ロザリン・テューレック

August 06, 2012

Great Pianists of The 20th Century Vol.94

20世紀の偉大なるピアニストたち 94

ロザリン・テューレック 2 

great tureck 2

Disc.1
1.-26. ゴルドベルク変奏曲 BWV988 (つづく)(バッハ)<57>

Disc.2
1.-6. ゴルドベルク変奏曲 BWV988 (つづき)(バッハ)<57>
7.-14. フランス風序曲 (パルティータ) BWV831 (バッハ)<59>
15.-17. イタリア協奏曲 BWV971 (バッハ)<59>
18. デュエット 第1番 BWV802 (バッハ)<59> 
19. デュエット 第2番 BWV803 (バッハ)<59>
20. デュエット 第3番 BWV804 (バッハ)<59>
21. デュエット 第4番 BWV805 (バッハ)<59> 

音源; EMI
Philips 456 979-2

〔メモ〕
20世紀を代表するバッハ弾きのひとりであるテューレックです。ジャン・キアプッソはバッハ研究家でしたが、テューレックが彼に師事した時に、最初のレッスンでバッハの平均律クラヴィーア曲集第1巻より前奏曲とフーガ第1番を練習しておくように言われます。そして二日後のレッスンで彼女はなんとその前奏曲とフーガを完璧に暗譜してきました。そして次のレッスンその次のレッスンと進むにつれ、第2番、第3番と次々に暗譜していったのです。第16番まで来た時に彼女はキアプッソの下を離れ、奨学金でジュリアード音楽院へ入学します。そこでオルガ・サマロフに師事しますが、彼女は平均律の第17番以降を習わせてほしいと希望し、全48曲をそこでマスターするのです。そしてジュリアード2年目からは彼女はゴルドベルク変奏曲を学びます。
あるゴルドベルクを演奏したロンドンのリサイタルの後で、批評家は「テューレック女史の驚異的なほどバラエティーに富んだタッチ、弾けるリズム、表現力に満ちたフレージングは、"真のバッハの表現形式を再現するにはチェンバロが必要なのである"という純潔主義者たちの意見を無意味なものとする」と評しました。(ちなみに彼女はチェンバロやシンセサイザーをも弾きこなしていました)
ゴルドベルクも確かに素晴らしいですが、僕が特に素晴らしいと思ったのはフランス風序曲とイタリア協奏曲です。序曲では第一音から別世界へ連れて行かれます。美しい嘆きの歌に満たされています。僕はこの録音を数えきれないくらい聴いていますが、いまだに聴くたびに鳥肌がとまりません。

フランツ・リスト→カール・タウジヒ→アレクサンドル・ミハウォフスキ→ワンダ・ランドフスカ→ゲヴィン・ウィリアムソン→ロザリン・テューレック
フランツ・リスト→フレデリック・ラモンド→ジャン・キアプッソ→ロザリン・テューレック 
フランツ・リスト→コンスタンティン・シュテルンベルク→オルガ・サマロフ→ロザリン・テューレック
フランツ・リスト→カール・クリントヴォルト→エルンスト・イェドリツカ→オルガ・サマロフ→ロザリン・テューレック
フランツ・リスト→ベルンハルト・シュターヴェンハーゲン→アーネスト・ハッチソン→オルガ・サマロフ→ロザリン・テューレック


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 22:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 30, 2012

Great Pianists of The 20th Century Vol.93

20世紀の偉大なるピアニストたち 93

ロザリン・テューレック 1 

great tureck 1

Disc.1
1.-6. パルティータ 第1番 BWV825 (バッハ)<56>
7.-13. パルティータ 第3番 BWV827 (バッハ)<58>
14.-20. パルティータ 第6番 BWV830 (バッハ)<58>

Disc.2
1.-6. パルティータ 第2番 BWV826 (バッハ)<56>
7.-13. パルティータ 第4番 BWV828 (バッハ)<58>
14.-20. パルティータ 第5番 BWV829 (バッハ)<58>

音源: EMI
Philips 456 976-2

〔メモ〕
ソフィア・ブリリアント=リヴェン(A.ルビンシテインの弟子)、ジャン・キアプッソ(レシェティツキ、ラモンドの弟子)、ゲヴィン・ウィリアムソン(ランドフスカの弟子、ピアノ/チェンバロ奏者)、オルガ・サマロフ(名ピアニスト、ジュリアードの伝説の名教師) に師事したテューレックです。彼女はランドフスカ、グールドと並び「20世紀の最も偉大なバッハ弾きのひとり」と言われていました。

ジュリアード音楽院の生徒だったある日、彼女は突然短期的な昏睡状態に陥ってしまいます。そして目が覚めた時「真のバッハの様式」というものに対する内的洞察を与えられたと、不思議なエピソードをご本人は語っています。

おそらく多くの演奏家は、楽曲の構造を明晰に保とうとすると、ふくよかな演奏というよりは、線の細い演奏になる傾向にあると僕は思います。ここでのテューレックの演奏は音楽のふくよかさや内容がぎっしり詰まった充実度を誇りつつ、構造の明晰さを微塵も失っていません。そして彼女のヴェルヴェットのような肌触りのよい音色も魅力のひとつです。全て素晴らしいのですが、特に第3番、第6番が素晴らしいと思いました。

ちなみにここに収録されている「パルティータ 第4番」のサラバンドですが、ご本人の許可を得てリピートを編集でカットしています。CD2枚で収めるために仕方ない処置だったみたいです。

フランツ・リスト→カール・タウジヒ→アレクサンドル・ミハウォフスキ→ワンダ・ランドフスカ→ゲヴィン・ウィリアムソン→ロザリン・テューレック
フランツ・リスト→フレデリック・ラモンド→ジャン・キアプッソ→ロザリン・テューレック
フランツ・リスト→コンスタンティン・シュテルンベルク→オルガ・サマロフ→ロザリン・テューレック
フランツ・リスト→カール・クリントヴォルト→エルンスト・イェドリツカ→オルガ・サマロフ→ロザリン・テューレック
フランツ・リスト→ベルンハルト・シュターヴェンハーゲン→アーネスト・ハッチソン→オルガ・サマロフ→ロザリン・テューレック


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 19:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)