マリア・ユージナ

September 11, 2012

Great Pianists of The 20th Century Vol.99

20世紀の偉大なるピアニストたち 99 

マリア・ユージナ 


great yudina

Disc.1
1.-32. ゴルトベルク変奏曲 BWV988 (バッハ)<68>

Disc.2
1.-34. ディアベッリの主題による33の変奏曲 Op.120 (ベートーヴェン)<61>
35.-51. エロイカの主題による15の変奏曲とフーガ Op.35 (ベートーヴェン)<61>

音源: BMG 
Philips 456 994-2

〔メモ〕
フリーダ・タイテルバウム=レヴィンソン(アントン・ルビンシテインの弟子)、オルガ・カランタロワ、アネッテ・エシポフ(レシェティツキの弟子)、ヴラディーミル・ドロズロフ(エシポフの弟子)、フェリックス・ブルーメンフェルト、レオニード・ニコラーエフにピアノを師事したユージナです。 
「私は神へ通ずる道をひとつしか知りません。それは芸術による道筋です」と語る彼女はロシア正教の敬虔な信者でした。贅沢することを嫌い、一生ボロボロの衣服を纏って過ごしたそうです。
ロシアの偉大なピアノ教師と言われるニコラーエフのもうひとりの弟子ソフロニツキーをご紹介した時に、彼の演奏には生々しさがあると言いましたが、それはユージナの演奏にも言えることです。しかしその生々しさの質は全く違い、彼女の演奏にはある種の激しさがありますが、それは自分にとって重要なものを手に入れるための闘争のように聴こえてきます。彼女の無骨な演奏には、平坦ではなかったの彼女の人生が透けて見えるような気がします。愛想のない無骨さが彼女の人間性の純粋さの表れなのだと思います。


記事一覧(サイトマップ)



ミッチ at 00:09|PermalinkComments(3)TrackBack(0)