死の舞踏

November 20, 2016

ナクソス: リスト全集1 (コーエン)

ナクソス: リスト全集 1
アーナルド・コーエン  

naxos1

1. 《死の舞踏》 S.555 (サン=サーンス)  
2. 灰色の雲 (暗い雲) S.199  
3. 凶星 S.208  
4. 《ユグノー教徒》の回想 - 《ユグノー教徒》による劇的大幻想曲 〔第2最終稿〕S.412 (マイアベーア) 
5. 悲しみのゴンドラ I S.200/1  
6. 悲しみのゴンドラ II S.200/2  
7. 即興曲 (夜想曲) S.191
8. 死の舞踏 S.525 

NAXOS 8.553852  
Recorded: 1996  

〔メモ〕
〔1〕サン=サーンスの第3交響詩「死の舞踏」は1874年に作曲された。その交響詩のピアノトランスクリプションで難曲(交響詩というジャンルはリストが発明したもの)。リストはこのトランスクリプションをサン=サーンスへ送っている。 〔2〕構造自体はシンプルだが、音楽学者イムレ・メッツォによると「シェーンベルク、ベルク、ウェーベルンの第2次ウィーン楽派のセリ―に共通するものがある」とのこと。 〔3〕不吉さを表現した作品で、書法的には近代音楽に近づいている。 〔4〕マイアベーアのオペラ「ユグノー教徒」を基にしたオペラファンタジー。ここでのコーエンは「唯一の正統的な第2最終稿」という表記のあるシュレジンガー版を使用している。 〔5〕〔6〕ワーグナーの死を予感して書かれた傑作エレジー。 〔7〕オルガ・マイエンドルフへ献呈された即興曲。1872年に作曲され1877年にブライトコプフ・ウント・ヘルテル社から出版される。 〔8〕ピアノと管弦楽のための作品として有名な「死の舞踏」だが、ここではピアノ独奏稿が演奏されている。中世の単旋律聖歌「怒りの日」を使用した変奏曲。1860年から1865年までの期間にこの独奏稿を作っている。ピサのカンポサントにあるフレスコ画「死の勝利」に霊感を得たと言われている。


記事一覧(サイトマップ)


ミッチ at 03:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

August 31, 2016

FRANZ LISZT: The Piano Concertos

イェネ・ヤンドー

FRANZ LISZT: The Piano Concertos 

jando

Disc.1
1.-3. ピアノ協奏曲 第1番 S.124*
4.-9. ピアノ協奏曲 第2番 S.125*
10. ハンガリー幻想曲 S.123* 

Disc.2
1. さすらい人幻想曲 S.366 (シューベルト)*
2. ベートーヴェンのアテネの廃墟による幻想曲 S.122*
3. ベルリオーズのレリオによる交響的大幻想曲 S.120*

Disc.3 
1. 呪い S.121*
2. 華麗なるポロネーズ S.367 (ウェーバー)*
3. 《魔弾の射手》幻想曲 S.451 (ウェーバー)   
4. 死の舞踏 S.126ii* 

*アンドラーシュ・リゲティ指揮/ブダペスト交響楽団 

CAPRICCIO C7095
Recorded: c1990 

〔メモ〕 
ハンガリーのリスト音楽院でカタリン・ネメシュやパール・カドシャに師事したヤンドーによるリストの協奏曲集です。リストのピアノ協奏曲のまとまった録音といえばハワードの他にはベロフ、ロルティ、ピアースなどがありますが、ヤンドーもこのようにまとまった形で録音しています。彼は職人気質のピアニストであり、多くのレコード会社に非常に多くの録音を残しています。職人タイプの彼らしく高度な技術を持っています。自分の個性を推し出すのではなく、テンポ早目で元気ハツラツな演奏なのですが、解釈としては淡々としているようにも聴こえます。
ピアニストのレスリー・ハワードはリスト全集録音という偉業を達成しましたが、ヤンドーももしそのような機会があれば達成できたのではないかと思わせるほどの技術力があります。そしてレパートリーも非常に広いのでぜひフンガロトンで全集を達成していただきたかった! 

魔弾の射手幻想曲は別人の演奏でしょうか?

