ベルマン

March 28, 2013

FERENC LISZT

ヴラディーミル・アシュケナージ
ラザール・ベルマン
ヴラディーミル・オフチニコフ
グレブ・アクセルロート
アレクサンドル・スロボジャニク
パーヴェル・セレブリャコフ 

FERENC LISZT 

melodiya liszt







Disc.1
1. メフィストワルツ 第1番 S.514*
2. タランテラ S.162/3"
3. 回想 S.139/9#
4. ハンガリー狂詩曲 第2番 S.244/2$
5. ハンガリー狂詩曲 第6番 S.244/6!
6. ピアノソナタ S.178!

*ヴラディーミル・アシュケナージ
"ラザール・ベルマン
#ヴラディーミル・オフチニコフ
$グレブ・アクセルロート
!アレクサンドル・スロボジャニク 

Disc.2
1. ピアノ協奏曲 S.124*
2. 前奏曲 S.97"
3. タッソー、悲劇と勝利 S.96#
4. オルフェウス S.98#
5. プロメテウス S.99#

*パーヴェル・セレブリャコフ(p)、キリル・コンドラシン指揮/モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団
"ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー指揮/モスクワ放送交響楽団
#マルク・エルムレル指揮/ソヴィエト国立文化省交響楽団 

Melodiya MEL CD 1001911
Recorded: 1959-1989 

〔メモ〕 
元ロシア国営企業だったメロディアレーベルが2011年にフランツ・リストの生誕200年を記念してリリースしたCDです。日本に入って来たのはなぜか2012年になるかならないかぐらいの時でした。膨大な録音を有するメロディアですからCD2枚とは言わず大規模なボックスで出して欲しかったというのが本音ですが、演奏の方はさすがロシアの名演奏家たちによるもので素晴らしいです。CD時代が終わろうというこの時期に今までCDのリリースに積極的でなかったメロディアがリリースを始めたというのは面白いし、個人的には嬉しいことです。
ピアニストに目を向けるとDisc.1の方は全てモスクワ音楽院出身者たちで、モスクワ音楽院の偉大な教授たちであるイグムノフ、ゴリデンヴェイゼル、ネイガウスの系譜のどれかにそれぞれ属しています。一方Disc.2のセレブリャコフはレニングラード音楽院(現ペテルブルク音楽院)出身で、名教授ニコラーエフの門下です。そのセレブリャコフのピアノ協奏曲は非常に端整な出来栄えで、実力派としての腕を発揮した会心の録音です。

ちなみにスロボジャニクはこの録音で1976年にフランツ・リスト賞をハンガリーで受賞しているとのことです。

最後にブックレットに芸術評論家ヴラディーミル・スターソフの言葉が掲載されていますので、引用したいと思います。「もしリストがいなければ、音楽のさだめは別のものになっていただろう」

フランツ・リスト→アレクサンドル・ジロティ→コンスタンティン・イグムノフ→レフ・オボーリン→ヴラディーミル・アシュケナージ 
フランツ・リスト→アレクサンドル・ジロティ→アレクサンドル・ゴリデンヴェイゼル→ラザール・ベルマン 
フランツ・リスト→ハンス・フォン・ビューロー→カール・H・バルト→ゲンリヒ・ネイガウス→アレクセイ・ナセトキン→ヴラディーミル・オフチニコフ 
フランツ・リスト→アレクサンドル・ジロティ→アレクサンドル・ゴリデンヴェイゼル→グリゴリー・ギンズブルグ→グレブ・アクセルロート 
フランツ・リスト→ハンス・フォン・ビューロー→カール・H・バルト→ゲンリヒ・ネイガウス→ヴェラ・ゴルノスタエワ→アレクサンドル・スロボジャニク


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 03:39|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

December 05, 2012

世界の偉大なるピアノ音楽 第82巻

The Great Piano Music of the World 82

セルゲイ・ラフマニノフ 4 

gpm82
※リンク先はアメリカのアマゾン(Amazon.com)です

前奏曲集 Op.32 (全曲)(ラフマニノフ)* 
楽興の時 Op.16 (全曲)(ラフマニノフ)" 

*ヴィクトル・エレシコ 
"ラザール・ベルマン 

Melodiya DE 0202

〔メモ〕
急激なエレシコ。ロマンティックなベルマン。

フランツ・リスト→アレクサンドル・ジロティ→コンスタンティン・イグムノフ→ヤコフ・フリエール→ヴィクトル・エレシコ 
フランツ・リスト→アレクサンドル・ジロティ→アレクサンドル・ゴリデンヴェイゼル→ラザール・ベルマン 


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 19:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 25, 2012

20世紀の偉大なるピアニストたち -後記-

CDシリーズ「20世紀の偉大なるピアニストたち」の全100巻(CD200枚)を全て紹介し終わりました。

大したことは書いてませんが、完走したということで達成感があります(笑)。僕はちょうどCDを集め始めた頃にこのCDセットと出会い、ピアノ鑑賞の面白さにのめり込んでいきました。当時それほどリストに興味が無かった僕がリスト好きに変わったのも、このセットによる影響も大きいです。このような企画を実現してくれた、制作者たちに感謝したいと思います。

