ブレンデル

September 13, 2016

ブレンデルは語る -リストについて-

ブレンデルのリストについてのコメントをご紹介します。

"ロマン派におけるピアノの天子であり、宗教的ピアノ作品の創始者でもある。音楽的巡礼の編者であり、トランスクリプションやパラフレーズの飽くなき熟達者でもある。近代音楽の急進的先駆者であり、セザール・フランク、スクリャービン、ドビュッシー、ラヴェル、メシアン、リゲティの音楽的源泉でもある。

リストのピアノ音楽を深く知れば、彼が至高のピアノ芸術家であることが実感できるであろう。これは彼のピアニスティックな超絶的技術の話をしているのではなく、表現力の到達点のことを言っているのだ。シューマンが述べたように「表現の天才」であるリストのみが、ピアノが表現しうるどこまでも続く水平に光を照らすことができるのだ。ここでペダルが非常に重要なモノとなることは言うまでもない。

ロ短調ソナタ、巡礼の年、"泣き、嘆き、憂い、おののき"変奏曲、悲しみのゴンドラ、そして上質ないくつかのエチュードなどを例に出すに留めるが、リストの傑出したピアノ作品群はショパンやシューマンらの代表作と比肩しうると私は考えている。ロ短調ソナタについてはそのオリジナリティ、大胆さ、表現力の幅により、ベートーヴェンとシューベルト以降に書かれたこの類の作品全てを凌駕しているのだ。

今日リストの作品は過度なスピードで演奏されている。それ自体を目的とした技巧的な豪華絢爛さはリストにふさわしくない。また一見耳障りの良いものや、なよなよとしたものは避けなければならない。ヴィルヘルム・ケンプによる1950年録音の伝説第一番「小鳥に説教するアッシジの聖フランチェスコ」が極上のクオリティによる詩的なリスト演奏を体現しているのだ。"

外部リンク: the guardian / An A-Z of the piano: Alfred Brendel's notes from the concert hall 

〔メモ〕 
この文章からブレンデルのリストへの敬愛がとても強く感じられます。そしてリストに対する誤解を少しでも解こうという彼の気持ちがのぞけるような気がします。ブレンデルが最も多く取り上げた作曲家はモーツァルト、ベートーヴェン、シューベルトそしてリストです。リストはワーグナーと共に新ドイツ楽派と言われています。ブレンデルはリストをドイツ・オーストリア圏の作曲家として扱っているような印象を受けます。「ハンガリー出身のロマン派の作曲家」という見方ではなく「ベートーヴェンやシューベルトの精神を受け継ぐ作曲家」という観点を持っているのではないでしょうか。観点の違いによりリストの音楽への接し方が変わってくると思います。

関連記事: シェーンベルク「フランツ・リスト その活動と本質」 
関連記事: バルトークは語る -リストの先進性- 
関連記事: ラヴェルは語る -リスト作品の欠陥- 
関連記事: ブゾーニは語る -リストという木- 
関連記事: アンスネスは語る -リスト録音- 


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 01:53|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

February 14, 2012

Famous Piano Works

アルトゥール・ピツァロ
アルフレート・ブレンデル 
アール・ワイルド

Famous Piano Works

famous piano works

Disc.1
1.-6. ピアノソナタ S.178 
7. ペトラルカのソネット 第47番 S.161/4
8. ペトラルカのソネット 第104番 S.161/5
9. ペトラルカのソネット 第123番 S.161/6
  2つの伝説 S.175  
10. 第1番 小鳥に説教するアッシジの聖フランチェスコ
11. 第2番 波を渡るパオラの聖フランチェスコ 〔ブゾーニ編〕

アルトゥール・ピツァロ 

Disc.2
1. ハンガリー狂詩曲 第15番 ラーコーツィ行進曲 S.244/15
2. ハンガリー狂詩曲 第3番 S.244/3
3. ハンガリー狂詩曲 第2番 〔カデンツァ付〕 S.244/2
4. ハンガリー狂詩曲 第13番 S.244/13
5. ハンガリー狂詩曲 第8番 S.244/8
6. ハンガリー狂詩曲 第17番 S.244/17
7. 執拗なチャールダーシュ S.225/2 

アルフレート・ブレンデル 

Disc.3
1. 《悪魔のロベール》の回想 S.413 (マイアベーア=リスト)
2. 小人の踊り S.145/2
3. メフィストポルカ S.217
4. メフィストワルツ 第1番 〔コーダ:ワイルド〕 S.514
5. 《ドン・ジョヴァンニ》の回想 S.418 (モーツァルト=リスト) 
6. 《ファウスト》のワルツ S.407 (グノー=リスト)

アール・ワイルド 

Brilliant Classics 99273
Recorded: ?  

