名盤

October 23, 2016

愛の夢 第3番 S.541/3


愛の夢 - ピアノフォルテのための3つの夜想曲 S.541
第3番 おお、愛しうるかぎり愛せ
Liebesträume - 3 Notturnos für das Pianoforte S.541 No.3
O lieb, so lang du lieben kannst

〔楽曲メモ〕
愛の夢とは全3曲あり、この第3番が最も人気があります。1845年頃作曲され、キストナー社により1847年に初版された作品です。フライリヒラートの詩に歌を付けた歌曲をピアノ独奏に編曲したトランスクリプションです。この作品はリストの最も有名な曲というだけでなく「エリーゼのために」や「別れの曲」のように世界中で最も愛されている曲のひとつでもあります。とにかく美しい旋律が特徴です。

〔名演〕
上でも申しましたがこの曲は最も愛されている曲なので録音も多いです。個人的にはアラウ(Decca)の録音を一番よく聴きます。ふくよかな音色で包み込んでくれるような優しさのある演奏です。他には愛を高らかに情熱的に歌い上げるシフラ(EMI)も名演だと思います。録音の状態に起因するものだと思いますが、こちらはちょっと音がこもっているように聴こえます。濃厚でロマンティックに香り立つボレット(Decca)も素敵です。


記事一覧(サイトマップ)


ミッチ at 00:07|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

October 01, 2016

ピアノソナタ S.178



ピアノソナタ S.178 / Sonate S.178 

〔楽曲メモ〕 
リストのピアノ作品の最高峰であるピアノソナタです。「ロ短調ソナタ」とも呼ばれます。リストにとって唯一の正式なピアノソナタです。1851年から1853年にかけて作られたものです。シューマンが彼の傑作である「幻想曲 Op.17」をリストへ献呈した返礼として、リストはこの大ソナタをシューマンへ献呈しました。シューマンはこの曲に熱中することはなかったらしく、時の批評家ハンスリックはこの曲を酷評しましたが、ワーグナーは「あらゆる概念を超越してこのソナタは美しく、偉大で、愛らしく、深遠で、気高い - まるであなたのように」という最大の賛辞を贈っています。ワーグナーはこの曲をリスト自身の音楽的肖像だと考えていたようです。1857年1月22日にリストの弟子で偉大なピアニストであるハンス・フォン・ビューローが初演し成功を収めました。過去にはリストの管弦楽曲の最高峰「ファウスト交響曲 S.108」に倣い「ファウストソナタ」というあだ名を付けられたこともあり、アレグロ・エネルジーコ部をファウスト、アンダンテ・ソステヌート部をグレートヒェン、フガート部をメフィストフェレスと解釈する人もいました。

〔名演〕 
この曲はピアノ作品の傑作ということで多くの名ピアニストたちが録音しています。僕がとりあえずみなさんに聴いていただきたいのはアラウ(Decca)の1970年の録音になります(上の動画)。ワーグナーが指摘したようにこの曲はいろいろな要素を含みます。このアラウの名演が高貴さ愛らしさ深さ美しさなどを総合的に表現していると僕は感じます。
他に好きな演奏としてはマルタ・アルゲリッチ(DG)のものがあります。これは彼女が何かに取り憑かれたかのような演奏であり、超常現象のような超越的名演です。
他にはコルトー、ホロヴィッツ、ベルマン、フィオレンティーノ、ブレンデル、ボレット、シフラ、ギレリス、リヒテル、ソフロニツキー、ワッツ、ツィマーマン、エマールなどいろいろな名演があり、挙げていけばキリがありません。これらの違いを聴くことも楽しみのひとつです。


記事一覧(サイトマップ)


ミッチ at 21:56|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

February 03, 2011

リストの定盤

名盤紹介などの本で頻繁に紹介されるリストの名盤、定盤をまとめてみましょう。定盤という日本語はないですが、定番と名盤をかけあわせた造語と考えてください。定盤となるにはある程度流通してるものになるので、当然ほとんどが大手レーベルの有名ピアニストになります。

リヒテルの2つの協奏曲
コンドラシンとの共演でフィリップスが出してたものです。定番中の定番。演奏も文句なし。

ベルマンの超絶技巧練習曲
1963年のメロディア音源です。アラウの名盤もありますが、紹介される頻度はこちらが多いです。Victor盤は廃盤なので、入手したい場合はVenezia盤がいいでしょう。(ただ若干ピアノの音が不自然で録音が残念)

ワッツのパガニーニ大練習曲
Sony盤の旧録とEMI盤の新録があり、どちらもよく紹介されます。頻度としては新録の方がよく紹介される印象です。演奏も王道で素晴らしい。 

シフラのハンガリー狂詩曲
EMIの録音で言うと、モノラルの旧録(1番~15番)と、ステレオの新録(1番~16番、19番)の2種類があります。どちらもよく紹介されますが、個人的には音は悪いけど旧録のほうがしっくりきます。