● データ
レーベル: フィリップス
スポンサー: スタインウェイ
発売: 1999年
巻数: 100巻 (CD200枚)
ピアニスト数: 72人
プロデューサー: トム・ディーコン
参加レーベル: Philips, DG, Decca, EMI, Sony Classical, BMG(RCA, Melodiya含む), Warner Music他
備考: このセットのドイツ版ではクララ・ハスキルのスカルラッティのソナタ集(Westminster録音)が収録された補巻があるそうです。

● 個人的に思うこと
ピアノファンたちが集まるフォーラムなどを覗いてみると、このセットに対して「○○が含まれてない。なんでだ!」とか、逆に「なんで××が含まれているんだ!」という文句も多くみられます。全ピアノファンを満足させるチョイスは不可能なので、それは仕方ないことだというのも理解できるのですが、できればラザール・ベルマンを含めて欲しかったです。過去のことをグチグチ言っても始まらないのですが、これだけは言いたい(笑)。もしベルマンが含まれていたら、おそらく1963年録音の超絶技巧練習曲の録音が含まれると思います。この超絶の音源は日本以外ではCDでリリースされたことありません。そういう意味でも、もしベルマンが含まれていたら意義深いことになったと思います。

● ピアニストの系譜
記事を読んでいただけると、お気づきになるかと思いますが、師弟関係を遡っていけばリストにつきあたるピアニストに限り「フランツ・リスト→~」と記述しました。72人のうち45人のピアニストが師弟関係を遡っていくとリストに辿りつきます。リストのピアノ教師としての影響力の大きさがうかがい知れます。この45人というのはもちろん「僕が知る限り」ですので、「少なくとも45人」と考えていただいてよいと思います。他には19世紀の偉大なピアノ教師だったレシェティツキの系譜に属するピアニストも多いですね。

● 今後
今後は記事を書き直したり、第1巻→第2巻→第3巻~と記事をリンクで繋げていきたいと思います。


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 22:51|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

September 09, 2012

Legendary Performances Vol.7

ラザール・ベルマン 

ジャック・ライザーの功罪

鉄のカーテンで仕切られていたため、ロシアで活躍していたベルマンが西側へ知られるのは70年代になってからです。ベルマンの名前を世界に轟かせたのは1975年のニューヨークデビューによるものです。そのデビューを企画したのはインプレサリオ(音楽興行主)のジャック・ライザーという人物です。ライザーはベルマンによる1963年録音の超絶技巧練習曲に「衝撃を受けて」、ベルマンを招聘することを決めたそうです。そして当然ニューヨークデビューのプログラムも超絶技巧練習曲全曲でした。ベルマンはアメリカで一夜にしてセンセーションを巻き起こします。しかしライザーの売り出し方はあまりにもその卓越した技巧が強調されすぎて一部の批評家から反感を買ってしまい「技巧だけが取り柄のピアニスト」と言われてしまうこともあったそうです。僕はライザーのしたことが間違っていると言いたいわけではありません。演奏家も芸術家と言えど、聴衆がいてナンボのものでしょうから、知名度を上げるということも重要なことでしょう。しかしこの話は売り出し方に気を付けないと誤解を招く恐れがあるという教訓だと思います。
前置きが長くなりましたがベルマンの「アヴェ・マリア (シューベルト=リスト)」の演奏を聴いてみると、彼の本質が技巧だけではないとわかります。深々とした響き、大きな呼吸の演奏で、これぞロマン派の演奏と言いたくなりす。


記事一覧(サイトマップ)



ミッチ at 23:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

July 06, 2012

世界の偉大なるピアノ音楽 第61巻

The Great Piano Music of the World 61 

ロベルト・シューマン 1 

gpm61
※リンク先はアメリカのアマゾン(Amazon.com)です

ピアノソナタ 第1番 Op.11 (シューマン)*
ピアノソナタ 第2番 Op.22 (シューマン)" 
ピアノソナタ 第3番 Op.14 (シューマン)# 

*エリソ・ヴィルサラーゼ
"パーヴェル・エゴロフ
#ラザール・ベルマン

Melodiya DE 0181

〔メモ〕
シューマンのピアノソナタ集。感情表現の激しいヴィルサラーゼ。シューマンコンクールの覇者エゴロフ。グランドソナタの名に恥じない堂々とした演奏のベルマン。なおこのディスクは第3シリーズの第1巻ですが、便宜上第61巻とさせていただきます。

フランツ・リスト→ハンス・フォン・ビューロー→カール・H・バルト→ゲンリヒ・ネイガウス→エリソ・ヴィルサラーゼ
フランツ・リスト→カール・クリントヴォルト→セルゲイ・リャプノフ→ナジェージダ・ゴルボフスカヤ→ヴラディーミル・ニールセン→パーヴェル・エゴロフ
フランツ・リスト→ハンス・フォン・ビューロー→カール・H・バルト→ゲンリヒ・ネイガウス→ヴェラ・ゴルノスタエワ→パーヴェル・エゴロフ
フランツ・リスト→アレクサンドル・ジロティ→アレクサンドル・ゴリデンヴェイゼル→ラザール・ベルマン


