リストリサイタル

January 31, 2012

Liszt Recital : Joseph Villa

ジョセフ・ヴィラ 

LISZT RECITAL 

villa sh1

1. 献呈 S.566 (シューマン=リスト)
2. 嵐 S.160/5
3. 夕べの調べ S.139/11
4. コンソレーション 第3番 S.172/3
5. バラード 第2番 S.171 
6. 孤独の中の神の祝福 S.173/3 

Second Hearing GS 9001 
Recorded: 1984 

〔メモ〕
ソロピアニストとして活躍する前はヴァイオリニスト、ジョセフ・フックスの伴奏者をしていたヴィラです。ジュリアードの名教授ゴロドニツキやクラウディオ・アラウに師事したピアニストです。1972年のアリス・タリー・ホールでのデビューリサイタルはオールリストプログラムで行っています。
個人的にはジョセフ・ヴィラの良さは超絶技巧と柔軟性があることだと思っていますが、このディスクではその良さがあまり発揮されてないように思います。「嵐」の絨毯爆撃のような技巧は圧巻ですが、全体的に猪突猛進型で容赦のない演奏。例えば献呈やバラード2番は別のCDのライブ録音もありますが、それと比べるとこのスタジオ録音は考え無しに勢い任せにガンガン突っ込んで行くような印象です。夕べの調べ、コンソレーション、孤独の~は秀演だと思います。

フランツ・リスト→マルティン・クラウゼ→クラウディオ・アラウ→ジョセフ・ヴィラ  

関連記事: HOMMAGE À JOSEPH VILLA 
関連記事: LISZT VISITS VIENNA / Joseph Villa 


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 21:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 12, 2011

John Ogdon plays A Liszt Recital

ジョン・オグドン

A Liszt Recital

ogdon 1

1. ダンテを読んで ソナタ風幻想曲 S.161/7 
2. 愛の夢 第1番 S.541/1
3. 葬送前奏曲 S.206/1
4. 葬送行進曲 S.206/2
5. ボッカネグラの回想 S.438 (ヴェルディ=リスト)
  二つの演奏会用練習曲 S.145 
6. 森のざわめき
7. 小人の踊り
  パガニーニ大練習曲 S.141 より
8. 第2番 (オクターヴ)
9. 第3番 ラ・カンパネラ 〔ブゾーニ編〕
10. 葬送曲 S.173/7
11. メフィストワルツ 第1番 S.514 〔改編あり〕

TESTAMENT SBT 1133
Recorded: 1961-1968

〔メモ〕
これは先入観かもしれませんが、オグドンは精神を病んでいたらしく、それゆえに演奏から狂気がにじみ出ているように感じます。選曲をみてもオグドンがリストの暗黒面に着目していたことは間違いないと思います。オグドンの演奏に関してよく「繊細さ」ということが言われますが、僕は「繊細さ」というよりも「神経過敏」だと思っています。そして誇大妄想的とも言えるアイデアの巨大さで有無を言わさず圧倒します。オーソドックスな演奏を好む方には、おそらく刺激が強すぎるのではないでしょうか。完全に我が道を行くタイプの演奏です。
小人の踊りにおけるアンリーズナブルなスピード、深く暗部まで沈みこんでいく葬送前奏行進曲などは聴いている人間に対して焦燥感を与える、という意味では最もスリリングな演奏だと思います。個人的にボッカネグラが好きなのですが、この曲は彼の録音を一番よく聴きます。

ちなみにメフィストワルツではブゾーニ編曲版から一ヶ所パッセージが引用されています。

これらはEMIに残されたリスト録音の復刻なのですが、EMIへの彼の他のリスト録音、例えばポロネーズ第2番やため息などが復刻されていません。気長に待ちましょう。

フランツ・リスト→アールパード・センディ→イロナ・カボシュ→ジョン・オグドン 

関連記事:ogdon 


記事一覧(サイトマップ)



ミッチ at 17:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)