十字架の道行

January 02, 2012

ハフとヴィラ -十字架の道行-

ピアニストのスティーヴン・ハフが同じくピアニストの親友ジョセフ・ヴィラとの思い出を語っていました。ジョセフ・ヴィラはエイズの合併症で亡くなりますが、その時のことを語っています。要約でご紹介しましょう。

“ある日、私達は彼のアパートメントでリストの「十字架の道行」の連弾稿を譜読みしていました。彼は譜面の音を正確に押さえることすらできませんでした。彼は熟練した偉大な画家のように色彩豊かな演奏をし、リストの様式の広大なキャンヴァスをどのように扱うかを心得ていました。病院に彼を訪ねた時、彼の力が徐々に弱っていくのが目に見えていました。死期が近づき、「極端な肉体的衰弱」という重荷を背負うことは彼にとっての「十字架の道行」のようなものでした。なんたる皮肉でしょう”  

十字架の道行はキリストの受難を描いた作品で、ヴィラの最期をそれに例えています。卓越したリスト弾きとも言える二人のピアニストが私的に「十字架の道行」を連弾で演奏していたというのは印象深いものがあります。

外部リンク: StephenHough.com | Joseph Villa


記事一覧(サイトマップ)



ミッチ at 17:29|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

June 03, 2011

レスリー・ハワード: リスト ピアノ作品全集 Disc.18

Leslie Howard
The Complete Liszt Piano Music
クリスマスツリー ・ 十字架の道行

Disc.18
  クリスマスツリー S.186
1. プサリテ - 古きクリスマスの歌
2. おお、聖なる夜 - 古き旋律によるクリスマスの歌
3. 飼葉桶のかたわらの羊飼い (甘き喜びのうちに)
4. 神の御子は今宵しも - 東方三博士の行進
5. スケルツォーソ - クリスマスツリーの蝋燭に火を灯して
6. カリヨン
7. まどろみの歌 - 子守歌
8. 古きプロヴァンスのクリスマスの歌
9. 夕べの鐘
10. 昔々
11. ハンガリー風
12. ポーランド風
13. クリスマスの歌 "キリストは生まれ給えり" S.502
  十字架の道行 S.504a
14. 序曲 王の御旗
15. 第1留 イエス、死刑の宣告を受ける
16. 第2留 イエス、十字架を担わされる
17. 第3留 イエス、はじめて倒れる
18. 第4留 イエス、聖母に会う
19. 第5留 イエス、クレネ人シモンの助力を受ける
20. 第6留 聖ヴェロニカ
21. 第7留 イエス、ふたたび倒れる
22. 第8留 エルサレムの女たち
23. 第9留 イエス、三たび倒れる
24. 第10留 イエス、衣をはがされる
25. 第11留 イエス、十字架に釘付けにされる
26. 第12留 イエス、十字架の上に死す
27. 第13留 イエス、十字架より降ろされる
28. 第14留 イエス、墓に葬られる
  コラール集 S.506a
29. 祝福されし十字架を称えよ 
30. イエス・キリスト -  5つの傷
31. わが魂は主をあがめ
32. いざもろびと神に感謝せよ
33. 草木も人も
34. 血潮したたる主の御頭
35. おお、神の子羊よ
36. いたましなげかし
37. 王の御旗
38. 神なし給う御業こそいと善けれ
39. 尊き御神の統べしらすままにまつろい

Hyperion CDA66388
Recorded: 1989

〔メモ〕
〔1〕~〔12〕ビューローとコジマの娘でリストの孫娘となるダニエラに献呈。「伝統的キャロルの旋律」「子供から見たクリスマス」「大人のクリスマスの思い出」という3つのグループに分けられる。 〔1〕ミヒャエル・プレトリウスのコラールの主題による。 〔2〕古いキャロルに基づいて。 〔3〕古いキャロルに基づいて。 〔4〕有名なクリスマスキャロルに基づいて。 〔5〕ユーモアやいたずら心に溢れる。 〔6〕鐘の音をテーマにした曲。 〔7〕幻想的子守歌。 〔8〕フランスの2つのキャロルによる。 〔9〕こちらも鐘の音をテーマとする。 〔10〕ハンフリー・サールによると、リストとカロリーネの出会いの懐かしき思いで。 〔11〕サールによると、セルフ・ポートレイト。アーブラーニへも献呈されている。 〔12〕サールによると、カロリーネのポートレイト。 〔13〕クリスマスキャロル。 〔14〕~〔28〕リストの宗教音楽の傑作。無調的な部分があり生前は周りに理解されず出版も拒否される。合唱とピアノ伴奏、合唱とオルガン伴奏などさまざまな稿があり、ピアノ独奏稿は1980年の新リスト全集により初めて出版される。グレゴリオ聖歌やコラールなどからの引用あり。 〔29〕~〔39〕コラールのピアノ独奏稿。ルター派教会の讃美歌や、聖歌を基にしている。公の場で弾くことを目的としていない編曲。新リスト全集により1980年に初めて出版される。

トラック〔14〕と〔37〕と同じテーマの曲「王の御旗は翻り」はDisc.14に収録。

Disc.17へ 
Disc.19




HMV : レスリー・ハワード リスト ピアノ作品全集
タワレコ : レスリー・ハワード リスト ピアノ作品全集 


記事一覧(サイトマップ)



ミッチ at 23:02|PermalinkComments(0)TrackBack(2)