巡礼の年

February 07, 2012

Liszt - Wilhelm Kempff

ヴィルヘルム・ケンプ 

Liszt: Années de pèlerinage: Italie (Auszüge) 

kempff liszt

  巡礼の年 第2年 イタリア S.161 より
1. 婚礼
2. 物思いに沈む人
3. サルヴァトール・ローザのカンツォネッタ
4. ペトラルカのソネット 第47番
5. ペトラルカのソネット 第104番
6. ペトラルカのソネット 第123番
7. ゴンドラを漕ぐ女 S.162/1
  二つの伝説 S.175
8. 小鳥に説教するアッシジの聖フランチェスコ
9. 波を渡るパオラの聖フランチェスコ

Deutsche Grammophon 449 093-2
Recorded: 1974  

〔メモ〕 
ケンプ若き日のピアニストの理想像はダルベールとブゾーニでした。そしてケンプはリスト直系のピアニスト教師であるカール・ハインリヒ・バルトの弟子です。これらの事柄だけでもリストと縁深いピアニストだということがわかります。
彼は教会オルガニストの家系に生まれましたが、演奏行為を神聖なものと考えていたのでしょうか。ケンプが指導をしているときある生徒が指輪をして演奏をしていたら、ケンプは不快感を露わにし指輪を外すよう注意したそうです。ここでの演奏は純朴で敬虔な演奏解釈です。作為や飾り気の無い演奏で心に染入るようです。婚礼、ゴンドラを漕ぐ女や2つの伝説は特に素晴らしいと感じました。

ちなみに巡礼の年イタリアが全曲入ってるかと思えば、最終曲のダンテソナタが入っていません。ちょっと残念です。

フランツ・リスト→ハンス・フォン・ビューロー→カール・H・バルト→ヴィルヘルム・ケンプ 


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 19:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 01, 2011

Sergio Fiorentino The Early Recordings Volume Three

セルジオ・フィオレンティーノ
The Early Recordings Volume Three
Années de pèlerinage : Première année - Suisse 

fiorentino3

1.-9. 巡礼の年 第1年 スイス (全曲) S.160  
10.-12. 巡礼の年 第2年 補遺 ヴェネツィアとナポリ (全曲) S.162

apr APR 5583
Recorded: 1963/1962  

〔メモ〕
フィオレンティーノの初期録音集第3弾です。 フィオレンティーノの主な師はパオロ・デンツァやカルロ・ゼッキであり、そういう意味ではイタリア・ブゾーニ楽派の正統的な継承者と言えるかもしれません(デンツァ、ゼッキ共にブゾーニの弟子)。しかし本人は最も大きな影響を受けたのは巨匠たちの実演を演奏会で聴いたことだと語っています。その巨匠たちというのはフィッシャー、コルトー、ギーゼキングです。そして他に影響を受けたものとしてラフマニノフのレコーディングを挙げています。
リストのコンソレーションという曲集はこの巡礼の年という曲集とはまったく異なる種類の曲集ですが、ここでのフィオレンティーノの演奏を聴いているとコンソレーションを聴いている気分になりました。コンソレーションは詩情豊かな曲集ですが、このゆっくりめのテンポで演奏されたスイスの曲集もポエジーのたちのぼる名演です。

ちなみに「ヴェネツィアとナポリ」はオリジナルのマスターテープが失われているため、ここに収録されたものは市販されたLPレコードから板起こしで復刻したものとのことです。

フランツ・リスト→カール・タウジヒ→ベニアミーノ・チェージ→アレッサンドロ・ロンゴ→パオロ・デンツァ→セルジオ・フィオレンティーノ   

関連記事: Sergio Fiorentino The Early Recordings Volume Two 
関連記事: Sergio Fiorentino The Early Recordings Volume One 
関連記事: Sergio Fiorentino The Early Recordings Volume Four 


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 03, 2011

Années de Pèlerinage / LAZAR BERMAN

ラザール・ベルマン

Années de Pèlerinage

berman annees

Disc.1
1.-9. 巡礼の年 第1年 スイス S.160 (全曲)

Disc.2
1.-7. 巡礼の年 第2年 イタリア S.161 (全曲)
8.-10. 巡礼の年 第2年 補遺 ヴェネツィアとナポリ S.162 (全曲)

Disc.3
1.-7. 巡礼の年 第3年 S.163 (全曲)