〔メモ〕
廉価レーベルのブリリアントクラシックスによるリスト集3枚組です。音源はCollins ClassicsとVanguard Classicsのものです。

● アルトゥール・ピツァロ
ピツァロはピアニストの系譜としてはポルトガル・リスト楽派に属します。リストの弟子たち第1世代はビューロー、タウジヒ、クリントヴォルトなどですが、その次の世代(第2世代)はダルベール、ザウアー、ジロティなどに代表されます。そしてその第2世代ではホセ・ヴィアンナ・ダ・モッタもリストの優秀な弟子のひとりで、彼はブゾーニの親友でもありました。話を戻すとピツァロはこのダ・モッタ直系のピアニストです。ピツァロの演奏は粘り気や弾力性のある演奏。伝説第2番はブゾーニ編曲を織り交ぜて演奏しています。
フランツ・リスト→ホセ・ヴィアンナ・ダ・モッタ→カンポス・コエルホ→アルトゥール・ピツァロ 
フランツ・リスト→ホセ・ヴィアンナ・ダ・モッタ→セケイラ・コスタ→アルトゥール・ピツァロ

● アルフレート・ブレンデル
リストの系譜とブゾーニの系譜に属するブレンデルの折り目正しいハンガリー狂詩曲です。執拗なチャールダーシュの録音は当時としては珍しかったのではないでしょうか?
フランツ・リスト→ベルンハルト・シュターヴェンハーゲン→ルトヴィカ・フォン・カーン→アルフレート・ブレンデル
フランツ・リスト→マルティン・クラウゼ→エトヴィン・フィッシャー→アルフレート・ブレンデル
フランツ・リスト→コンラート・アンゾルゲ→エデュアルト・エルトマン→パウル・バウムガルトナー→アルフレート・ブレンデル

● アール・ワイルド
ペトリの弟子でブゾーニ直系のピアニストであるワイルドのリスト集です。個人的にはワイルドが最も脂の乗った時期の録音だと思います。悪魔のロベールが特に素晴らしいです。真のエンターテイナー。
フランツ・リスト→オイゲン・ダルベール→セルマー・ジャンセン→アール・ワイルド


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 17:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 18, 2011

The Christmas Tree - Alfred Brendel

アルフレート・ブレンデル 

Weihnachtsbaum / L'arbre de Noël / The Christmas Tree 

brendel christmas

  クリスマスツリー S.186
1. プサリテ - 古きクリスマスの歌
2. おお、聖なる夜
3. 飼葉桶のかたわらの羊飼い
4. 東方三博士の行進
5. スケルツォーソ
6. カリヨン
7. まどろみの歌
8. 古きプロヴァンスのクリスマスの歌
9. 夕べの鐘
10. 昔々
11. ハンガリー風
12. ポーランド風

XXI-21 Records XXI CD 2 1445 
Recorded: 1951 

〔メモ〕
アルフレート・ブレンデルの記念すべきデビュー録音であるリストのクリスマスツリー全曲盤です。デビュー録音がクリスマスツリーとは極めて異例ではないでしょうか。おそらくこのCDはSPAレーベルのLPからの板起こしかと思われます。例えばブレンデルが後年フィリップスレーベルに残したリスト作品の録音群も全体的に素晴らしい出来ですが、時には考え過ぎ、時には神経質すぎる側面もあり息苦しく感じる時もあります。それはブレンデルの演奏に哲学的な深みがあるからだと思いますが、対照的にこの若き日の録音では無邪気なブレンデルの演奏を聴くことができます。まさに「子供の戯れ」のような演奏であり、しかしだからといって恣意的になることなく全体を仕上げているのはさすがブレンデルです。ブレンデルはコルトーのリスト録音を高く評価していましたが、ここではコルトーの影響も垣間見えるような気がします。