上記4点は「もう殿堂入りにしてもいいんじゃないか?」というくらい頻繁に紹介されます。
----------
その他票が割れるものに以下のようなものがあります。

● ロ短調ソナタ
アルゲリッチホロヴィッツアラウなどがよく挙げられるでしょう。アラウのフィリップスへのスタジオ録音は2種類あり、1970年の旧録の方がよくおすすめされる傾向にあります。

● 巡礼の年
ブレンデル(第1年、第2年、第3年抜粋)、ボレット(第1年、第2年、第2年補遺、エステ荘の噴水)、ベルマン(完全全曲)などに票がわかれます。どれも甲乙つけがたい。

● 詩的で宗教的な調べ
それからリストの代表的な曲集といえば他に「詩的で宗教的な調べ」がありますが、最近は増えてきたとはいえ、以前はなかなか全曲盤が発売されませんでした。なのでこの曲集の定盤と呼べるものはありません。チッコリーニの1990年の新録を国内版、輸入版問わず頻繁に流通させておけば定盤になりえたかもしれないのに…。この音源は現在でも5枚組ボックスや56枚組ボックスなどでしか売ってないので、単独で買えません。新録の方はCD1枚に収録できないという点も、発売を妨げてた理由かもしれないですね。旧録は単独で売られていましたが音が悪い。


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 18:46|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

July 18, 2010

超絶技巧練習曲

Etudes d'exécution transcendante LW-A172

超絶技巧練習曲の素晴らしい全曲盤を選ぶとするなら、何になるでしょうか。今までに多くの書籍やインターネットで名盤として紹介されてきたアラウ盤とベルマン盤ですが、私も全く同感です。

アラウの演奏は流麗な解釈と華麗な音色。音楽が光り輝いているように感じます。アラウの様式というものが明確にあり、彼にしかできないことをやっています。これはピアノ音楽を愛するすべての人に聴いてほしいし、ピアノ学習者は聴くべき名演です。

ベルマンについてはまた別の機会に紹介したいと思います。


記事一覧(サイトマップ)



ミッチ at 04:34|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

January 03, 2006

再発&復刻 大予想

2011年のリスト・イヤーがさらに一歩近づいてきましたが、リスト・イヤーまでに再発されるかもしれないディスクを予想してみたいと思います。

○バレンボイム
●ドイツグラモフォンにあるロ短調ソナタ、巡礼の年・第1年やワーグナートランスクリプションなどが現在単独での入手が困難です。

○ケンプ
●こちらもドイツグラモフォンです。巡礼の年・第2年の抜粋や伝説2曲です。

○チェルカスキー
●デッカにあるライヴシリーズの中の一枚です。ソナタやハンガリー狂詩曲など。先輩サイトの「フランツ・リストの回想」で紹介されています。

○シフラ
●EMIにある音源で、セットでは購入できるが、単独での入手が困難なアイテム。例えばエフゲニー・オネーギンのポロネーズなどいろいろ。

○フランソワ
●EMIからハンガリー狂詩曲集、ドンジョバンニと協奏曲集などが出ていました。現在入手困難。

○チッコリーニ
●EMIでかなり復刻されましたが、復刻されなかった録音。例えばバラード1番、2番。

○ゲルバー
●EMIに幾つか録音がありました。もう復刻されてるかな?

○ジャン・フィリップ・コラール
●EMIからロ短調ソナタ、ダンテソナタなど。

○オピッツ
●RCAのリスト作品集。

○ダルベルト
●DENONから出ていた2枚組。巡礼の年第2年やバッハ変奏曲など。関係ありませんがこの人過小評価されすぎ。

○ベルマン
●メロディアの入手困難なアイテム。ロ短調ソナタ、ハンガリー狂詩曲第3番、スペイン狂詩曲、ヴェネチアとナポリ、超絶技巧練習曲(63年録音)など多数。これらは各レーベルでライセンス契約で発売されていましたが、それら全て入手困難です。でもメロディアなので期待できないかも。

○ギンズブルグ
●メロディアから出ていた編曲集。有名盤です。一時期再発されてましたが日本にあまり入ってこなかった。こちらも「フランツ・リストの回想」で紹介されています。

○ブレンデル
●フィリップスの7枚組のボックス。単独では色々入手できますが、バッハ変奏曲などが現在入手困難です。それと婚礼、葬送曲などのライヴ録音。

その他フィリップスなどにもディヒターやカンパネッラの録音があり、これらもまとめて廉価再発されるのではないでしょうか?上を見るとほとんどメジャーレーベルですが、レーベルがマイナーになればなるほど再発される確率が低いですね。ですからマイナーレーベルの復刻を予想するのは困難です。例えばファルナディなどは大量のリスト録音がありますが、ハンガリー狂詩曲+α以外全く復刻されません(ウエストミンスターだからかな?)。それからリスト録音が大量にあると言えば、ヨハンセン、クリダやケントナーがいますが、彼らの録音もCD化されるかどうかわかりません。ケントナーは幾つかCDが様々なレーベルから出ていますが他にも復刻されてないものがあります。クリダのLPで出ていたリスト全集はフランスでCD化されてたみたいですが、それも再発して欲しい。


記事一覧(サイトマップ)



ミッチ at 21:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)