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 18:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 15, 2011

世界の偉大なるピアノ音楽 第32巻

The Great Piano Music of the World 32  

フランツ・リスト 2

gpm32

超絶技巧練習曲 S.139 (全曲)(リスト) 

ラザール・ベルマン 

Melodiya DE 0152 

〔メモ〕
録音年が書いてないのですが、ベルマンがメロディアレーベルに残した超絶技巧練習曲の旧録音でしょう。音質は新録と比べると悪いですが、演奏は素晴らしい。第2シリーズ第2巻ですが、便宜上第32巻とさせていただきます。

フランツ・リスト→アレクサンドル・ジロティ→アレクサンドル・ゴリデンヴェイゼル→ラザール・ベルマン


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 22:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 03, 2011

Années de Pèlerinage / LAZAR BERMAN

ラザール・ベルマン

Années de Pèlerinage

berman annees

Disc.1
1.-9. 巡礼の年 第1年 スイス S.160 (全曲)

Disc.2
1.-7. 巡礼の年 第2年 イタリア S.161 (全曲)
8.-10. 巡礼の年 第2年 補遺 ヴェネツィアとナポリ S.162 (全曲)

Disc.3
1.-7. 巡礼の年 第3年 S.163 (全曲)

Deutsche Grammophon 437 206-2
Recorded: 1977

〔メモ〕 
ピアニストとしての系譜を見るとベルマンはかなりのサラブレッドです。まず最初にベルマンに手ほどきをしたのは母ですが、その母はイザベラ・ヴェンゲーロワの弟子であり、レシェティツキ直系のピアニストとなります(レシェティツキ→ヴェンゲーロワ→母→ベルマン)。そしてその後ベルマンはサフシンスキーという人物に師事しますが、サフシンスキーも「ロシアの偉大な4大ピアノ教師」と言われるうちのひとりであるニコラーエフの弟子です(ニコラーエフ→サフシンスキー→ベルマン)。そして同じく「4大ピアノ教師」に含まれるゴリデンヴェイゼルがベルマンの最も重要な師であり、さらにゲンリヒ・ネイガウスにも指導を受けたこともあります。そしてさらにロシアピアノ界のカリスマ、いや、神と目されていた大ピアニストたちであるマリア・ユージナ(ニコラーエフ派)、ソフロニツキー(ニコラーエフ派)、リヒテル(ネイガウス派)にも短期間ですが指導を受けています。「私がソフロニツキーに師事したのは彼の死期が近づいた晩年である1958年から1960年だが、彼のレッスンを集中的に受けてはいない。彼は私にいかにして音楽の精神に近づくかを教えてくれた。」とベルマン本人は語っています。
さてブダペストリストコンクールで入賞した経歴のある彼ですが、やはり「ベルマンと言えばリスト」と言っても過言ではないでしょう。ここでの彼の演奏は打鍵が重く、荘厳な音楽を創り出しています。技術面も高度ですが、いたずらに指を走らせるようなことはしません。音楽は実直です。これはリスト録音の名盤として不動の地位を築いています。

ちなみに上記CDのブックレットにはハンフリー・サールによる巡礼の年の解説が載っています(英語)。

フランツ・リスト→アレクサンドル・ジロティ→アレクサンドル・ゴリデンヴェイゼル→ラザール・ベルマン
フランツ・リスト→ハンス・フォン・ビューロー→カール・H・バルト→ゲンリヒ・ネイガウス→ラザール・ベルマン
フランツ・リスト→カール・タウジヒ→アレクサンドル・ミハウォフスキ→ヴラディーミル・ソフロニツキー→ラザール・ベルマン 

関連記事:Лазарь Берман

アマゾン:別ジャケットの再販


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 15:10|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

February 17, 2011

荒々しき狩 ~超絶技巧練習曲 第8番

Wilde Jagd LW-A172/8

ベルマン、オフチニコフ、アラウがそれぞれ秀演ですが、
個人的に一番よく聴くのは2つのライブ録音です。

「猛獣注意」のリヒテル(モスクワライブ)
「落雷注意」のヴィラ

この二つは何かを超越したようなトランセンデンタルなものを感じる。


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 23:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 14, 2011

英雄 ~超絶技巧練習曲 第7番

Eroica LW-A172/7

ワイルドの爆演もいいけど、
ベルマンの1963年録音が真に英雄的であり劇的


記事一覧(サイトマップ)



ミッチ at 22:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 30, 2010

マゼッパ ~超絶技巧練習曲 第4番

Mazeppa LW-A172/4

マゼッパに関してはベルマン、オフチニコフ、アラウもそれぞれ素晴らしいけども、ひとつ選ぶとするならブゾーニの高弟ペトリの演奏を推したいです。鮮烈な演奏。


記事一覧(サイトマップ)


ミッチ at 17:18|PermalinkComments(0)TrackBack(2)