ちなみにこのCDは現在入手状況がどうなのかわかりませんが、同じ音源の復刻をRegisというレーベルが行っていて今年発売されました。しかもカップリングでパガニーニ練習曲なども収録されていてお得です。

フランツ・リスト→ベルンハルト・シュターヴェンハーゲン→ルトヴィカ・フォン・カーン→アルフレート・ブレンデル
フランツ・リスト→マルティン・クラウゼ→エトヴィン・フィッシャー→アルフレート・ブレンデル 
フランツ・リスト→コンラート・アンゾルゲ→エドゥアルト・エルトマン→パウル・バウムガルトナー→アルフレート・ブレンデル

HMV: ブレンデルのクリスマスツリー icon
タワレコ: ブレンデルのクリスマスツリー

関連記事: ALFRED BRENDEL EDITION -LISZT PIANO WORKS- 


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 19:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 19, 2010

Great Pianists of The 20th Century Vol.14

20世紀の偉大なるピアニストたち 14 

アルフレート・ブレンデル 3

brendel great 3

Disc.1
1. 厳格な変奏曲 Op.54 (メンデルスゾーン)<89>
2.-3. コンツェルトシュテュック Op.79 (ウェーバー)<79>"
4.-6. ピアノ協奏曲 第1番 Op.15 (ブラームス)<86>*

Disc.2
1. ポロネーズ 第5番 Op.44 (ショパン)<68>
2. オーベルマンの谷 S.160/6 (リスト)<81>
3. 嵐 S.160/5 (リスト)<86>
4. 死の舞踏 S.126 (リスト)<72> #
5. 婚礼 S.161/1 (リスト)<72>
6. 調性のないバガテル S.216 (リスト)<72>
7. ハンガリー狂詩曲 第15番 ラコッツィ行進曲 S.244/15 (リスト)<?>
8. 悲しみのゴンドラ I S.200/1 (リスト)<81>
9. トッカータ (ブゾーニ)<79>

"クラウディオ・アバド指揮/ロンドン交響楽団
*クラウディオ・アバド指揮/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
#ベルナルト・ハイティンク指揮/ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団

音源: Philips, BBC, Vanguard Classics
Philips 456 733-2

〔メモ〕
ベートーヴェン以後のドイツ音楽界はブラームスに代表される「ドイツ保守派」とリスト、ワーグナーに代表される急進派である「新ドイツ楽派」の2つに分かれ、その両派は対立することになります。ここでのDisc.1とDisc.2の対比はその対峙を垣間見るような興味深いプログラムです。
ブレンデルはドイツピアニズムの伝統を受け継いでいると言ってもいいかもしれませんが、出身は北部モラヴィアで多くの民族の血が流れているそうです。だからというわけではないでしょうが、彼のピアノ演奏にはハイブリッドな複雑性があり、例えばラコッツィ行進曲のようなヴィルトゥオーゾピースにも、先進的な語法の悲しみのゴンドラにも見事に対応してみせます。
これら収録曲の中で僕が特に素晴らしいと思うのはブラームスの第1協奏曲です。ありとあらゆる意味で美しく高貴な演奏です。この演奏を聴かずしてこの曲は語ってはいけません。

ちなみにいくつかはライブ録音であり、特に婚礼と調性のないバガテルのライブ録音は貴重です。

フランツ・リスト→ベルンハルト・シュターヴェンハーゲン→ルトヴィカ・フォン・カーン→アルフレート・ブレンデル
フランツ・リスト→マルティン・クラウゼ→エトヴィン・フィッシャー→アルフレート・ブレンデル
フランツ・リスト→コンラート・アンゾルゲ→エデュアルト・エルトマン→パウル・バウムガルトナー→アルフレート・ブレンデル


記事一覧(サイトマップ)



