パイク

April 24, 2016

LISZT - POULENC - DEBUSSY - SATIE: Kun Woo Paik

クン・ウー・パイク 

LISZT - POULENC - DEBUSSY - SATIE: Piano works 

paik

Disc.1 
1. メフィストワルツ 第1番 "村の居酒屋での踊り" S.514
2. ヴァレンシュタットの湖で S.160/2 
3. 泉のほとりで S.160/4 
4. B.A.C.Hの主題による幻想曲とフーガ S.529ii 
5. 愛の夢 第3番 S.541/3 
6. ハンガリー狂詩曲 第12番 S.244/12 
7. エステ荘の噴水 S.163/4 
8. 孤独の中の神の祝福 S.173/3 

Disc.2 
1. 夜想曲 第1番 FP56/1 (プーランク) 
2. 夜想曲 第5番 FP56/5 (プーランク) 
3. 夜想曲 第6番 FP56/6 (プーランク) 
4. プレスト FP70 (プーランク) 
5. 即興曲 第10番 FP63/10 (プーランク) 
6. 即興曲 第12番 FP63/12 (プーランク) 
7. 即興曲 第15番 FP63/15 (プーランク) 
8. 間奏曲 第2番 FP71/2 (プーランク) 
9.-11. ピアノのために (ドビュッシー) 
12. グノシエンヌ 第4番 (サティ) 
13. グノシエンヌ 第5番 (サティ) 
14. オジーヴ 第1番 (サティ) 
15. オジーヴ 第2番 (サティ) 
16. 自動記述法 第1番 (サティ) 
17. 自動記述法 第2番 (サティ) 
18. あらゆる意味にでっちあげられた数章 第1楽章 (サティ)
19. 太った木製人形のスケッチとからかい 第3番 (サティ) 
20. ひからびた胎児 第2番 (サティ) 
21. ひからびた胎児 第3番 (サティ) 
22. 月の光 (ドビュッシー) 
23.-25. 3つの無窮動 FP14 (プーランク)   
26.-28. 3つのジムノペディ (サティ) 

Virgin Classics 7243 5 61757 2 3 
Recorded: 1990 

〔メモ〕 
韓国を代表する現代の名匠パイクのリスト集とフランスピアノ音楽集のカップリングアルバムのご紹介です。ジュリアード音楽院で名教師ロジーナ・レヴィーンに学び、その後イロナ・カボシュ、ヴィルヘルム・ケンプ、グイド・アゴスティに師事しました。リスト直系ピアニストやブゾーニ直系ピアニストは素晴らしいリスト作品演奏をすることが多いですが彼もその一人です。カボシュとケンプはリスト直系ピアニストであり、アゴスティはブゾーニの弟子です。以前ハフのCDを紹介した際にも似たようなことを言ったのですが、ヴァージン・クラシックスが選ぶピアニスト達は実力派が多いですね。アンスネス、プレトニョフ、ハフ、デュシャーブル、アンデルジェフスキなどですが、パイクは彼らに負けず劣らずの実力派です。
高い技巧を要求される曲に対しては素直にその技巧力を発揮し、筋肉質な演奏をします。全体的に過度な味付けはなく、表情は穏やかです。なのでどんなに超絶技巧を発揮しても嫌味な部分はありません。巡礼の年などの楽曲では穏やかで洗練性のある演奏をしています。その研ぎ澄まされた洗練性も彼の高度な技術があるからこそ実現できたものでしょう。彼のその洗練性はフランス音楽にも遺憾なく発揮されています。

ちなみにこのCDの収録曲に「バッハ変奏曲」が含まれているかのように書いてありますが、それは「BACHの幻想曲とフーガ」の誤りです。

フランツ・リスト→アールパード・センディ→イロナ・カボシュ→クン・ウー・パイク 
フランツ・リスト→ハンス・フォン・ビューロー→カール・H・バルト→ヴィルヘルム・ケンプ→クン・ウー・パイク


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 00:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)