マジャール狂詩曲

March 17, 2016

リストのややこしい事4 -ラーコーツィ行進曲編-

ラーコーツィ行進曲はハンガリーの民俗旋律で国民に親しまれた旋律です。ハンガリーの国歌「賛称」が制定される前、ラーコーツィ行進曲は非公式の国歌のような扱いだったそうです。フェレンツ・ラーコーツィⅡ世が好んだためこの名前が付けられました。日本ではラコッツィ行進曲と呼ばれることもあります。リストもこの旋律にちなんだ曲をいくつか書いています。ここではピアノ独奏曲をまとめてみたいと思います。

試聴はこちらからどうぞ(YouTube)

● 代表グループ
- 〔A〕ハンガリー狂詩曲 第15番 ラーコーツィ行進曲 S.244/15
- 〔B〕ハンガリー狂詩曲 第15番 ラーコーツィ行進曲 〔異稿〕 S.244/15bis
- 〔C〕ラーコーツィ行進曲 〔普及稿〕 S.244c
まず「リストのラーコーツィ行進曲」と言えばハンガリー狂詩曲のもの〔A〕を指します。リストの代表曲の一つとして親しまれています。〔B〕はそのオッシアを演奏した異稿であり、〔C〕は〔A〕を簡素にしたものです。

● 前身グループ
- 〔D〕マジャール狂詩曲 第13番 ラーコーツィ行進曲 S.242/13
- 〔E〕ハンガリーの民俗旋律 (ラーコーツィ行進曲 マジャール狂詩曲 第13番a) S.242/13a
- 〔F〕ジプシーの叙事詩 第7番 ラーコーツィ行進曲 S.695b/7 
マジャール狂詩曲という曲集はハンガリー狂詩曲集の前身となるものです。つまり〔D〕が発展して〔A〕となります。〔E〕は〔D〕の簡易稿です。〔F〕は楽譜が書かれておらず「マジャール狂詩曲 第13番(おそらく簡易稿)を挿入するように」という指示があるだけなので、つまり〔E〕=〔F〕となります。

● 編曲グループ 
- 〔G〕ラーコーツィ行進曲 〔管弦楽稿より編曲〕 S.244a
- 〔H〕ラーコーツィ行進曲 〔管弦楽稿より簡易編曲〕 S.244b 
リストはラーコーツィ行進曲の旋律を使用して管弦楽作品も書いている。〔G〕はそのトランスクリプションであり、〔H〕は〔G〕の簡易稿。 

● その他グループ
- 〔I〕ラーコーツィ行進曲 〔第1稿〕 S.242a
- 〔J〕ラーコーツィ行進曲 〔第1稿・異稿〕 S.692d
- 〔K〕アルバムリーフ "ラーコーツィ行進曲" S.164f 
〔I〕は1839年辺りに書かれた、ラーコーツィ行進曲を使用した最初期のピアノ作品。〔J〕は〔I〕の簡易稿だが未完。〔K〕は戯れに書いたと思われる20秒弱の楽想。

● ホロヴィッツ
- ラーコーツィ行進曲 〔ホロヴィッツ編〕
ベルリオーズもラーコーツィ行進曲を使用した管弦楽作品を書いている。そのベルリオーズ版の編曲とリストのピアニズムを参考にしてホロヴィッツが再編成したものがこのホロヴィッツ版ラーコーツィ変奏曲。
ホロヴィッツ版の試聴はこちらからどうぞ(YouTube) 

関連記事: リストのややこしい事1 -アヴェ・マリア編- 
関連記事: リストのややこしい事2 -悲しみのゴンドラ編-
関連記事: リストのややこしい事3 -子守歌編- 


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 18:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 09, 2011

レスリー・ハワード: リスト ピアノ作品全集 Disc.32

Leslie Howard
The Complete Liszt Piano Music
マジャールの歌 ・ マジャール狂詩曲 2 

Disc.32
  マジャールの歌とマジャール狂詩曲 S.242  
1. マジャール狂詩曲 第16番
2. マジャール狂詩曲 第17番
3. マジャール狂詩曲 第18番
4. マジャール狂詩曲 第19番 
5. マジャール狂詩曲 第20番 - ルーマニア狂詩曲
6. マジャール狂詩曲 第21番
7. マジャール狂詩曲 第22番 - ペシュトの謝肉祭 

Hyperion CDA66851/2
Recorded: 1993

〔メモ〕
Disc.31のつづき。 〔1〕~〔7〕リストがハンガリーで聴いた音楽を素材とした作品。これらの素材がハンガリーの民謡なのか、ジプシーの音楽なのかの出所をリストはあまり気にしていなかった。「ハンガリー狂詩曲」(Disc.33, Disc.34)の前身とも言える曲集。 〔1〕「ハンガリー狂詩曲 第10番」の前身。 〔2〕「ハンガリー狂詩曲 第13番」の前身。 〔3〕「ハンガリー狂詩曲 第12番」の前身。ロシア全集版にて1973年に初出版される。 〔4〕「ハンガリー狂詩曲 第8番」の前身。ロシア全集版にて1973年に初出版される。 〔5〕通称「ルーマニア狂詩曲」。「ハンガリー狂詩曲 第6番」や「ハンガリー狂詩曲 第12番」の素材が現れる。ブゾーニが「ハンガリー狂詩曲 第20番」という名で編修したため、多くの研究者がこの曲が後の曲集「ハンガリー狂詩曲」の第20番だと勘違いし混乱がおこる。1936年にオクタヴィアン・デューが「ルーマニア狂詩曲」というタイトルで出版。要するに「マジャール狂詩曲 第20番」=「ハンガリー狂詩曲 第20番 ブゾーニ版」=「ルーマニア狂詩曲」。 〔6〕「ハンガリー狂詩曲 第14番」やピアノと管弦楽の「ハンガリー幻想曲」の前身。ロシア全集版にて1973年に初出版される。 〔7〕基本的には「ハンガリー狂詩曲 第9番」の前身。コーダ部は「ハンガリー狂詩曲 第14番」のコーダとして転用される。ピアノトリオ稿あり。

