ハスキル

September 25, 2012

20世紀の偉大なるピアニストたち -後記-

CDシリーズ「20世紀の偉大なるピアニストたち」の全100巻(CD200枚)を全て紹介し終わりました。

大したことは書いてませんが、完走したということで達成感があります(笑)。僕はちょうどCDを集め始めた頃にこのCDセットと出会い、ピアノ鑑賞の面白さにのめり込んでいきました。当時それほどリストに興味が無かった僕がリスト好きに変わったのも、このセットによる影響も大きいです。このような企画を実現してくれた、制作者たちに感謝したいと思います。

● データ
レーベル: フィリップス
スポンサー: スタインウェイ
発売: 1999年
巻数: 100巻 (CD200枚)
ピアニスト数: 72人
プロデューサー: トム・ディーコン
参加レーベル: Philips, DG, Decca, EMI, Sony Classical, BMG(RCA, Melodiya含む), Warner Music他
備考: このセットのドイツ版ではクララ・ハスキルのスカルラッティのソナタ集(Westminster録音)が収録された補巻があるそうです。

● 個人的に思うこと
ピアノファンたちが集まるフォーラムなどを覗いてみると、このセットに対して「○○が含まれてない。なんでだ!」とか、逆に「なんで××が含まれているんだ!」という文句も多くみられます。全ピアノファンを満足させるチョイスは不可能なので、それは仕方ないことだというのも理解できるのですが、できればラザール・ベルマンを含めて欲しかったです。過去のことをグチグチ言っても始まらないのですが、これだけは言いたい(笑)。もしベルマンが含まれていたら、おそらく1963年録音の超絶技巧練習曲の録音が含まれると思います。この超絶の音源は日本以外ではCDでリリースされたことありません。そういう意味でも、もしベルマンが含まれていたら意義深いことになったと思います。

● ピアニストの系譜
記事を読んでいただけると、お気づきになるかと思いますが、師弟関係を遡っていけばリストにつきあたるピアニストに限り「フランツ・リスト→~」と記述しました。72人のうち45人のピアニストが師弟関係を遡っていくとリストに辿りつきます。リストのピアノ教師としての影響力の大きさがうかがい知れます。この45人というのはもちろん「僕が知る限り」ですので、「少なくとも45人」と考えていただいてよいと思います。他には19世紀の偉大なピアノ教師だったレシェティツキの系譜に属するピアニストも多いですね。

● 今後
今後は記事を書き直したり、第1巻→第2巻→第3巻~と記事をリンクで繋げていきたいと思います。


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 22:51|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

July 31, 2011

Great Pianists of The 20th Century Vol.44

20世紀の偉大なるピアニストたち 44

クララ・ハスキル 2

great haskil 2

Disc.1
1. 《ああ、ママに言うわ》による12の変奏曲 K.265 (モーツァルト)<60>
2.-4. ピアノソナタ 第10番 K.330 (モーツァルト)<54>
5. デュポールの主題による9つの変奏曲 K.573 (モーツァルト)<54>
6.-8. ピアノソナタ 第2番 K.280 (モーツァルト)<60>
9.-12. ピアノソナタ 第18番 狩 Op.31/3 (ベートーヴェン)<60>

Disc.2
1.-3. ピアノソナタ 第17番 テンペスト Op.31/2 (ベートーヴェン)<60>
4. アベッグ変奏曲 Op.1 (シューマン)<51>
5.-17. 子供の情景 Op.15 (シューマン)<55>
18.-21. ピアノソナタ 第21番 D.960 (シューベルト)<51>

