チッコリーニ

April 19, 2011

ALDO CICCOLINI: Enregistrements EMI

アルド・チッコリーニ

Enregistrements EMI 1950 - 1991

ciccolini emi

葬送曲 S.173/7<1956>
バラード 第2番 S.171<1956>
メフィストワルツ 第1番 S.514<1956>
愛の夢 第3番 S.541/3<1956>
巡礼の年 第1年 スイス S.160(全曲)<1954>
巡礼の年 第2年 イタリア S.161(全曲)<1954>
巡礼の年 第3年 S.163(全曲)<1954>
コンソレーション S.172(全曲)<1956>
巡礼の年 第1年 スイス S.160(全曲)<1961>
巡礼の年 第2年 イタリア S.161(全曲)<1961>
巡礼の年 第2年 補遺 ヴェネツィアとナポリ S.162(全曲)<1969>
巡礼の年 第3年 S.163(全曲)<1961>
詩的で宗教的な調べ S.173(全曲)<1968>
コンソレーション S.172(全曲)<1970>
2つの伝説 S.175(全曲)<1970>
愛の夢 S.541(全曲)<1971>
バラード 第1番 S.170<1970>
バラード 第2番 S.171<1970>
詩的で宗教的な調べ S.173(全曲)<1990>
イゾルデの愛の死 S.447 (ワーグナー=リスト)<1982>
《ファウスト》のワルツ S.407 (グノー=リスト)<1982>
《ルチア》と《パリジーナ》の動機による演奏会用ワルツ S.214/3 (ドニゼッティ=リスト)<1982>
《リゴレット》パラフレーズ S.434 (ヴェルディ=リスト)<1982>
《ボッカネグラ》の回想 S.438 (ヴェルディ=リスト)<1982>
《トロヴァトーレ》のミゼレーレ S.433 (ヴェルディ=リスト)<1982>
《アイーダ》 神前の踊りと二重唱 S.436(ヴェルディ=リスト)<1982>

EMI 50999 685824 2 5

〔メモ〕
チッコリーニがEMIに残した全録音集のCD56枚組です。上記の収録曲目はリスト作品のみの抜粋となります。チッコリーニはフランス音楽を得意とし、フランスに帰化したフランスピアノ界の重鎮です。このような経歴をみると、彼がフレンチ・ピアノ・スクールに属している生粋のフランスのピアニストのように思われますが(それも間違いではないけど)、彼のルーツはイタリアにあります。彼はイタリアが生んだ最高のピアニスト、フェルッチオ・ブゾーニ直系のピアニストです。チッコリーニの重要な師のうちの一人はブゾーニの高弟パオロ・デンツァです。このデンツァという人物の詳細はわかりませんが、「純潔なリスト的テクニックの専門家」とのことです。この「純潔なリスト的テクニック」というものが言葉ではわかりにくいかもしれませんが、デンツァの二人の弟子チッコリーニとフィオレンティーノのリスト演奏を聴くとなんとなく把握できるのではないでしょうか。
チッコリーニの演奏はオーソドックスで淀みが無いです。収録曲もバラード1番を録音したり、詩的で宗教的な調べを全曲録音したりと意欲的です。この中で特に素晴らしいのは1990年録音の詩的で宗教的な調べ全曲です。円熟というのはこういうことかという見本であり、1968年の旧録音と比べて美しさも深みも格段に増している「巨匠の音楽」です。

リスト以外でいうと、1991年のドビュッシーピアノ作品全集が素晴らしいと思いました。

フランツ・リスト→カール・タウジヒ→ベニアミーノ・チェージ→アレッサンドロ・ロンゴ→パオロ・デンツァ→アルド・チッコリーニ 

HMV:チッコリーニ EMI全集
icon
タワレコ:チッコリーニ EMI全集


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 23:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)