ミッチ at 16:29|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

December 12, 2010

Great Pianists of The 20th Century Vol.13

20世紀の偉大なるピアニストたち 13

アルフレート・ブレンデル 2

brendel great 2

Disc.1
1.-5. ピアノソナタ 第29番 ハンマークラヴィア Op.106 (ベートーヴェン)<95>
6.-11. 6つのバガテル Op.126 (ベートーヴェン)<84>
12.-22. サリエリ-ファルスタッフ-まさにそのとおりによる変奏曲 WoO73 (ベートーヴェン)<63>

Disc.2
1.-33. ディアベッリの主題による変奏曲 Op.120 (ベートーヴェン)<76>
34.-36. ピアノソナタ 第32番 Op.111 (ベートーヴェン)<95>

音源: Philips, Vox
Philips 456 730-2

〔メモ〕
ブレンデルはベートーヴェンのピアノソナタ全集を3度も完成させるほど、ベートーヴェンに熱心に取り組んでいたピアニストです。リストの系譜に属することは、すなわちツェルニーを通じてベートーヴェンの系譜に属していることにもなります。
ブレンデルの演奏は自在な表現、ウィットやユーモアを含み、それを美音で丁寧に仕上げています。非常に間口が広く、多くの人がすんなり入っていけるのではないでしょうか。そういう意味でベートーヴェンをあまり聴かない人にもおすすめできます。
白眉はなんといってもディアベッリ変奏曲でしょう。ブレンデル本人曰く「the greatest of all piano works(全てのピアノ作品のなかで最も偉大な作品)」とのことです。変奏ごとにコロコロ変わるその性格に機微に対応した名演です。僕は幸運にも以前ブレンデルが来日した際に、ディアベッリ変奏曲の実演を聴くことができました。あの時の感動は一生忘れません。

フランツ・リスト→ベルンハルト・シュターヴェンハーゲン→ルトヴィカ・フォン・カーン→アルフレート・ブレンデル
フランツ・リスト→マルティン・クラウゼ→エトヴィン・フィッシャー→アルフレート・ブレンデル
フランツ・リスト→コンラート・アンゾルゲ→エデュアルト・エルトマン→パウル・バウムガルトナー→アルフレート・ブレンデル


記事一覧(サイトマップ)



ミッチ at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

December 05, 2010

Great Pianists of The 20th Century Vol.12

20世紀の偉大なるピアニストたち 12

アルフレート・ブレンデル 1

brendel great 1

Disc.1
1.-3. ピアノソナタ 第53番 Hob.XVI:34 (ハイドン)<84> 
4.-5. ピアノソナタ 第54番 Hob.XVI:40 (ハイドン)<85> 
6.-7. ピアノソナタ 第56番 Hob.XVI:42 (ハイドン)<84>
8.-10. ピアノソナタ 第62番 Hob.XVI:52 (ハイドン)<85>
11. 幻想曲 K.475 (モーツァルト)<91>

Disc.2
1.-4. 即興曲 Op.90 D.899 (全4曲)(シューベルト)<88>
5.-8. 即興曲 Op.142 D.935 (全4曲)(シューベルト)<88>
9. 幻想小曲集 第1曲 夕べに Op.12/1 (シューマン)<82>
10. 幻想小曲集 第3曲 なぜに? Op.12/3 (シューマン)<82>
11. 幻想小曲集 第5曲 夜に Op.12/5 (シューマン)<82>
12. 幻想小曲集 第8曲 歌の終わり Op.12/8 (シューマン)<82>

音源: Philips, Czech Radio
Philips 456 727-2

〔メモ〕
リスト直系のピアニストであり、またエドゥアルト・シュトイアーマンを通じてブゾーニ直系のピアニストでもあるブレンデルです。彼はブゾーニコンクールに入賞し注目を集めました。その頃の評価は「技巧派若手ピアニスト」でしたが、当時のアメリカのレコード会社数社が彼に目をつけ、大量にレコーディングをさせました。ただそれは良い事ではなく、使い捨ての若手ピアニストとして扱われていたそうです。おそらくギャラは安かったのではと推測します。そして時が経ち彼は「使い捨ての若手ピアニスト」から「20世紀の最も偉大な大家の一人」へと変貌を遂げるわけです。
彼の演奏の特色はやはりその「知性」に集約されると思います。知性と言っても理詰めの堅苦しさはなく、機知に富んだ演奏です。
才気煥発なシューベルトが特に素晴らしい!