フランツ・リスト→オイゲン・ダルベール→エルンスト・フォン・ドホナーニ→シュテファニア・イムレ→カタリン・ネメシュ→イェネ・ヤンドー
フランツ・リスト→イシュトヴァン・トマーン→ケーリ=サーント・イムレ→カタリン・ネメシュ→イェネ・ヤンドー 
フランツ・リスト→イシュトヴァン・トマーン→ベラ・バルトーク→カタリン・ネメシュ→イェネ・ヤンドー
フランツ・リスト→イシュトヴァン・トマーン→アルノルド・セーケイ→パール・カドシャ→イェネ・ヤンドー 


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 18:32|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

February 17, 2012

レスリー・ハワード: リスト ピアノ作品全集 Disc.52

Leslie Howard
The Complete Liszt Piano Music
サン=サーンス ・ ショパン ・ ベルリオーズ トランスクリプション

Disc.52
1. 死の舞踏 - カミーユ・サン=サーンスの交響詩 S.555 
  6つのポーランドの歌 - フレデリック・ショパンによる作品 S.480
2. 乙女の願い Op.74/1
3. 春 Op.74/2
4. 指環 Op.74/14
5. 酒宴 Op.74/4
6. 私の愛しき人 Op.74/12 〔第1稿〕
7. 許婚 Op.74/15 
8. 固定楽想 - ベルリオーズの旋律によるアンダンテ・アモローソ S.395
9. 《宗教裁判官》序曲 S.471 (ベルリオーズ)
10. 《イタリアのハロルド》の巡礼者の行進 〔第2稿〕 S.473ii (ベルリオーズ)
11. 《ファウストの劫罰》の妖精の踊り(ワルツ) S.475 (ベルリオーズ)
12. 《リア王》序曲 S.474 (ベルリオーズ)

Hyperion CDA66346 
Recorded: 1989

〔メモ〕
〔1〕サン=サーンスはリストの信奉者だったが、サン=サーンスはリストに倣い交響詩を4作書いている。その交響詩の中で最も有名な「死の舞踏」のトランスクリプション。 〔2〕~〔7〕リストが敬愛するショパンの歌曲のトランスクリプション。 〔2〕オリジナルのショパンの旧版では「乙女の願い」というタイトルだったが、現在では「願い」というタイトルで出版されることが多い歌曲。リストのピアノ独奏版はその名残で「乙女の願い」となっている。旋律はポーランドの民俗旋律によるもので、リストはこの旋律を「ヴォロニンツェの落穂拾い 第2番」(Disc.30)でも使用している。 〔3〕シンプルなトランスクリプション。 〔4〕マズルカ風。 〔5〕マズルカ風。リストのピアノ独奏版の邦題は「バッカナール」と呼ばれることもある。 〔6〕このリストのピアノ独奏版では「わが喜び」というタイトルで呼ばれることもある。 〔7〕花婿が馬を駆り、風の吹き荒ぶ森を抜け花嫁に会いにいくが、花嫁は死んでいたという悲劇を描写している。どことなくショパンの革命エチュードを想起させる。リストのピアノ独奏版は「家路」というタイトルで呼ばれることもある。 〔8〕タイトルはカタカナでそのまま「イデー・フィクス」とすることもある。固定楽想とはベルリオーズの用いた作曲技法で、簡単にいうとワーグナーのライトモティーフのようなもの。幻想交響曲(Disc.51)で固定楽想として使用されている旋律を主題として書いた夜想曲。この曲は後に改訂され、幻想交響曲の第4楽章のトランスクリプションの前奏曲として用いられる。その改訂稿はDisc.69に収録。 〔9〕ベルリオーズは「宗教裁判官」というオペラを作ろうとしたが結局完成せず、その序曲だけ出版した。そのトランスクリプション。 〔10〕ベルリオーズのヴィオラ付き交響曲「イタリアのハロルド」の第2楽章「夕べの祈祷を歌う巡礼の行列」のトランスクリプション。 〔11〕ゲーテの「ファウスト」に基づくベルリオーズの劇的物語「ファウストの劫罰」より。このリストによる編曲は出版譜によっては「妖精の踊り」や「妖精のワルツ」という具合にタイトルが定まらないが、ベルリオーズのオリジナルスコアは「妖精のバレエ」となっている。 〔12〕ベルリオーズの「リア王序曲」のトランスクリプション。この編曲はイギリスのリスト協会により1987年に初めて出版される。リスト本人や未出版の楽譜を入手できるような近親者が演奏してなければ、この作品の初演は1987年のウィグモアホールのレスリー・ハワードによるもの。リストの編曲が出来た後にベルリオーズはこの作品を改訂しているが、ここでのハワードの演奏はベルリオーズによる改訂も含み演奏している。

Disc.51へ 
Disc.53へ 




HMV : レスリー・ハワード リスト ピアノ作品全集
タワレコ : レスリー・ハワード リスト ピアノ作品全集 


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 18:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 16, 2011

