伝説

May 02, 2012

Ervin Nyiregyhazi in Performance

エルヴィン・ニレジハージ 

Ervin Nyiregyhazi in Performance 

nyiregyhazi

Disc.1 
1. 小鳥に説教するアッシジの聖フランチェスコ S.175/1 
2. 波を渡るパオラの聖フランチェスコ S.175/2 
3. 《聖エリザベトの伝説》の第5曲「エリザベト」より (リスト=ニレジハージ)  
4. 森のざわめき S.145/1  
5. ペトラルカのソネット 第123番 S.161/6 
6. エステ荘の糸杉にⅠ S.163/2 
7. ヴァレンシュタットの湖で S.160/2 
8. 間奏曲 Op.118/6 (ブラームス)
9. ピアノソナタ 第4番 Op.30 (スクリャービン) 
10. 夜想曲 Op.54/4 (抒情小品集より) (グリーグ) 

Disc.2 
1. ワルツ Op.40/8 (12の小品より)(チャイコフスキー)
2. ロマンス Op.5 (チャイコフスキー) 
3. パゴダ (版画より)(ドビュッシー) 
4. レントよりおそく (ドビュッシー) 
5. マズルカ Op.6/2 (ショパン) 
6. 前奏曲 Op.28/10 (ショパン) 
7. マズルカ Op.63/2 (ショパン) 
8. マズルカ Op.33/4 (ショパン) 
9. 夜想曲 Op.55/1 (ショパン) 
10. ピアノ協奏曲 第2番 第2楽章 〔独奏稿〕 (ラフマニノフ=ニレジハージ)
11. さすらい人 (シューベルト=ニレジハージ) 
12. 野ばら (シューベルト=ニレジハージ) 
13. 夜明け前 (見捨てられた庭より)(マクファーソン)* 

*モデスト・アルツシューラー指揮/ロサンジェルス連邦交響楽団 

Music & Arts CD-1202(2) 
Recorded: 1936-1982 

〔メモ〕
数奇な運命を辿ったピアニストであるニレジハージのライブ録音2枚組です。ニレジハージのピアノの師はイシュトヴァーン・トマーン(リストの弟子)、アルノルド・セーケイ(トマーンの弟子)、エルンスト・ドホナーニ(トマーン、ダルベールの弟子)、フレデリック・ラモンド(リストの弟子)ということで、彼はリスト直系ピアニストということになります。一時期は「リストの再来」と持て囃されスターダムに昇り詰めるも、聴衆に忘れ去られホームレス同然の生活をしていたこともあったとか。その人物も破天荒であり結婚も10回しています。
演奏はその表現能力の幅の凄まじいことが特徴でしょう。彼の代表的録音とも言える、サンフランシスコのとある教会で録音された2つの伝説も含まれています。人間は得体の知れない物を目の前にすると恐れを抱いたり、畏敬の念を抱いたりします。この2つの伝説は教会で録音されたからだと思いますが、残響が大きく音の波に飲み込まれるような感覚で、あたかも人智を超えたもののように響きます。これはもはやピアノ演奏という行為を超越した宗教儀式のようなものです。僕の理解を超越した演奏に恐れを抱かずにはいられません。

フランツ・リスト→イシュトヴァーン・トマーン→エルンスト・ドホナーニ→エルヴィン・ニレジハージ 
フランツ・リスト→フレデリック・ラモンド→エルヴィン・ニレジハージ 


記事一覧(サイトマップ)



ミッチ at 23:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 07, 2012

Liszt - Wilhelm Kempff

ヴィルヘルム・ケンプ 

Liszt: Années de pèlerinage: Italie (Auszüge) 

kempff liszt

  巡礼の年 第2年 イタリア S.161 より
1. 婚礼
2. 物思いに沈む人
3. サルヴァトール・ローザのカンツォネッタ
4. ペトラルカのソネット 第47番
5. ペトラルカのソネット 第104番
6. ペトラルカのソネット 第123番
7. ゴンドラを漕ぐ女 S.162/1
  二つの伝説 S.175
8. 小鳥に説教するアッシジの聖フランチェスコ
9. 波を渡るパオラの聖フランチェスコ

Deutsche Grammophon 449 093-2
Recorded: 1974  

〔メモ〕 
ケンプ若き日のピアニストの理想像はダルベールとブゾーニでした。そしてケンプはリスト直系のピアニスト教師であるカール・ハインリヒ・バルトの弟子です。これらの事柄だけでもリストと縁深いピアニストだということがわかります。
彼は教会オルガニストの家系に生まれましたが、演奏行為を神聖なものと考えていたのでしょうか。ケンプが指導をしているときある生徒が指輪をして演奏をしていたら、ケンプは不快感を露わにし指輪を外すよう注意したそうです。ここでの演奏は純朴で敬虔な演奏解釈です。作為や飾り気の無い演奏で心に染入るようです。婚礼、ゴンドラを漕ぐ女や2つの伝説は特に素晴らしいと感じました。