Deutsche Grammophon 437 206-2
Recorded: 1977

〔メモ〕 
ピアニストとしての系譜を見るとベルマンはかなりのサラブレッドです。まず最初にベルマンに手ほどきをしたのは母ですが、その母はイザベラ・ヴェンゲーロワの弟子であり、レシェティツキ直系のピアニストとなります(レシェティツキ→ヴェンゲーロワ→母→ベルマン)。そしてその後ベルマンはサフシンスキーという人物に師事しますが、サフシンスキーも「ロシアの偉大な4大ピアノ教師」と言われるうちのひとりであるニコラーエフの弟子です(ニコラーエフ→サフシンスキー→ベルマン)。そして同じく「4大ピアノ教師」に含まれるゴリデンヴェイゼルがベルマンの最も重要な師であり、さらにゲンリヒ・ネイガウスにも指導を受けたこともあります。そしてさらにロシアピアノ界のカリスマ、いや、神と目されていた大ピアニストたちであるマリア・ユージナ(ニコラーエフ派)、ソフロニツキー(ニコラーエフ派)、リヒテル(ネイガウス派)にも短期間ですが指導を受けています。「私がソフロニツキーに師事したのは彼の死期が近づいた晩年である1958年から1960年だが、彼のレッスンを集中的に受けてはいない。彼は私にいかにして音楽の精神に近づくかを教えてくれた。」とベルマン本人は語っています。
さてブダペストリストコンクールで入賞した経歴のある彼ですが、やはり「ベルマンと言えばリスト」と言っても過言ではないでしょう。ここでの彼の演奏は打鍵が重く、荘厳な音楽を創り出しています。技術面も高度ですが、いたずらに指を走らせるようなことはしません。音楽は実直です。これはリスト録音の名盤として不動の地位を築いています。

ちなみに上記CDのブックレットにはハンフリー・サールによる巡礼の年の解説が載っています(英語)。

フランツ・リスト→アレクサンドル・ジロティ→アレクサンドル・ゴリデンヴェイゼル→ラザール・ベルマン
フランツ・リスト→ハンス・フォン・ビューロー→カール・H・バルト→ゲンリヒ・ネイガウス→ラザール・ベルマン
フランツ・リスト→カール・タウジヒ→アレクサンドル・ミハウォフスキ→ヴラディーミル・ソフロニツキー→ラザール・ベルマン 

関連記事:Лазарь Берман

アマゾン:別ジャケットの再販


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 15:10|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

April 15, 2011

レスリー・ハワード: リスト ピアノ作品全集 Disc.11

Leslie Howard
The Complete Liszt Piano Music
巡礼の年 第3年

Disc.11
  5つのハンガリー民謡 S.245
1. ラッシャン - レント
2. メールシェケールヴェ - アレグレット
3. ラッシャン - アンダンテ
4. キッシェー・エーレーンケン - ヴィヴァーチェ
5. ビューショングヴァ - レント
  ハンガリーの歴史的肖像 S.205
6. セーチェーニ・イシュトヴァーン
7. エトヴェシュ・ヨージェフ
8. ヴェレシュマルティ・ミハーイ
9. テレキ・ラースロー
10. デアーク・フェレンツ
11. ペテーフィ・シャーンドル
12. モショニ・ミハーイ
13. プスタの憂愁 S.246
14. ハンガリーの神 〔左手用編曲〕 S.543bis
  巡礼の年 第3年 S.163
15. アンジェルス! - 守護天使への祈り
16. エステ荘の糸杉に - 哀歌 I
17. エステ荘の糸杉に - 哀歌 II
18. エステ荘の噴水
19. ものみな涙あり - ハンガリー旋法で
20. 葬送行進曲 - マキシミリアンI世の思い出に (メキシコ皇帝, 1867年6月19日死去)
21. スルスム・コルダ - 心を高めよ