BENEDETTI MICHELANGELI

アルトゥーロ・べネデッティ・ミケランジェリ

Leggendarie Interpretazioni | BENEDETTI MICHELANGELI

michelangeli liszt

1. ピアノ協奏曲 第1番 S.124*
2-4. 死の舞踏 〔ジロティ版〕 S.126*
5-8. ピアノソナタ 第2番 Op.35 (ショパン)

*ラファエル・クーべリック指揮/トリノ放送交響楽団

BRAMANTE BLICD7004
Recorded: 1961/1959

〔メモ〕
師弟関係を遡っていくとリストやタールベルクにたどりつくミケランジェリです。コルトーに「リストの再来」と評されたミケランジェリですが、このCDを聴いてその言葉をすぐに納得してしまいました。協奏曲では奇を衒うことなくいたずらな表現は一切ありません。そして、彼の全録音に共通して言えることですが、構造美への並々ならぬ執着があり独自の美学によって演奏されています。さて問題は死の舞踏です。彼は私生活でも自分の愛車を乗り回していた「スピード狂」だったそうですが、この曲においてもスピード狂ミケランジェリが顔を覗かせています。通常のテンポ、厳粛な雰囲気で始まったかと思えば、次の瞬間にトップスピード!しかし何よりも驚くべきは音色の一つ一つに全く曖昧さがなく、全体の構造も全く崩れを見せていないところです。野獣のような激しさとマシーンのような精密さが矛盾なく共存するような演奏です。

ちなみにポリーニは、理想のピアニストとして「若き日のミケランジェリ」を挙げていたことがあるそうです。

ショパンのソナタも同様に素晴らしい演奏です。この曲をポリーニ、アルゲリッチと聴き比べると、彼らは何か(ポリーニは理知、アルゲリッチは激情でしょうか)を追及するために他の何かを犠牲にしているような演奏をしますが、ミケランジェリは何も犠牲にすることなく名演に仕上げています。

フランツ・リスト→カール・タウジヒ→ベニアミーノ・チェージ→ジュゼッペ・マルトゥッチ→ジョヴァンニ・アンフォッシ→アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ


記事一覧(サイトマップ)



ミッチ at 22:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 08, 2010

ショパン国際ピアノコンクール2010 -Nicolay Khozyainov-

5年に一度のショパンコンクールが今開催中です。今は一次予選が終わって結果が出たところです。全員聴いたわけではないのですが、Nicolay Khozyainovというロシアのピアニストの演奏を聴いて感動しました。彼のMagicalな演奏の虜になり、鳥肌が立ちっぱ!
コンクールはどんな結果になるかわかりませんが、彼には注目していきたいと思います。ちなみに名前の読み方がわかりません(笑)。日本に来てコンサート開いてくれないかなぁ

そんな彼がYoutubeに演奏をアップしているようです

死の舞踏
http://www.youtube.com/watch?v=BkOLcH4cReM
http://www.youtube.com/watch?v=LTM0EDEdxvY

スペイン狂詩曲
http://www.youtube.com/watch?v=7UkeNEsBb2c

死の舞踏はオケがしょぼい…

※追記
読み方はニコライ・ホジャイノフなのかな


記事一覧(サイトマップ)



ミッチ at 19:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 04, 2010

Legendary Performances Vol.3

ウラディミール・ホロヴィッツ

ピアノの悪魔

リストに例えて、ホロヴィッツは「ピアノの魔術師」と呼ばれることがありますが、彼の演奏を聴いていると、もはや魔術師どころではないです。個人的には「ピアノの悪魔」という表現がふさわしいと思ってます。そしてその「悪魔」を最も感じる演奏は「死の舞踏(サン・サーンス=リスト=ホロヴィッツ)」です。僕はこの演奏がある限り悪魔の存在を信じます。原曲がサン・サーンスであることと、ホロヴィッツの編曲が加わっていることにより、リストの影が薄くなっていますが、そんなことはもうどうでもいいです。悪魔のミサ、狂乱の宴をピアノで描ききったホロヴィッツ、彼の精神状態は常人には理解できないのでしょう。こんなに変態的な演奏は他にありません。

他に注目すべき演奏として、スケルツォとマーチの録音がありますが、こちらもまた狂気に溢れた演奏です。その演奏はあたかもピアノが悲鳴を上げているようです。魔人ホロヴィッツの面目躍如と言えるでしょう。


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 20:35|PermalinkComments(0)TrackBack(2)