ハンガリー幻想曲

August 31, 2016

FRANZ LISZT: The Piano Concertos

イェネ・ヤンドー

FRANZ LISZT: The Piano Concertos 

jando

Disc.1
1.-3. ピアノ協奏曲 第1番 S.124*
4.-9. ピアノ協奏曲 第2番 S.125*
10. ハンガリー幻想曲 S.123* 

Disc.2
1. さすらい人幻想曲 S.366 (シューベルト)*
2. ベートーヴェンのアテネの廃墟による幻想曲 S.122*
3. ベルリオーズのレリオによる交響的大幻想曲 S.120*

Disc.3 
1. 呪い S.121*
2. 華麗なるポロネーズ S.367 (ウェーバー)*
3. 《魔弾の射手》幻想曲 S.451 (ウェーバー)   
4. 死の舞踏 S.126ii* 

*アンドラーシュ・リゲティ指揮/ブダペスト交響楽団 

CAPRICCIO C7095
Recorded: c1990 

〔メモ〕 
ハンガリーのリスト音楽院でカタリン・ネメシュやパール・カドシャに師事したヤンドーによるリストの協奏曲集です。リストのピアノ協奏曲のまとまった録音といえばハワードの他にはベロフ、ロルティ、ピアースなどがありますが、ヤンドーもこのようにまとまった形で録音しています。彼は職人気質のピアニストであり、多くのレコード会社に非常に多くの録音を残しています。職人タイプの彼らしく高度な技術を持っています。自分の個性を推し出すのではなく、テンポ早目で元気ハツラツな演奏なのですが、解釈としては淡々としているようにも聴こえます。
ピアニストのレスリー・ハワードはリスト全集録音という偉業を達成しましたが、ヤンドーももしそのような機会があれば達成できたのではないかと思わせるほどの技術力があります。そしてレパートリーも非常に広いのでぜひフンガロトンで全集を達成していただきたかった! 

魔弾の射手幻想曲は別人の演奏でしょうか?

フランツ・リスト→オイゲン・ダルベール→エルンスト・フォン・ドホナーニ→シュテファニア・イムレ→カタリン・ネメシュ→イェネ・ヤンドー
フランツ・リスト→イシュトヴァン・トマーン→ケーリ=サーント・イムレ→カタリン・ネメシュ→イェネ・ヤンドー 
フランツ・リスト→イシュトヴァン・トマーン→ベラ・バルトーク→カタリン・ネメシュ→イェネ・ヤンドー
フランツ・リスト→イシュトヴァン・トマーン→アルノルド・セーケイ→パール・カドシャ→イェネ・ヤンドー 


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 18:32|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

January 10, 2012

マリヤ・グリンベルク ● リスト

マリヤ・グリンベルク 

リスト:ピアノソナタ / スペイン狂詩曲 / ハンガリー幻想曲 

grinberg liszt

1. ピアノソナタ S.178
2. スペイン狂詩曲 S.254
3. ハンガリー幻想曲 S.123* 

*エリク・クラス指揮/モスクワ放送交響楽団 

TRITON DMCC-24049 
Recorded: 1952/1951/1971 

〔メモ〕
ダヴィッド・アイスベルク(レシェティツキの弟子)やブルーメンフェルト、イグムノフに師事し、ベートーヴェン弾きとして知られていたグリンベルグです。このリスト演奏も素晴らしい出来栄えです。この力強さ、真っ向からの正々堂々、真剣勝負という気迫を感じます。ポリーニはリストの後期作品を現代音楽につながるものと位置づけました。そしてその後期作品の源流はロ短調ソナタにあるとしました。その一方でグリンベルグはこのソナタをベートーヴェンのピアノソナタの延長と捉えているかのような演奏です。“演奏は女性らしく叙情的で、移り気だが、それと同時に、女性らしくなくヴィルトゥオーゾ的である。”と解説にありますが、なかなか的を射た言葉だと思います。スペイン狂詩曲、ハンガリー幻想曲も同様に非常に堂々とした構えをみせていて力強く、真に感動的です。

ちなみにグリンベルグの他のレパートリーも掲載されていたのでこちらに記しておきます。「いわゆるダンテ・ソナタを加えて二つのソナタと12の練習曲、6つの狂詩曲とメフィスト・ワルツ、そしてシューベルトの歌曲のトランスクリプションである」。これらも録音があるのなら聴いてみたい。シューベルトの歌曲とワーグナー、シューマン、バッハ編曲などはCD化されていました。

フランツ・リスト→アレクサンドル・ジロティ→コンスタンティン・イグムノフ→マリヤ・グリンベルク 


記事一覧(サイトマップ)



ミッチ at 19:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)