Hyperion CDA666448
Recorded: 1990

〔メモ〕
〔1〕~〔5〕リストはしばしばハンガリー民謡とジプシー音楽を混同し、それに対し批判を受けていた(ハンガリー狂詩曲など)。当曲集は本当のハンガリー民謡であり、それを編曲したもの。ハンガリー民謡探究については後世のバルトーク、コダーイの方が徹底している。 〔6〕~〔12〕19世紀のハンガリーの政治家や芸術家への音楽で綴った墓碑銘。ハンガリー国歌「賛称(Himnusz)」やハンガリー第2国歌に相当する「訓辞(Szózat)」からの引用あり。上記の人名表記は「姓→名」の順。 〔6〕優れた政治改革者で文筆家でもあった人物への思い出に。 〔7〕政治家への思い出に。 〔8〕ハンガリー第2国歌とも言える「訓辞(Szózat)」はエグレッシ作曲、詩人ヴェレシュマルティの歌詞によるものだが、その「訓辞」の主題を引用した作品。 〔9〕テレキは政治家、文筆家。不気味な葬送行進曲は彼の自殺を表現している。リストの「葬送行進曲 S.206/2」(Disc.19)の短縮稿。 〔10〕政治家、文筆家へ。足早な行進曲。 〔11〕偉大なる詩人へ。「ペテーフィの思い出に S.195」(Disc.19)の拡大稿。 〔12〕著名な作曲家へ。「モショニの葬送 S.194」(Disc.19)の拡大稿。 〔13〕リュドミラ・ザモイスカ伯爵夫人の作品をもとにしている。そのザモイスカの作品はレーナウの詩による。ラッシャン部とフリシュカ部がある小型ラプソディー。 〔14〕弟子で片腕のピアニストであるゲザ・ジチーのために作った編曲。リスト唯一の左手用ピアノ作品。両手稿はDisc.19に収録。 〔15〕~〔21〕通好みの傑作集。第1年、第2年と違い、第3年は晩年の作品。 〔15〕巡礼の年第3年は静寂とともに幕をあける。 〔16〕嘆きを表現した傑作エレジー。調性は希薄。 〔17〕エレジー。リストが「ミケランジェロがサンタ・マリア・デリ・アンジェリ教会に最初の糸杉を植えた」という思い違いで書いた作品。リストはその思い違いに後で気付きタイトルを修正した。 〔18〕描写音楽であるとともに宗教音楽。「わたしが与える水はその人のうちで泉となり、永遠の命に至る水がわき出る」*というヨハネ福音書からの引用が掲げられている。ドビュッシー、ラヴェルへ与えた影響は大きく、リストはこの曲により「印象主義音楽の父」となった。ブゾーニが伝え聞くところによると、ドビュッシーはリスト本人によるこの作品の演奏を聴き仰天したとのこと。ちなみに原題は「Les jeux d'eaux à la Villa d'Este」だが、ラヴェルの「水の戯れ」の原題は「Jeux d'eau」である。 〔19〕エレジー。当初のタイトルは「ハンガリー哀歌」。タイトルはウェルギリウスの叙事詩「アエネーイス」より。 〔20〕自らの後釜となる人物に銃殺刑で処されたマキシミリアンI世を悼んで。プロペルティウスのエレジーが楽譜冒頭に掲げられている。曲種もエレジー。 〔21〕スルスム・コルダというのは聖餐式における「心を高めよ」という激励。嘆きや静寂で満たされた巡礼の年第3年はこの曲により晴れやかに終わる。

*引用元
作曲家◎人と作品シリーズ リスト
福田弥著
音楽之友社
P.191

Disc.10へ 
Disc.12へ 




HMV : レスリー・ハワード リスト ピアノ作品全集
タワレコ : レスリー・ハワード リスト ピアノ作品全集 


記事一覧(サイトマップ)



ミッチ at 18:03|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

April 08, 2011

レスリー・ハワード: リスト ピアノ作品全集 Disc.10

Leslie Howard
The Complete Liszt Piano Music
巡礼の年 第2年 イタリア

Disc.10
  巡礼の年 第2年 イタリア S.161
1. 婚礼
2. 物思いに沈む人
3. サルヴァトール・ローザのカンツォネッタ
4. ペトラルカのソネット 第47番
5. ペトラルカのソネット 第104番 〔オッシア〕
6. ペトラルカのソネット 第123番
7. ダンテを読んで - ソナタ風幻想曲
  巡礼の年 第2年 補遺 ヴェネツィアとナポリ S.162
8. ゴンドラ漕ぎの女 (ペルキーニ)
9. カンツォーネ (ロッシーニ)
10. タランテラ (コットラウ)
11. 泉のほとりで 〔コーダ異稿〕 S.160/4bis

