ペトリ

January 25, 2011

Busoni and his Legacy

フェルッチオ・ブゾーニ
ロザモンド・レイ
エゴン・ペトリ

Busoni and his Legacy

busoni

1.-2. 平均律クラヴィア曲集 第1巻 第1番 前奏曲とフーガ BWV846 (バッハ)"
3. 今ぞ喜べ、愛するキリスト者の仲間たち (バッハ=ブゾーニ)"
4. エコセーズ (ベートーヴェン=ブゾーニ)"
5. 前奏曲 Op.28/7 (ショパン)"
6. 練習曲 Op.10/5 (ショパン)"
7. 夜想曲 Op.15/2 (ショパン)"
8. 練習曲 Op.25/5 (ショパン)"
9. 練習曲 Op.10/5 (ショパン)"
10. ハンガリー狂詩曲 第13番 〔短縮稿〕 S.244/13"

11. エステ荘の噴水 S.163/4*
12. ダンテを読んで ソナタ風幻想曲 S.161/7*

13. 死の舞踏 (冒頭欠落あり) 〔ジロティ版〕 S.126ii #$
14. ピアノ協奏曲 Op.39 第4楽章 (ブゾーニ)#$

"フェルッチオ・ブゾーニ
*ロザモンド・レイ
#エゴン・ペトリ
$ハンス・ロスバウト指揮/フランクフルト放送交響楽団

ARBITER 134
Recorded: 1922/1942/1936/1942

〔メモ〕
ブゾーニとその弟子たちの録音集です。ブゾーニという人は簡単に説明すると、作曲家であり19世紀の終盤から20世紀の序盤にかけての最高のピアニストでした。そして史上最高のリスティアン(リスト信者)でもあります。余談ですがバルトークもリスティアンであり、ブゾーニがスペイン狂詩曲を協奏版に編曲した時に、ブゾーニ指揮とバルトークのピアノという組み合わせでその曲を初演しています。

これらブゾーニ自身による録音は普通に聴けば素晴らしい演奏なのかもしれませんが、これがブゾーニの全てだとは思いたくないのが僕の本音です。実際ショーンバーグは「ブゾーニはゴルドベルク変奏曲、ハンマー・クラヴィア、ロ短調ソナタなどの大曲を得意とするピアニストであり、これら残された録音だけで彼を判断することは、大海そのものではなく、その海水をミルク瓶につめて鑑賞するようなものだ」と言っています。それからブゾーニは録音が嫌いで、妻に宛てた手紙で何度も愚痴をこぼしています。とは言っても歴史的価値などを考慮に入れれば、やはりこれは聴く価値のある演奏だと思いますが。

レイによる録音はプライベート録音で、熱く激しい演奏です。

ペトリの死の舞踏ですが、オーケストラがピアノに全くついていけてません。しかしピアノだけに耳を傾けると、このきらめく演奏!ペトリの録音はブゾーニ以上にブゾーニ本人の演奏を想像させてくれるような気がします。

なおブゾーニはショパンの第7プレリュードで曲全体をリピートし、2倍の長さにしています。それからその次の曲、第5エチュードにかけて曲と曲を自然につなげるために即興演奏をしています。

フランツ・リスト→カール・タウジヒ→オスカー・ベリンジャー→ロザモンド・レイ 

関連記事:FERRUCCIO BUSONI spielt FRANZ LISZT
関連記事:EGON PETRI His recordings 1929 - 1942


記事一覧(サイトマップ)



ミッチ at 18:52|PermalinkComments(2)TrackBack(2)

November 17, 2010

EGON PETRI His recordings 1929 - 1942

エゴン・ペトリ

His recordings 1929 - 1942

petri

Disc.1
1. ワルツop.42 (ショパン)
2. パガニーニ大練習曲 第5番 狩 (パガニーニ=リスト)〔ブゾーニ編〕
3. 小人の踊り S.145/2
4. 紡ぎの歌 《さまよえるオランダ人》より S.440 (ワーグナー=リスト)
5. ます S.564 (シューベルト=リスト)
6. 水のうえで歌う S.558/2 (シューベルト=リスト)
7. 愛の使い S.560/10  (シューベルト=リスト)
8. 菩提樹 S.561/7 (シューベルト=リスト)
9. 糸を紡ぐグレートヒェン S.558/8 (シューベルト=リスト)
10. ウィーンの夜会 第6番 S.427/6 (シューベルト=リスト)
11. リゴレット・パラフレーズ S.434 (ヴェルディ=リスト)
12. ファウストのワルツ (グノー=リスト)〔ブゾーニ編〕
13. ため息  S.144/3
  超絶技巧練習曲 S.139 より
14. 第9番 回想
15. 第4番 マゼッパ

Disc.2
1.-4. ピアノ協奏曲 第2番 S.125*
5. ベートーヴェンの《アテネの廃墟》による幻想曲 S.122*
6. スペイン狂詩曲 〔ブゾーニ編・協奏版〕#
7.-9. ピアノ協奏曲 第1番 Op.23 (チャイコフスキー)$