※マジャール狂詩曲という呼称について
マジャールというのはハンガリーと同義です。だから例えばマジャール人とはハンガリー人のことですし、マジャール語はハンガリー語のことです。「じゃあマジャール狂詩曲ってハンガリー狂詩曲じゃないの?」と疑問に思うと思うのですが、まったくその通りです。じゃあなぜ「マジャール狂詩曲」という呼称を使うかというと、後の曲集「ハンガリー狂詩曲」との混同を避けるためです。原題(ハンガリー語)は「Magyar Rapsodiak」ですがこれをそのまま素直に訳すと「ハンガリー狂詩曲」になってしまいます。リストの伝記を執筆された福田弥氏がその著書で混同を避けるため便宜上この「マジャール狂詩曲」という呼称を使用してました。僕もその意見に賛成です。
ちなみに欧米圏(ヨーロッパ言語圏)でもこれら混同をさけるため初期稿の方はハンガリー語「Magyar Rapsodiak」で呼ぶことが多いそうです。

Disc.31へ 
Disc.33へ 




HMV : レスリー・ハワード リスト ピアノ作品全集
タワレコ : レスリー・ハワード リスト ピアノ作品全集 


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 18:49|PermalinkComments(2)TrackBack(2)

September 02, 2011

レスリー・ハワード: リスト ピアノ作品全集 Disc.31

Leslie Howard
The Complete Liszt Piano Music
マジャールの歌 ・ マジャール狂詩曲 1

Disc.31
  マジャールの歌とマジャール狂詩曲 S.242
  マジャールの歌 - ハンガリーの民俗旋律
1. マジャールの歌 第1番
2. マジャールの歌 第2番
3. マジャールの歌 第3番
4. マジャールの歌 第4番
5. マジャールの歌 第5番
6. マジャールの歌 第6番
7. マジャールの歌 第7番
8. マジャールの歌 第8番
9. マジャールの歌 第9番
10. マジャールの歌 第10番
11. マジャールの歌 第11番
  マジャール狂詩曲集
12. マジャール狂詩曲 第12番 - 悲劇的な英雄の詩
13. マジャール狂詩曲 第13番 - ラーコーツィ行進曲
14. マジャール狂詩曲 第14番
15. マジャール狂詩曲 第15番

Hyperion CDA6851/2 
Recorded: 1993

〔メモ〕
〔1〕~〔15〕リストがハンガリーで聴いた音楽を素材とした作品。これらの素材がハンガリーの民謡なのか、ジプシーの音楽なのかの出所をリストはあまり気にしていなかった。「ハンガリー狂詩曲」(Disc.33, Disc.34)の前身とも言える曲集。第1番~第11番までは先に出版され、そして第12番以降が出版される際にタイトルが変わってしまっている。続きはDisc.32へ。 〔4〕「ハンガリーの民俗旋律 第2番」(Disc.30)と同一の曲。最終的に「ハンガリー狂詩曲 第6番」の素材として転用される。 〔5〕後に改訂され「ハンガリーの民俗旋律 第1番」(Disc.30)となる。最終的に「ハンガリー狂詩曲 第6番」の素材として転用される。 〔7〕「ハンガリー狂詩曲 第4番」の前身。 〔10〕前半部は後にピアノと管弦楽の「ハンガリー幻想曲」へ転用される。 〔11〕前半部の主題は「ハンガリー狂詩曲 第3番」で使用される。後半部は後に改訂され「ハンガリーの民俗旋律 第3番」(Disc.30)となり、最終的に「ハンガリー狂詩曲 第6番」の素材として転用される。 〔12〕「ハンガリー狂詩曲 第5番」の前身。 〔13〕「ハンガリー狂詩曲 第15番」の前身。 〔14〕「ハンガリー狂詩曲 第11番」の前身。 〔15〕「ハンガリー狂詩曲 第7番」の前身。

※マジャール狂詩曲という呼称について
マジャールというのはハンガリーと同義です。だから例えばマジャール人とはハンガリー人のことですし、マジャール語はハンガリー語のことです。「じゃあマジャール狂詩曲ってハンガリー狂詩曲じゃないの?」と疑問に思うと思うのですが、まったくその通りです。じゃあなぜ「マジャール狂詩曲」という呼称を使うかというと、後の曲集「ハンガリー狂詩曲」との混同を避けるためです。原題(ハンガリー語)は「Magyar Rapsodiak」ですがこれをそのまま素直に訳すと「ハンガリー狂詩曲」になってしまいます。リストの伝記を執筆された福田弥氏がその著書で混同を避けるため便宜上この「マジャール狂詩曲」という呼称を使用してました。僕もその意見に賛成です。
ちなみに欧米圏(ヨーロッパ言語圏)でもこれら混同をさけるため初期稿の方はハンガリー語「Magyar Rapsodiak」で呼ぶことが多いそうです。

Disc.30へ 
Disc.32へ 




HMV : レスリー・ハワード リスト ピアノ作品全集
タワレコ : レスリー・ハワード リスト ピアノ作品全集 


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 19:17|PermalinkComments(0)TrackBack(2)