2012

世界の偉大なるピアノ音楽 第39巻

The Great Piano Music of the World 39

フランツ・シューベルト 1

gpm39
※リンク先はアメリカのアマゾン(Amazon.com)です

ピアノソナタ 第19番 D.958 (シューベルト)*
ピアノソナタ 第16番 D.845 (シューベルト)"

*アレクセイ・ナセトキン
"マリヤ・グリンベルグ

Melodiya DE 0158   

〔メモ〕
シューベルト解釈に秀でたロシア・シューベルト協会の会長ナセトキンと名ピアニスト、グリンベルグ。こちらは第2シリーズの第9巻ですが、便宜上第39巻とさせていただきます。

フランツ・リスト→ハンス・フォン・ビューロー→カール・H・バルト→ゲンリヒ・ネイガウス→アレクセイ・ナセトキン
フランツ・リスト→カール・タウジヒ→アレクサンドル・ミハウォフスキ→ゲンリヒ・ネイガウス→アレクセイ・ナセトキン
フランツ・リスト→アレクサンドル・ジロティ→コンスタンティン・イグムノフ→マリヤ・グリンベルグ
フランツ・リスト→パウル・パブスト→コンスタンティン・イグムノフ→マリヤ・グリンベルグ


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 04, 2006

ハンガリーの音楽

ハンガリーの音楽について少し調べてみました。僕が参照した資料を訳してみると

“バルトークは、「東部および中東ヨーロッパの農民たちによる真の民謡」と「教養ある都市民による芸術音楽」は区別しなければならない、とその議題に関する多くのエッセイの内の一つにて正式に述べている。後者は紳士階級(※)のアマチュアによる産物でありジプシーバンドにより普及された。それらは素材の宝庫あるいは集大成であり、シューベルト、リスト、ブラームスが引用し、「ハンガリーの音楽」と国際的にみなされることとなった。”

※紳士階級というのは貴族の一つ下の階級だそうです。

ひとつわかったことは、僕は何も理解していなかったということです(笑)。

記事一覧(サイトマップ)



ミッチ at 07:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)