*レスリー・ヒュワード指揮/ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
#ディミトリ・ミトロプーロス指揮/ミネアポリス交響楽団
$ワルター・ゲール指揮/ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団

apr CDAPR 7023
recorded: 1929-1942

〔メモ〕
「ペトリは聴衆にも知性を要求しすぎた」という評を読んだことがあります。言いたい事はわかるのですがここでのリスト演奏は、その「明晰さ」がプラスに働いていると思います。いや、明晰なだけではありません。低音部では雷鳴が轟き、高音部ではグロッケンシュピールが踊っているかのようなチャーミングな音色で、全体をただならぬ空気が漂っています。小人の踊りが超絶技巧練習曲のように響くあたりは若干苦笑してしまいますが、シューベルト編曲における「歌と詩」は誰にも真似できないものではないでしょうか。僕はショーンバーグが「今世紀最高のリスト弾き」と評しているから褒めているのではありません。誰か一人の演奏が絶対的だなんて思いません。仮にそれが当てはまるとしたら、リスト本人の演奏でしょう。しかし、ここに「リストを演奏すること」に対するひとつの答えがあるということも事実だと思います。

関連記事:Busoni and his Legacy


記事一覧(サイトマップ)



ミッチ at 22:51|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

September 30, 2010

マゼッパ ~超絶技巧練習曲 第4番

Mazeppa LW-A172/4

マゼッパに関してはベルマン、オフチニコフ、アラウもそれぞれ素晴らしいけども、ひとつ選ぶとするならブゾーニの高弟ペトリの演奏を推したいです。鮮烈な演奏。


記事一覧(サイトマップ)


ミッチ at 17:18|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

January 15, 2006

4人のリスト弾き

みなさんはリスト弾きと聞いて誰を思い浮かべるでしょうか?おそらくブレンデル、シフラ、アラウ、ボレット、ベルマン、ワッツなどの名前が挙がるのではないでしょうか。他にも全体のレパートリーの割合からしてリストを特別多く取り上げているわけではないけれど、素晴らしいリスト演奏をするピアニストとして、ホロヴィッツやリヒテルなどもあげられます。他にも挙げていけばキリがありません。このピアニスト達は第一線で活躍し、コンサートや録音でその演奏の素晴らしさによりリスト受容に決定的な影響を及ぼしてきました。もし彼らがいなかったら、おそらく「リストへの誤解」は現在のその半分も解かれていなかったでしょう。僕もこのピアニスト達の演奏は大好きでCDはよく集めています。しかし僕がひいきにしているリスト弾きとなるとなぜかまったく違うメンバーになってしまいます。

僕がひいきにしているリスト弾き4人は

●エゴン・ペトリ
ショーンバーグ曰く「今世紀最高のリスト弾き」です(「今世紀」というのはもちろん20世紀のこと)。ブゾーニ系ピアニストは素晴らしい人がたくさんいますが、そのブゾーニ系ピアニストの最高峰ではないでしょうか。音質は悪いですが、彼のリスト録音を初めて聴いた時は、その鮮烈な演奏に衝撃を受けました。

●グリゴリー・ギンズブルグ
ロシアにおける人気や知名度でリヒテル、ギレリスやソフロニツキー、ユージナなどの影に隠れてしまいますが、ギンズブルグは彼らに実力的には勝っても劣らないと信じています。オーソドックスで瑞々しく、いつまでも聴いていたいと思わせる演奏です。

●セルジオ・フィオレンティーノ
同じイタリアのミケランジェリはこの世には自分一人しかピアニストがいないと思っていたそうですが、レコードプロデューサーのE.ルンペ氏によるとそのミケランジェリはフィオレンティーノのことを「もう一人のピアニスト」と認めていたそうです。リストの楽曲は様々な曲種があり、それら全てに対応するのは至難の業です。しかしフィオレンティーノはそれができる。ソナタやバラードなどの大曲には真正面から取り組み最高の成果を挙げ、練習曲などでは鬼のようなエグい技巧をみせ(決して表面的ではない)、ハンガリー狂詩曲ではラプソディックに歌える。そして、コンソレーションや後期作品などで思索的な演奏ができる、という具合です。

●ジョセフ・ヴィラ
ヴィラの場合は技巧ばかりが注目されますが、それだけではないです。例えば愛の賛歌やアデライーデにおける詩的な歌と美しい音色。アラウに匹敵する包容力まで持ち合わせてます。もちろん超絶的な技巧も彼の一つの武器です。運命交響曲はあらゆる意味で素晴らしい。ちなみに彼のベートーヴェンのソナタも最高です。グレゴール・ベンコ氏による「彼がもし生きていたら現在の最も偉大なピアニストだった」という言葉に共感します。

これはリスト演奏に限定した、お気に入りのピアニストです。他の作曲家だと、また好きなピアニストは変ってきます。4人の共通点を考えたのですが、しいて言えば音楽をわかりやすく聴衆に理解させようとしている点ではないでしょうか。

みなさんはどんなリスト弾きをひいきにしていますか?


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 15:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)