ピアノソナタ

October 01, 2016

ピアノソナタ S.178



ピアノソナタ S.178 / Sonate S.178 

〔楽曲メモ〕 
リストのピアノ作品の最高峰であるピアノソナタです。「ロ短調ソナタ」とも呼ばれます。リストにとって唯一の正式なピアノソナタです。1851年から1853年にかけて作られたものです。シューマンが彼の傑作である「幻想曲 Op.17」をリストへ献呈した返礼として、リストはこの大ソナタをシューマンへ献呈しました。シューマンはこの曲に熱中することはなかったらしく、時の批評家ハンスリックはこの曲を酷評しましたが、ワーグナーは「あらゆる概念を超越してこのソナタは美しく、偉大で、愛らしく、深遠で、気高い - まるであなたのように」という最大の賛辞を贈っています。ワーグナーはこの曲をリスト自身の音楽的肖像だと考えていたようです。1857年1月22日にリストの弟子で偉大なピアニストであるハンス・フォン・ビューローが初演し成功を収めました。過去にはリストの管弦楽曲の最高峰「ファウスト交響曲 S.108」に倣い「ファウストソナタ」というあだ名を付けられたこともあり、アレグロ・エネルジーコ部をファウスト、アンダンテ・ソステヌート部をグレートヒェン、フガート部をメフィストフェレスと解釈する人もいました。

〔名演〕 
この曲はピアノ作品の傑作ということで多くの名ピアニストたちが録音しています。僕がとりあえずみなさんに聴いていただきたいのはアラウ(Decca)の1970年の録音になります(上の動画)。ワーグナーが指摘したようにこの曲はいろいろな要素を含みます。このアラウの名演が高貴さ愛らしさ深さ美しさなどを総合的に表現していると僕は感じます。
他に好きな演奏としてはマルタ・アルゲリッチ(DG)のものがあります。これは彼女が何かに取り憑かれたかのような演奏であり、超常現象のような超越的名演です。
他にはコルトー、ホロヴィッツ、ベルマン、フィオレンティーノ、ブレンデル、ボレット、シフラ、ギレリス、リヒテル、ソフロニツキー、ワッツ、ツィマーマン、エマールなどいろいろな名演があり、挙げていけばキリがありません。これらの違いを聴くことも楽しみのひとつです。


記事一覧(サイトマップ)


ミッチ at 21:56|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

May 27, 2011

レスリー・ハワード: リスト ピアノ作品全集 Disc.17

Leslie Howard
The Complete Liszt Piano Music
ソナタ ・ エレジー ・ コンソレーション ・ グレートヒェン ・ 死の舞踏

Disc.17
1.-13. ピアノソナタ S.178
14. エレジー 第1番 S.196
15. エレジー 第2番 S.197
  コンソレーション - 6つの詩的瞑想 S.172
16. 第1番
17. 第2番
18. 第3番
19. 第4番 - シュテルン・コンソラシオン (マリア・パヴロヴナ大公妃の主題による)
20. 第5番
21. 第6番
22. グレートヒェン - ファウスト交響曲 第2楽章 〔ピアノ独奏稿〕 S.513
23. 死の舞踏 〔ピアノ独奏稿〕 S.525

Hyperion CDA66429
Recorded: 1990

〔メモ〕
〔1〕~〔13〕フランツ・リストのピアノ作品の最高傑作。通称「ロ短調ソナタ」。多重構造の単一楽章。シューマンが「幻想曲Op.17」をリストへ献呈した返礼としてシューマンへ献呈。初演はリストの弟子ビューロー。リストの弟子カール・クリントヴォルトがこれを演奏した際にワーグナーが聴き、リストへ「あらゆる概念を超越してこのソナタは美しく、偉大で、愛らしく、深遠で、気高い - まるであなたのように」という手紙を送った。 〔14〕マリー・ムハノフの追悼演奏会のために作られた作品。チェロとピアノ稿やヴァイオリンとピアノ稿などさまざまな稿がある。第1稿である「墓場の子守歌」はDisc.26に収録。 〔15〕リナ・ラーマンへの感謝を込めて作られた作品。音楽学者ウィリ・アーペルはこの曲を特筆に値する立派な作品としている。こちらもさまざまな稿がある。関連作品「ラーマン・エレジーの草稿」はDisc.26に収録。ケントナーやフィオレンティーノの録音あり。 〔16〕~〔21〕美しい小品集。タイトルはサント=ブーヴの詩集「コンソラシオン」より。タイトルは「慰め」とも訳される。フリードリヒ・ニーチェが非常に愛した曲集として有名で、彼は「今日はリストのコンソレーションをかなり演奏した。これらの音が私の中へ深く染み入ることを感じ、私の中で精神的共鳴を起こした」と書き残している。この曲集の初期稿はDisc.26に収録。 〔18〕非常に人気のある作品で単独で取り上げられることも多い。 〔19〕別名「星のコンソレーション」。初版の楽譜に六芒星が付いている。 〔22〕ピアノ作品の頂点が「ロ短調ソナタ」とするなら管弦楽作品の頂点は「ファウスト交響曲」。そのファウスト交響曲の第2楽章をピアノ独奏曲としたもの(第1、第3楽章はピアノ独奏編曲していない)。ゲーテの「ファウスト」の登場人物グレートヒェンの音楽的肖像。非常に美しい旋律で綴られている。 〔23〕ピアノとオーケストラの協奏的作品として有名な作品のピアノ独奏編曲。グレゴリオ聖歌「怒りの日」を主題とする変奏曲形式。ちなみに近年フィギュアスケートでよく使用される。ピアノ協奏稿の最終稿はDisc.95に収録。