ちなみに巡礼の年イタリアが全曲入ってるかと思えば、最終曲のダンテソナタが入っていません。ちょっと残念です。

フランツ・リスト→ハンス・フォン・ビューロー→カール・H・バルト→ヴィルヘルム・ケンプ 


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 19:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 22, 2011

レスリー・ハワード: リスト ピアノ作品全集 Disc.12

Leslie Howard
The Complete Liszt Piano Music
バラード ・ 伝説 ・ ポロネーズ

Disc.12
1. バラード 第1番 - 十字軍の歌 S.170
2. バラード 第2番 〔第2稿〕 S.171
  伝説 S.175
3. 小鳥に説教するアッシジの聖フランチェスコ
4. 波を渡るパオラの聖フランチェスコ
5. 子守歌 〔第2稿〕 S.174ii
6. 即興曲 (夜想曲) S.191ii
7. ピアノ小品 S.189
  2つのポロネーズ S.223
8. 第1番 - 憂欝なポロネーズ
9. 第2番

Hyperion CDA66301
Recorded: 1988

〔メモ〕
〔1〕〔2〕曲種としては敬愛するショパンを意識したもの。 〔1〕「十字軍の歌」というサブタイトルはパリ版と新リスト全集版の出版時のみに付けられたが、それ以外の版には付けられていない。そのサブタイトルへのリスト自身の言及もないため、その由来は不明。第2番に比べるとほとんど演奏される機会はない。しかしフィオレンティーノとチッコリーニの名録音がある。 〔2〕ロ短調ソナタと同じ時期に、同じ調性にて作られた傑作。ビュルガーのバラード「レノーレ」にインスパイアされて作られたという説あり。第1稿はDisc.29に収録。 〔3〕〔4〕宗教音楽の傑作。描写的。なお両曲の聖人は同名だが別人。 〔3〕聖フランチェスコにまつわる伝説「聖フランチェスコの小さい花」にインスパイアされて。リスト自身による合唱曲「聖フランチェスコの太陽賛歌」(Disc.25)からの主題の引用あり。 〔4〕リストはパオラの聖フランチェスコの伝説が描かれた絵画を所有していた。その絵画にインスパイアされて。リスト自身による合唱曲「パオラの聖フランチェスコに寄せて」からの引用あり。 〔5〕ショパンの同名曲へのオマージュ。構造的にはショパンのものよりシンプル。初稿はDisc.2に収録。 〔6〕親しかったオルガ・フォン・マイエンドルフ男爵夫人のために作った作品。彼女の旧姓にちなみ「ゴルチャコフ即興曲」と呼ばれることもまれにある。以前は目立たない曲だったが、アシュケナージやホロヴィッツが取り上げ市民権を得る。第1稿である「夜想曲」はDisc.29に収録。 〔7〕1865年作曲。愛の夢と後期作品の橋渡し的な作品。新リスト全集には含まれず。この曲の自筆譜の前の所有者が、1935年に音楽雑誌「ピアノ・ステューデント(The Piano Student)」へのこの曲の掲載、出版を許可し、その出版物を後にリスト協会が入手し1988年に出版。自筆譜自体は1968年にオークションに出品され、個人に落札され現在は閲覧不可。 〔8〕〔9〕曲種としてはショパンを意識したもの。 〔8〕「憂欝な」というタイトルはリスト自身によるものだが、出版譜ではそのタイトルは省かれる傾向にある。第2番と比べるとほとんど演奏される機会はない。しかしギンズブルグとシフラの名録音がある。 〔9〕こちらはポーランドの作曲家ではなく、例えばベートーヴェン、シューベルト、チャイコフスキーのポロネーズに近い性格。ラフマニノフやグレインジャーの歴史的録音がある。ちなみにブゾーニの得意曲でもあり、彼はこの曲へコーダを書いている。

Disc.11
Disc.13




HMV : レスリー・ハワード リスト ピアノ作品全集
タワレコ : レスリー・ハワード リスト ピアノ作品全集 


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 17:39|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

January 16, 2006

ブレンデルは語る ―ケンプの伝説―

「~~は語る」というのがシリーズ化していますが(笑)、今回はブレンデルのお言葉です。

“1950年のケンプのリストの最初の伝説の古い録音も、誰も真似することができないレヴェルに達している名演です。”

対話録「さすらい人」ブレンデル
マルティン・マイヤー編著
岡本和子訳
音楽之友社
P260

僕はこの演奏を好きだったので、ブレンデルがこのように語っていてうれしくなりました。ヴィルヘルム・ケンプは若い頃、ブゾーニとダルベールを「理想のピアニスト」と崇拝していたようです。おそらくこの両巨匠のリスト演奏もケンプは聴いているのではないでしょうか?そして彼の師バルトはリストの高弟ビューローの弟子です。いや、でも影響関係は抜きにしてもこの演奏はすばらしい。ケンプにはリスト録音をもう少したくさん残して欲しかった。


記事一覧(サイトマップ)



ミッチ at 16:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)