ロ短調ソナタ

October 01, 2016

ピアノソナタ S.178



ピアノソナタ S.178 / Sonate S.178 

〔楽曲メモ〕 
リストのピアノ作品の最高峰であるピアノソナタです。「ロ短調ソナタ」とも呼ばれます。リストにとって唯一の正式なピアノソナタです。1851年から1853年にかけて作られたものです。シューマンが彼の傑作である「幻想曲 Op.17」をリストへ献呈した返礼として、リストはこの大ソナタをシューマンへ献呈しました。シューマンはこの曲に熱中することはなかったらしく、時の批評家ハンスリックはこの曲を酷評しましたが、ワーグナーは「あらゆる概念を超越してこのソナタは美しく、偉大で、愛らしく、深遠で、気高い - まるであなたのように」という最大の賛辞を贈っています。ワーグナーはこの曲をリスト自身の音楽的肖像だと考えていたようです。1857年1月22日にリストの弟子で偉大なピアニストであるハンス・フォン・ビューローが初演し成功を収めました。過去にはリストの管弦楽曲の最高峰「ファウスト交響曲 S.108」に倣い「ファウストソナタ」というあだ名を付けられたこともあり、アレグロ・エネルジーコ部をファウスト、アンダンテ・ソステヌート部をグレートヒェン、フガート部をメフィストフェレスと解釈する人もいました。

〔名演〕 
この曲はピアノ作品の傑作ということで多くの名ピアニストたちが録音しています。僕がとりあえずみなさんに聴いていただきたいのはアラウ(Decca)の1970年の録音になります(上の動画)。ワーグナーが指摘したようにこの曲はいろいろな要素を含みます。このアラウの名演が高貴さ愛らしさ深さ美しさなどを総合的に表現していると僕は感じます。
他に好きな演奏としてはマルタ・アルゲリッチ(DG)のものがあります。これは彼女が何かに取り憑かれたかのような演奏であり、超常現象のような超越的名演です。
他にはコルトー、ホロヴィッツ、ベルマン、フィオレンティーノ、ブレンデル、ボレット、シフラ、ギレリス、リヒテル、ソフロニツキー、ワッツ、ツィマーマン、エマールなどいろいろな名演があり、挙げていけばキリがありません。これらの違いを聴くことも楽しみのひとつです。


記事一覧(サイトマップ)


ミッチ at 21:56|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

January 10, 2012

マリヤ・グリンベルク ● リスト

マリヤ・グリンベルク 

リスト:ピアノソナタ / スペイン狂詩曲 / ハンガリー幻想曲 

grinberg liszt

1. ピアノソナタ S.178
2. スペイン狂詩曲 S.254
3. ハンガリー幻想曲 S.123* 

*エリク・クラス指揮/モスクワ放送交響楽団 

TRITON DMCC-24049 
Recorded: 1952/1951/1971 

〔メモ〕
ダヴィッド・アイスベルク(レシェティツキの弟子)やブルーメンフェルト、イグムノフに師事し、ベートーヴェン弾きとして知られていたグリンベルグです。このリスト演奏も素晴らしい出来栄えです。この力強さ、真っ向からの正々堂々、真剣勝負という気迫を感じます。ポリーニはリストの後期作品を現代音楽につながるものと位置づけました。そしてその後期作品の源流はロ短調ソナタにあるとしました。その一方でグリンベルグはこのソナタをベートーヴェンのピアノソナタの延長と捉えているかのような演奏です。“演奏は女性らしく叙情的で、移り気だが、それと同時に、女性らしくなくヴィルトゥオーゾ的である。”と解説にありますが、なかなか的を射た言葉だと思います。スペイン狂詩曲、ハンガリー幻想曲も同様に非常に堂々とした構えをみせていて力強く、真に感動的です。

ちなみにグリンベルグの他のレパートリーも掲載されていたのでこちらに記しておきます。「いわゆるダンテ・ソナタを加えて二つのソナタと12の練習曲、6つの狂詩曲とメフィスト・ワルツ、そしてシューベルトの歌曲のトランスクリプションである」。これらも録音があるのなら聴いてみたい。シューベルトの歌曲とワーグナー、シューマン、バッハ編曲などはCD化されていました。

フランツ・リスト→アレクサンドル・ジロティ→コンスタンティン・イグムノフ→マリヤ・グリンベルク 


記事一覧(サイトマップ)



ミッチ at 19:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)