Hyperion CDA67107
Recorded: 1996

〔メモ〕
〔1〕~〔7〕リストの重要なピアノ作品集のひとつ。第1年がスイスの自然などからインスピレーションを得て作られたのに対し、第2年はイタリアの文学作品や芸術作品からインスピレーションを得たもの。 〔1〕現在はブレラ美術館所蔵のラファエロの絵画「聖母の婚礼」からインスピレーションを得た作品。その旋律は聖母マリアを讃えるもの(聖母マリアを讃える別の作品でも同旋律が使用されている)。ドビュッシーのアラベスク第1番のアラベスク音型と同じ音型が現れる。 〔2〕ミケランジェロの彫刻による。この曲は後に拡大編曲され「夜」(Disc.16)という作品になる。 〔3〕ジョヴァンニ・バティスタ・ボノンチーニによる歌をもとにした作品。その歌とサルヴァトール・ローザとの関係は不明。歌詞がローザによるものか、あるいは歌詞が彼に因んだものである可能性がある。 〔4〕~〔6〕愛の歌。高貴で美しく非常に愛されている作品で、単独で取り上げられることも多い。これら3曲の初稿(歌曲稿とピアノ独奏稿あり)はすでに出版されていたが曲順は違っていた。この曲集に組み込まれるにあたり〔3〕と〔4〕の繋がりを意識して曲順が変えられた。これら3曲の初稿である「3つのペトラルカのソネット」はDisc.61に収録。 〔5〕ハワードはバレールやクズミンのようにオッシア*で弾いている。 〔7〕傑作として認められている作品。ダンテの「神曲」による。通称「ダンテソナタ」。三全音のインターバルが地獄を表現している。ちなみにこの曲は「ソナタ風幻想曲(Fantasia quasi Sonata)」だが、ベートーヴェンのピアノソナタ第13、14番は「幻想曲風ソナタ(Sonata quasi una fantasia)」である。 〔8〕~〔10〕当時のイタリアで人気のあった楽曲をもとにした作品。この曲集の前身である「ヴェネツィアとナポリ」はDisc.61に収録。 〔8〕ジョヴァンニ・バティスタ・ペルキーニの作品を素材としている。楽譜上のリストによる説明によると、この曲は「ゴンドレッタの上のブロンド娘 - カヴァリエーレ・ペルキーニのカンツォーネ」であるとのこと。オードリー・ヘプバーン主演の名作映画「ローマの休日」で使用された。ちなみにベートーヴェンも同曲を素材とし「ヴェネツィア民謡」という曲を作っている(WoO157/12)。 〔9〕ロッシーニのオペラ「オテロ」の「これにまさる惱みはあらじ」による。 〔10〕ギヨーム・ルイ・コットラウの主題を使用した作品。 〔11〕弟子のジョヴァンニ・ズガンバティが「泉のほとりで」(Disc.9)を演奏するにあたり、リストがそのコーダを彼のために新たに作り手紙で送った。

*オッシアというのは楽譜の部分的な代替案です

Disc.9
Disc.11




HMV : レスリー・ハワード リスト ピアノ作品全集
タワレコ : レスリー・ハワード リスト ピアノ作品全集 


記事一覧(サイトマップ)



ミッチ at 17:53|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

April 01, 2011

レスリー・ハワード: リスト ピアノ作品全集 Disc.9

Leslie Howard
The Complete Liszt Piano Music
巡礼の年 第1年 スイス

Disc.9
  巡礼の年 第1年 スイス S.160
1. ウィリアム・テルの聖堂
2. ヴァレンシュタットの湖で
3. 田園曲
4. 泉のほとりで
5. 嵐
6. オーベルマンの谷
7. 牧歌
8. 郷愁
9. ジュネーヴの鐘 - 夜想曲
  3つのスイスの小品 〔第2稿〕 S.156a
10. 牛追い歌 - フェルディナント・フーバーの旋律 (変奏付)
11. 山の夕暮れ - エルネスト・クノップの旋律 - 夜想曲
12. 山羊追い歌 - フェルディナント・フーバーの旋律 - ロンドー