音源: Deutsche Grammophon, Philips
Philips 456 829-2

〔メモ〕
フォーレ、ブゾーニ、パデレフスキに称賛されたピアニストであるクララ・ハスキルです。ユダヤの家系に生まれたのでナチスの粛清から逃れるためにスイスへ向かったり、生来病弱であったりと色々な苦労も絶えませんでした。
クララの死の年に録音されたベートーヴェン2曲は彼女のヴィルトゥオーゾな側面と感受性豊かな側面が垣間見えます。彼女の演奏は集中力により音楽が凝縮し、それでいて清廉な音楽です。ここで「我らの時代の偉大なるピアニストたち」の著者ヨアヒム・カイザーの言葉を引用したいと思います。
“亡くなる1960年まで、クララ・ハスキルはピアニストたちのあいだで神聖視されていた。彼女のモーツァルト解釈は普遍的に人の心に訴えかけるものである。シューマンやブラームスの演奏は私にとってさらに説得力が強く感じ、さらに饒舌で美しい。肉体的苦痛による呪縛から逃れることができず、この奏者はいわば「はかなさ」という牢獄に捕えられていた。異常なほど没頭し、現実から距離を置いていた彼女の古典派、ロマン派の作品群は肉体が許すかぎりその極上の純粋さと芸術性をもって演奏された。モーツァルトのハ短調協奏曲、ブラームスのいくつかの間奏曲、さらにはシューマンの協奏曲も筆舌に尽くしがたい高潔さをもって彼女は演奏した。彼女の演奏に作為や虚勢はない。作品を掘り下げ、そこに潜む喜びや哀愁を理解するのだ。19世紀にヴィルトゥオーゾピアニストがひしめく中、なぜクララ・シューマンによるこの協奏曲の解釈が最高の栄誉を勝ちえたのかがわかるような気がする。”


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 21:10|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

July 24, 2011

Great Pianists of The 20th Century Vol.43

20世紀の偉大なるピアニストたち 43

クララ・ハスキル 1

great haskil

Disc.1
1.-3. ピアノ協奏曲 第20番 K.466 〔カデンツァ:ハスキル〕(モーツァルト)<60>"
4.-6. ピアノ協奏曲 第24番 K.491 〔カデンツァ:1.ハスキル, 3.マガロフ〕(モーツァルト)<60>" 
   ピアノ協奏曲 第13番 K.415 〔カデンツァ:マガロフ〕(モーツァルト)<60>* 
7. 第1楽章
8. 第2楽章

Disc.2
1. ピアノ協奏曲 第13番 K.415 第3楽章 (モーツァルト)<60>*
2. ピアノと管弦楽のためのロンド K.386 (モーツァルト)<54>!
3.-5. ピアノ協奏曲 第23番 K.488 (モーツァルト)<54>#
6.-8. ピアノ協奏曲 第27番 K.595 (モーツァルト)<57>$

"イーゴリ・マルケヴィチ指揮/コンセール・ラムルー管弦楽団
*ルドルフ・バウムガルトナー指揮/ルツェルン祝祭弦楽合奏団
!ベルンハルト・パウムガルトナー指揮/ウィーン交響楽団
#パウル・ザッヒャー指揮/ウィーン交響楽団
$フェレンツ・フリッチャイ指揮/バイエルン国立管弦楽団

音源: Deutsche Grammophon, Philips
Philips 456 826-2

〔メモ〕
リヒャルト・ロベルトやアルフレッド・コルトーに師事したハスキルです。彼女はブゾーニの前で演奏し、ブゾーニは彼女の才能を褒め称えたそうです。そしてブゾーニに彼の弟子になるよう提案されました(結局その師事が実現したかどうかは不明)。彼女は生来病弱で脳腫瘍の手術をしたり、肺炎を患ったり、心臓が弱かったりしました。
さてここでは彼女が最も得意とするモーツァルトの録音が集められています。彼女の演奏はピーンと張りつめた緊張感のようなものを感じます。その集中力の高まりにより純度の高い音楽を創り出しているようです。彼女は同じくピアニストのディヌ・リパッティと非常に親しい友人だったそうですが、そう言われればその純粋な音楽はリパッティと通ずるものがあるような気がします。

ちなみに彼女のレパートリーにリストの曲があまり見当たりませんが、未発表のプライベート録音に「小人の踊り」や「ブンテ・ライエ」(ダーヴィット=リスト)があるそうです。


記事一覧(サイトマップ)



ミッチ at 21:31|PermalinkComments(0)TrackBack(2)