チャールダーシュ

May 21, 2016

Apparitions - Consolations - Csardas, etc J.Swann

ジェフリー・スワン 

Apparitions - Consolations - Csardas, etc J.Swann 

swann

1. 顕現 第1番 S.155/1
2. 顕現 第2番 S.155/2 
3.-8. コンソレーション S.172 (全曲) 
9. 死のチャールダーシュ S.224 
10. チャールダーシュ S.225/1 
11. 執拗なチャールダーシュ S.255/1
12.-18. ハンガリーの歴史的肖像 S.205 (全曲) 
19. ハンガリー狂詩曲 第5番 S.244/5 
20. ハンガリー狂詩曲 第12番 S.244/12 

AGORA AG 090 
Recorded: 1990 

〔メモ〕 
一時期はリスト弾きとして名を上げたこともあるジェフリー・スワンのご紹介です。彼はアレクサンドル・ウニンスキー、ベヴァリッジ・ウェブスター、ジョゼフ・ブロック、アデル・マーカスに師事しました。ディノ・チアーニコンクール1位、エリザベートコンクール2位などコンクールでも活躍しました。
当ディスクはフランスのモンペリエで行われたフェスティバルにおける彼のコンサートのライブ録音を集めたものです。ライブ録音ゆえにミスタッチも散見されますが、即興性や生き生きとしたモノも感じられます。また個性を発現させることを恐れず、野心的な解釈も見られます。全体的に面白く聴けます。そしてレパートリーも珍しいものが多く含まれ顕現、チャールダーシュやハンガリーの歴史的肖像などは録音される機会の少ない曲であり、そういう意味でもこれは面白いアルバムですね。

彼はこのアルバムの他にピアノ協奏曲全集、巡礼の年全集、超絶技巧練習曲全曲、メフィストワルツ全曲などの録音があります。

フランツ・リスト→テオドール・リテール→イシドール・フィリップ→ベヴァリッジ・ウェブスター→ジェフリー・スワン
フランツ・リスト→コンスタンティン・シュテルンベルク→オルガ・サマロフ→ジョゼフ・ブロック→ジェフリー・スワン


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 23:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

June 24, 2011

レスリー・ハワード: リスト ピアノ作品全集 Disc.21

Leslie Howard
The Complete Liszt Piano Music
舞曲 ・ 行進曲 1

Disc.21
1. スケルツォと行進曲 S.177
2. お気に入りの小ワルツ 〔第2稿〕 S.212ii
3. 華麗なるマズルカ S.221
4. 半音階的大ギャロップ 〔加筆稿〕 S.219
5. ギャロップ S.218
6. 祝祭ポロネーズ S.230a
  2つのチャールダーシュ S.225
7. チャールダーシュ
8. 執拗なチャールダーシュ 〔加筆稿〕
9. 死のチャールダーシュ S.224
10. メフィストポルカ 〔オッシア〕 S.217i
11. 祝祭前奏曲 S.226
12. ハンガリー様式の英雄行進曲 S.231
13. ハンガリー突撃行進曲 〔第2稿・コーダ異稿〕 S.524

Hyperion CDA66811/2
Recorded: 1992/1993

〔メモ〕
〔1〕知られざる大曲、難曲。リストは「クーラックもタウジヒもこの曲をうまく弾けなかった。弾きこなしたのはビューローだけ」と嘆いていた。リヒテル、ホロヴィッツが取り上げ近年注目されてきた。 〔2〕「即興ワルツ」(Disc.20)の前身。第1稿は出版社5社が販売し多くの収益を上げたが、この第2稿はなぜか1985年の新リスト全集まで出版されなかった。 〔3〕リスト唯一のオリジナルマズルカ。ショパンのマズルカが内省的なのに対し、この曲はより大衆向け。 〔4〕リスト自身がコンサート・ピアニスト時代に観客を盛り上げるために弾いていた作品。簡易稿やピアノ連弾稿あり。リストは追加パッセージを後にいくつか書いているが、ここでのハワードはそれらを含め、最も完全に近い形で演奏している。 〔5〕1927年に初版、1985年に異稿も含まれ再版。ここでのハワードの演奏は異稿のパッセージも含み演奏している。例えば異稿パッセージを演奏した後、繰り返しとして通常パッセージを演奏しているので、この一度の演奏で通常稿と異稿が同時に楽しめる構成になっている。 〔6〕「2つのポロネーズ」ほどの内容の充実度はない。質素な作品。 〔7〕〔8〕〔9〕ハンガリー狂詩曲と違い、ジプシー的というよりハンガリー的。バルトークを予見しているような作品群。〔7〕〔8〕の2曲でまとめて「2つのチャールダーシュ」と呼ばれることもある。 〔8〕ハワードの演奏は追加パッセージ付き。 〔9〕先進的な作品。自筆譜のタイトルの上に「こんなモノを書いたり、聴いたりしていいものだろうか?」というリスト自身の書き込みがある。バルトークはこの曲の出版準備をしていたが、結局その出版は実現しなかった。 〔10〕リストの弟子リナ・シュマルハウゼンのために作った作品。ハワードはオッシアを用いて演奏している。 〔11〕リストの自筆譜には「壮大な前奏曲」というタイトルもかかれている。アカデミックな行進曲。 〔12〕ポルトガル国王のために作られた。交響詩「ハンガリー」の原型。 〔13〕「第2ハンガリー行進曲」とも言われる。トラック〔12〕の続編として。第1稿はDisc.29に収録。

Disc.20へ 
Disc.22




HMV : レスリー・ハワード リスト ピアノ作品全集
タワレコ : レスリー・ハワード リスト ピアノ作品全集 


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 19:38|PermalinkComments(0)TrackBack(2)