フランツ・リスト→ベルンハルト・シュターヴェンハーゲン→ルトヴィカ・フォン・カーン→アルフレート・ブレンデル
フランツ・リスト→マルティン・クラウゼ→エトヴィン・フィッシャー→アルフレート・ブレンデル
フランツ・リスト→コンラート・アンゾルゲ→エデュアルト・エルトマン→パウル・バウムガルトナー→アルフレート・ブレンデル


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 15:38|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

October 28, 2010

ALFRED BRENDEL EDITION -LISZT PIANO WORKS-

アルフレート・ブレンデル

ALFRED BRENDEL EDITION -LISZT PIANO WORKS- 

brendel

Disc.1
1. 葬送曲 S.173/7
2.-4. ピアノソナタ S.178
5. 灰色の雲 S.100
6. ピアノ小品 S.192/3
7. 夢の中で - 夜想曲 S207
8. R.W.- ヴェネツィア S.201  

Disc.2
1.-9. 巡礼の年 第1年 スイス (全曲) S.160 
10. イゾルデの愛の死 S.447 (ワーグナー=リスト)

Disc.3
1.-7. 巡礼の年 第2年 イタリア (全曲) S.161

Disc.4
  2つの伝説 S.175
1. 小鳥に説教するアッシジの聖フランチェスコ
2. 波を渡るパオラの聖フランチェスコ
3. 悲しみのゴンドラⅠ S.200/1  
4. 悲しみのゴンドラⅡ S.200/2 
5. 王の御旗 S.185  
6. スルスム・コルダ - 心を高めよ S.163/7
7. 夕べの鐘 S.186/9
8. 祈り S.173/1  

Disc.5
1. エステ荘の糸杉にⅠ S.163/2  
2. エステ荘の噴水 S.163/4
3. ものみな涙あり S.163/5
4. 子守歌 (まどろみの歌) S.186/7  
5. 忘れられたワルツ 第1番 S.215/1  
6. 凶星! S.208  
7. 眠られぬ夜!問いと答え S.203i   
8. モショニの葬送 S.194  
9. 死のチャルダッシュ S.224   

Disc.6
1. “泣き、嘆き、憂い、おののき” バッハの動機による変奏曲 S.180 
2. 死者の追憶 S.173/4 〔ブレンデル編〕
3. B.A.C.H.の主題による幻想曲とフーガ S.529ii  
4. 孤独の中の神の祝福 S.173/3

Disc.7
1.-3. ピアノ協奏曲 第1番 S.124*
4.-9. ピアノ協奏曲 第2番 S.125*
10. 死の舞踏 S.126ii*

*ベルナルト・ハイティンク指揮/ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団

Philips PHCP-10300~6
recorded: 1972-1991

〔メモ〕
フランツ・リストは非常に多面的な芸術家です。そのリストのある一面だけを見て、リストを誤解する方々がいるのは仕方がないのかもしれません。各々のピアニストたちもリスト作品へのアプローチを試行錯誤しています。
上記の収録曲をご覧いただくと、ブレンデルのリスト芸術に対するピアニストとしてのアプローチは非常に特徴的であることがわかります。宗教的で思索的な作品を選び、リストの音楽の神聖さや陰影の深みを主張しているかのように感じます。20世紀に起こったリストの再評価はもちろん、バルトークやラヴェルの弁護の存在も大きかったと思いますが、このブレンデルの演奏活動がさらなるリスト再評価をもたらしたのは疑いのないことでしょう。
演奏の方は確固たる構造を目指し、職人がインスピレーションと技術で建造物を構築していくその様を見ているようです。古いヨーロッパの大聖堂をイメージし、神聖な静寂さを感じさせます。
もしブレンデルのこれら録音がなかったら僕はここまでリストに注目していなかったかもしれません。個人的にはそれほど思い入れの強い録音集です。