Hyperion CDA67026
Recorded: 1995

〔メモ〕
〔1〕~〔9〕リストの重要なピアノ作品集のひとつ。旅人のアルバム(Disc.7, Disc.8)のうちの数曲を前身としている。ちなみに旅人のアルバムも部分的に「巡礼の年」というタイトルで出版されたことがあるのでややこしい。 〔1〕スイスの伝説的英雄へのオマージュ。楽譜の冒頭に「一人はみんなのために、みんなは一人のために」というモットーが掲げられている。 〔2〕初稿と比べ、大幅な改訂はされていない。タイトルはバイロンの詩「チャイルド・ハロルドの巡礼」より。 〔3〕旅人のアルバム第2巻第3曲(第7曲c)の改訂稿。 〔4〕演奏される機会の多い人気作。タイトルはシラーの詩より。 〔5〕他の曲が旅人のアルバムからの改訂であるのに対し、この曲は新たに作られた作品。タイトルはバイロンの詩「チャイルド・ハロルドの巡礼」による。ピアノ協奏曲「呪い S.121」の冒頭との類似性を指摘されている。練習曲に近い性格。 〔6〕リストの傑作として認められている。タイトルはスイスを舞台とするセナンクールの詩「オーベルマン」による。チャイコフスキーが(お世辞でなければ)敬愛していた作品で、そのオペラ「エフゲニー・オネーギン」の「レンスキーのアリア」で主題を拝借している。ちなみにトリスティアというタイトルのピアノ三重奏版もあり。 〔7〕「チャイルド・ハロルド」より。旅人のアルバムに含まれず。チャイコフスキーの「トロイカ」は当曲の影響下にあるのではないかと指摘されてる。 〔8〕旅人のアルバム第2巻第2曲(第7曲b)の素材と「スイス・ロマンティック幻想曲」(Disc.7)の素材から作られている。序文としてセナンクールの「オーベルマン」からの引用が掲げられている。 〔9〕旅人のアルバム第1巻の「G*****の鐘」を大幅に改訂したもの。 〔10〕~〔12〕旅人のアルバム第3巻(Disc.8)は「3つのスイスの歌」というタイトルで出版されたことがあるが、当曲集はその改訂稿。もともとこれらも巡礼の年第1年へ含まれる可能性、または「第1年補遺」とされる可能性もあったらしい。他の作曲家の作品をもとにしている。

1886年、ローマに滞在していたドビュッシーがリストを訪問し、その時リストは「泉のほとりで」を演奏しました。この曲の印象主義的技法がドビュッシーに影響を与えたと言われています。

Disc.8へ  
Disc.10へ  




HMV : レスリー・ハワード リスト ピアノ作品全集
タワレコ : レスリー・ハワード リスト ピアノ作品全集 


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 02:10|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

February 03, 2011

リストの定盤

名盤紹介などの本で頻繁に紹介されるリストの名盤、定盤をまとめてみましょう。定盤という日本語はないですが、定番と名盤をかけあわせた造語と考えてください。定盤となるにはある程度流通してるものになるので、当然ほとんどが大手レーベルの有名ピアニストになります。

リヒテルの2つの協奏曲
コンドラシンとの共演でフィリップスが出してたものです。定番中の定番。演奏も文句なし。

ベルマンの超絶技巧練習曲
1963年のメロディア音源です。アラウの名盤もありますが、紹介される頻度はこちらが多いです。Victor盤は廃盤なので、入手したい場合はVenezia盤がいいでしょう。(ただ若干ピアノの音が不自然で録音が残念)

ワッツのパガニーニ大練習曲
Sony盤の旧録とEMI盤の新録があり、どちらもよく紹介されます。頻度としては新録の方がよく紹介される印象です。演奏も王道で素晴らしい。 

シフラのハンガリー狂詩曲
EMIの録音で言うと、モノラルの旧録(1番~15番)と、ステレオの新録(1番~16番、19番)の2種類があります。どちらもよく紹介されますが、個人的には音は悪いけど旧録のほうがしっくりきます。

上記4点は「もう殿堂入りにしてもいいんじゃないか?」というくらい頻繁に紹介されます。
----------
その他票が割れるものに以下のようなものがあります。

● ロ短調ソナタ
アルゲリッチホロヴィッツアラウなどがよく挙げられるでしょう。アラウのフィリップスへのスタジオ録音は2種類あり、1970年の旧録の方がよくおすすめされる傾向にあります。

● 巡礼の年
ブレンデル(第1年、第2年、第3年抜粋)、ボレット(第1年、第2年、第2年補遺、エステ荘の噴水)、ベルマン(完全全曲)などに票がわかれます。どれも甲乙つけがたい。

● 詩的で宗教的な調べ
それからリストの代表的な曲集といえば他に「詩的で宗教的な調べ」がありますが、最近は増えてきたとはいえ、以前はなかなか全曲盤が発売されませんでした。なのでこの曲集の定盤と呼べるものはありません。チッコリーニの1990年の新録を国内版、輸入版問わず頻繁に流通させておけば定盤になりえたかもしれないのに…。この音源は現在でも5枚組ボックスや56枚組ボックスなどでしか売ってないので、単独で買えません。新録の方はCD1枚に収録できないという点も、発売を妨げてた理由かもしれないですね。旧録は単独で売られていましたが音が悪い。


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 18:46|PermalinkComments(4)TrackBack(0)