演奏会用大独奏曲

May 09, 2012

Liszt ● Piano Music / Bavouzet

ジャン=エフラム・バヴゼ 

Liszt ● Piano Music 

bavouzet

1. 祈り 〔第1稿〕 S.172a/1
2. 夜の讃歌 S.172a/2
3. ゆりかごの歌 S.198
4. 眠れぬ夜! 問いと答え S203i 
5. 演奏会用大独奏曲 S.176
6. 調性のないバガテル S.216a
7. 夜 S.516a 
8. 葬送前奏曲と葬送行進曲 S.206 
9. 朝の讃歌 S.172a/3
10 《トリスタンとイゾルデ》の前奏曲 (ワーグナー=コチシュ)
11. イゾルデの愛の死 S.447 (ワーグナー=リスト)
12. 夢の中で - 夜想曲 S.207 

MDG 604 1350-2 
Recorded: 2005  

〔メモ〕 
ピエール・サンカン、パウル・バドゥラ=スコダ、ニキタ・マガロフに師事したバヴゼの意欲的なプログラムのディスクのご紹介です。なぜこのようなプログラムになったのか非常に気になります。それほど異常なプログラムです。1997年に初めて出版された詩的で宗教的な調べの1847年稿より、「祈り」「夜の讃歌」「朝の讃歌」の3曲が収録されています。これらは別世界へ連れて行かれるような神秘性のある曲で、フランツ・リストの底の深さを思い知らされます。 
演奏は潤いのある音色で細部まで丁寧に仕上げを施された演奏です。選曲もそうですが、その音色により全体の幻想性や神秘性が強調されています。ジャケットのゴッホの絵はそれを暗示した素晴らしいチョイスです。「夜の闇」「月や星の光」がリストとバヴゼの心象風景を投影しているようです。美しい曲が揃っていますが、その闇の深さは尋常ではありません。僕はこのディスクをお薦めするのにためらいはありません。

ちなみにこのディスクはいつもお世話になっている「LISZT STYLE」さんで紹介されてて知ったものです。

フランツ・リスト→マルティン・クラウゼ→エトヴィン・フィッシャー→パウル・バドゥラ=スコダ→ジャン=エフラム・バヴゼ 
フランツ・リスト→アレクサンドル・ジロティ→ニキタ・マガロフ→ジャン=エフラム・バヴゼ 


記事一覧(サイトマップ)



ミッチ at 22:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 20, 2011

レスリー・ハワード: リスト ピアノ作品全集 Disc.16

Leslie Howard
The Complete Liszt Piano Music
幻想曲 ・ 変奏曲 ・ 葬送頌歌 ・ 演奏会用独奏曲

Disc.16
1. B-A-C-Hの主題による幻想曲とフーガ S.529ii
2. "泣き、嘆き、憂い、おののき" 前奏曲 (バッハ) S.179
3. "泣き、嘆き、憂い、おののき" バッハの動機による変奏曲 S.180
  3つの葬送頌歌
4. 死者たち - 弔辞 S.516 
5. 夜 S.516a
6. タッソーの葬送的凱旋 S.517
7. 演奏会用大独奏曲 S.176

Hyperion CDA66302
Recorded: 1988

〔メモ〕
〔1〕「B-A-C-Hの主題」というのはバッハの名をドイツ音名で「ベー(シ♭)」、「アー(ラ)」、「ツェー(ド)」、「ハー(シ)」と当てはめたもの。オルガン曲の「B-A-C-Hの主題による前奏曲とフーガ」をピアノへ編曲し、そしてさらなる改訂の際にタイトルを「前奏曲と~」の部分を「幻想曲と~」と変えたもの。もともとこの曲はリスト自身による即興演奏から作られたもの。ちなみにJ.S.バッハ自身による同工の曲「B-A-C-Hの主題による前奏曲とフーガ BWV898」もあるが、偽作の疑いがあるとのこと(グールドの録音あり)。 〔2〕〔3〕両曲ともにアントン・ルビンシテインへ献呈。この2曲が新リスト全集にて「編曲作品」のカテゴリーに入れられてることに対しハワードは「ブラームスのヘンデル変奏曲を編曲作品とすることがないのと同様に、これらは完全なるオリジナル作品なのでそこに含むのはおかしい」と主張。 〔2〕前奏曲というタイトルが付いているが、実質的にはパッサカリア(変奏曲)。主題はバッハのカンタータ「泣き、嘆き、憂い、おののき」から。 〔3〕通称「バッハ変奏曲」。娘ブランディーヌの死に直面し失意の底で書かれた。主題は〔2〕同様バッハのカンタータより。正式名称は「バッハの動機による変奏曲 (ヨハン・ゼバスティアン・バッハのカンタータ《泣き、嘆き、憂い、おののき》とロ短調ミサの《クルチフィクスス》の通奏低音による)」。コーダの前にコラール「神なし給う御業こそいと善けれ」からの引用あり。ちなみにそのコラールのリストによるピアノ独奏編曲もある(Disc.18)。 〔4〕~〔6〕管弦楽版をはじめ様々な版がある。ハワードによるとリストはこの3曲は(抜粋ではなく)全曲演奏されることを意図したとのこと。 〔4〕息子ダニエルの死を悼んで。ラムネーの詩「オレゾン(弔辞)」に基づいて作曲された。 〔5〕巡礼の年第2年(Disc.10)の第2曲「物思いに沈む人」の拡大編曲。タイトルはミケランジェロの詩から。あまり演奏されないがツィマーマンやダルベルトの録音あり。 〔6〕「交響詩《タッソー、悲劇と勝利》へのエピローグ」という別名あり。楽譜には序文としてピエラントニオ・セラッシによるタッソーの葬送の説明文がある。交響詩との共通主題もあり。 〔7〕ロ短調ソナタを予見しているような作品。パリ音楽院の試験の課題曲として作られる。アドルフ・ヘンゼルトへ献呈したが、彼はこの曲を弾けないと言ったとか。リストはこの曲にかなりこだわっていたとのこと。2台ピアノ稿や協奏稿もあり。このピアノ独奏稿はほとんど演奏される機会がないが、なぜか2台ピアノ稿である「悲愴協奏曲」はたまに演奏される。ドホナーニ+バルトーク、リヒテル+ヴェデルニコフ、アルゲリッチ+フレイレなど。

BACH幻想曲とフーガ、バッハ変奏曲、夜などの真の傑作が含まれたこのアルバムは素晴らしい。ブレンデルもBACH幻想曲とフーガとバッハ変奏曲を含んだアルバムを出していますが、演奏面でもブレンデルからの影響もあるのかなと思います。

Disc.15へ 
Disc.17へ 




HMV : レスリー・ハワード リスト ピアノ作品全集
タワレコ : レスリー・ハワード リスト ピアノ作品全集 


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 12:37|PermalinkComments(0)TrackBack(2)