ちなみに現在このボックスセットは廃盤で入手困難かと思いますが、過去に

ボレットのリスト8枚組ボックス→後に9枚組で完全版ボックスセット
アラウのリスト5枚組ボックス→後に6枚組で完全版ボックスセット

という慣例がありますので、これからブレンデルのフィリップス(現デッカ)録音完全収録ボックスが発売されるのではないでしょうか。

フランツ・リスト→ベルンハルト・シュターヴェンハーゲン→ルトヴィカ・フォン・カーン→アルフレート・ブレンデル
フランツ・リスト→マルティン・クラウゼ→エトヴィン・フィッシャー→アルフレート・ブレンデル
フランツ・リスト→コンラート・アンゾルゲ→エデュアルト・エルトマン→パウル・バウムガルトナー→アルフレート・ブレンデル

関連記事: The Christmas Tree - Alfred Brendel 


記事一覧(サイトマップ)



ミッチ at 21:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 03, 2010

Legendary Performances Vol.1

アルフレート・ブレンデル

泣き、嘆き、憂い、おののき

ピアニストのヴァレリー・アファナシェフはフランツ・リストのことを“最も美しい音楽と最も醜い音楽を書いた偉大な芸術家”と評しましたが、僕は「バッハの動機による変奏曲」を聴くと、いつもこの言葉を思い出します。美しさとグロテスクさがこれほど見事に融合された曲も珍しいと思います。この世界はまさに耽美的な世界なのです。R番号でお馴染みのペーター・ラーベはこの曲をロ短調ソナタと同等の高みに位置付けていますが、この曲を弾きこなせる人は現れないであろう、というようなことも書いてます。しかしそれはラーベの完全なる誤算です。この曲は多くの名演があります。さて録音ですが、マリア・ユージナの常軌を逸した、なにかとてつもないものを聴いているかのような名演もありますが、この曲への思い入れなら、ブレンデルも負けてはいない。実際、彼自身の著書でこの曲への言及がいくつかされています。そしてこの曲の録音は2回行ってます。余談ですが、変奏曲のみのリサイタルを開いた時もこの曲が含まれてました。ブレンデルの演奏は構造を重視しているような演奏で、非常に立体的な音楽で奥行きにも無限の広がりを感じます。オーソドックスながら、どこから聴いても完璧です。技巧という観点から言っても、最も充実していた時ではないかなと思ってます。僕は彼がこの録音を残してくれたことに心から感謝したいです。


記事一覧(サイトマップ)



ミッチ at 10:26|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

January 16, 2006

ブレンデルは語る ―ケンプの伝説―

「~~は語る」というのがシリーズ化していますが(笑)、今回はブレンデルのお言葉です。

“1950年のケンプのリストの最初の伝説の古い録音も、誰も真似することができないレヴェルに達している名演です。”

対話録「さすらい人」ブレンデル
マルティン・マイヤー編著
岡本和子訳
音楽之友社
P260

僕はこの演奏を好きだったので、ブレンデルがこのように語っていてうれしくなりました。ヴィルヘルム・ケンプは若い頃、ブゾーニとダルベールを「理想のピアニスト」と崇拝していたようです。おそらくこの両巨匠のリスト演奏もケンプは聴いているのではないでしょうか?そして彼の師バルトはリストの高弟ビューローの弟子です。いや、でも影響関係は抜きにしてもこの演奏はすばらしい。ケンプにはリスト録音をもう少したくさん残して欲しかった。


記事一覧(サイトマップ)



ミッチ at 16:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 12, 2006

ポリーニの超記憶力

ブレンデルが語るところによれば、ピアニストの中で、楽譜を見ながら一度通して弾くだけで、その曲を暗譜してしまう人種がいるそうです。そしてブレンデルは自分はそうではないと告白しています。
なんとポリーニにはそのような能力があるそうです。ブーレーズのソナタ2番を3回の演奏で暗譜したとのことです。ということはショパンやベートーヴェンなどは一度で覚えたということでしょう。そんなに弾けたら楽しいだろうなぁ。

このような話を読むと、ホントに同じ人間なんだろうか、と思ってしまいます。やはり世界の第一線で活躍する人はそれぐらいずば抜けてないとだめなんでしょうかね。

リストにもそれに似たような能力はあったようですが。


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 18:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)