「標題音楽(プログラム・ミュージック)の旗手」であったリストの最高傑作が、絶対音楽の象徴のようなソナタというのは面白い事実です。それからリストの「ロ短調ソナタ」が単一楽章で、シューマンの「幻想曲Op.17」がソナタ風の3楽章なのも面白い。

コンソレーションに関しては、もとがサント=ブーヴの詩なので「コンソラシオン」とフランス語風に呼称したほうが良さそうですが、「コンソレーション」と英語風の読み方が定着しているのでそれに従います。

Disc.16へ 
Disc.18へ 




HMV : レスリー・ハワード リスト ピアノ作品全集
タワレコ : レスリー・ハワード リスト ピアノ作品全集 


記事一覧(サイトマップ)



ミッチ at 19:16|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

February 03, 2011

リストの定盤

名盤紹介などの本で頻繁に紹介されるリストの名盤、定盤をまとめてみましょう。定盤という日本語はないですが、定番と名盤をかけあわせた造語と考えてください。定盤となるにはある程度流通してるものになるので、当然ほとんどが大手レーベルの有名ピアニストになります。

リヒテルの2つの協奏曲
コンドラシンとの共演でフィリップスが出してたものです。定番中の定番。演奏も文句なし。

ベルマンの超絶技巧練習曲
1963年のメロディア音源です。アラウの名盤もありますが、紹介される頻度はこちらが多いです。Victor盤は廃盤なので、入手したい場合はVenezia盤がいいでしょう。(ただ若干ピアノの音が不自然で録音が残念)

ワッツのパガニーニ大練習曲
Sony盤の旧録とEMI盤の新録があり、どちらもよく紹介されます。頻度としては新録の方がよく紹介される印象です。演奏も王道で素晴らしい。 

シフラのハンガリー狂詩曲
EMIの録音で言うと、モノラルの旧録(1番~15番)と、ステレオの新録(1番~16番、19番)の2種類があります。どちらもよく紹介されますが、個人的には音は悪いけど旧録のほうがしっくりきます。

上記4点は「もう殿堂入りにしてもいいんじゃないか?」というくらい頻繁に紹介されます。
----------
その他票が割れるものに以下のようなものがあります。

● ロ短調ソナタ
アルゲリッチホロヴィッツアラウなどがよく挙げられるでしょう。アラウのフィリップスへのスタジオ録音は2種類あり、1970年の旧録の方がよくおすすめされる傾向にあります。

● 巡礼の年
ブレンデル(第1年、第2年、第3年抜粋)、ボレット(第1年、第2年、第2年補遺、エステ荘の噴水)、ベルマン(完全全曲)などに票がわかれます。どれも甲乙つけがたい。

● 詩的で宗教的な調べ
それからリストの代表的な曲集といえば他に「詩的で宗教的な調べ」がありますが、最近は増えてきたとはいえ、以前はなかなか全曲盤が発売されませんでした。なのでこの曲集の定盤と呼べるものはありません。チッコリーニの1990年の新録を国内版、輸入版問わず頻繁に流通させておけば定盤になりえたかもしれないのに…。この音源は現在でも5枚組ボックスや56枚組ボックスなどでしか売ってないので、単独で買えません。新録の方はCD1枚に収録できないという点も、発売を妨げてた理由かもしれないですね。旧録は単独で売られていましたが音が悪い。


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 18:46|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

November 11, 2010

Legendary Performances Vol.4

マルタ・アルゲリッチ

Electricity in the air

「その空間いっぱいに広まる緊張感」というリストの演奏への賛辞を読んだことがあります。言うまでもなく、19世紀を生きたフランツ・リストの演奏の録音は存在しません。リスト好きの人間にとって、フランツ・リスト本人がどのような演奏をしていたか、本を眺めながら思いに馳せるのは楽しいものです。そして、それぞれのリスト像があるかと思いますが、マルタ・アルゲリッチの演奏する「ピアノ・ソナタロ短調」は僕にとってリストの演奏はこのようなものだったのではないかというリスト像にピッタリとあてはまります。出だしの一音から尋常ならざる空気感がある。ピアノの音に電流が宿っているかのような緊張感がある。怒り狂う感情のうねりとほとばしる情熱、しかしながら全体のプロポーションは崩れていない。その瞬間ごとに聴くと、その都度おもむくままの感情を音楽にぶつけているように聴こえますが、全体をみると統一感がある。これは計算をしてやっているのか、天性に従った結果そうなったのかは僕にわかるはずはありません。天才ピアニスト、マルタ・アルゲリッチ、僕はこの演奏になにか恐ろしいものを感じました。これは超常現象のようなものです。

ちなみにカップリングとしてシューマンのソナタ第2番が収録されていますが、そちらも絶品です。


記事一覧(サイトマップ)



ミッチ at 19:16|PermalinkComments(0)TrackBack(2)