演奏会用練習曲

August 14, 2016

【楽譜】 新リスト全集 2

ムジカ・ブダペスト出版社 新リスト全集
第1シリーズ 第2巻 

  3つの演奏会用練習曲 - 3つの詩的カプリース S.144
1. 第1番 悲しみ
2. 第2番 ラ・レジェレッツァ
3. 第3番 ため息
4. アブ・イラート S.143
  2つの演奏会用練習曲 S.145
5. 第1番 森のざわめき
6. 第2番 小人の踊り 
  パガニーニによる大練習曲 S.141
7. 第1番 前奏曲
8. 第2番
9. 第3番 ラ・カンパネラ 
10. 第4番
11. 第5番
12. 第6番

Editio Musica Budapest: Z.5412

〔メモ〕
〔1〕~〔3〕1849年初版の演奏会用練習曲。パリで出版された際に「3つの詩的カプリース」というタイトルとそれぞれのタイトルが与えられる。レジェレッツァは「軽やかさ」の意。 〔4〕「技巧完成練習曲」というサブタイトルが与えられ1852年に出版された練習曲。アブ・イラートとは「怒りをこめて」の意。フェティスとモシェレスの編纂した教本「諸技法のメトード」へリストより寄稿された「サロン用小品」は当曲の初期稿。 〔5〕〔6〕1863年にレーベルトとシュタルクが編纂した教本「理論的・実用的大ピアノ教程」に寄稿された練習曲。 〔7〕~〔12〕パガニーニのヴァイオリン協奏曲第2番の終楽章の主題を使用した作品「パガニーニの鐘による華麗なる大幻想曲」が1834年に出版される。シューマンはパガニーニのカプリースを練習曲風トランスクリプションとして1833年(Op.3)と1835年(Op.10)に発表するが、それに倣いリストもパガニーニのカプリースを基に練習曲を作った。それが1840年に発表された「パガニーニによる超絶技巧練習曲」である。全6曲中5曲はパガニーニのカプリースのトランスクリプションであり、唯一第3番だけは上記の「鐘による大幻想曲」を編集して作ったもの。そのリストの曲集に対しシューマンは「シューマンの編曲がその作品の詩的な側面を取り出すものであるならば、リストは、そういう側面が全くないわけではないが、むしろヴィルトゥオーゾ的側面を浮かび上がらせる」と評論している。そして最終的にはここに収録される「パガニーニによる大練習曲」となり1851年に出版される。


アマゾンのリンクは参考のためです。実際に購入される場合はご自身での確認をお願いいたします。


記事一覧(サイトマップ)



ミッチ at 23:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 04, 2011

レスリー・ハワード: リスト ピアノ作品全集 Disc.6

Leslie Howard
The Complete Liszt Piano Music
前奏曲 ・ 演奏会用練習曲 ・ レーナウのファウストからのエピソード

Disc.6
1. 前奏曲 - 交響詩 第3番 〔ピアノ独奏稿〕 S.511a
  3つの演奏会用練習曲 - 3つの詩的カプリース S.144
2. 第1番 悲しみ
3. 第2番 ラ・レジェレッツァ
4. 第3番への2つの小カデンツァ
5. 第3番 ため息 〔カデンツァと改訂コーダ付〕
6. アブ・イラート - 技巧完成練習曲 〔第2稿〕 S.143
  2つの演奏会用練習曲 S.145
7. 森のざわめき
8. 小人の踊り
  レーナウの《ファウスト》より2つのエピソード
9. 夜の行列 S.513a
10. 村の居酒屋での踊り - メフィストワルツ 第1番 S.514

Hyperion CDA67015
Recorded: 1995

〔メモ〕
〔1〕交響詩というものを創始したのはリストだが、そのリストの交響詩のなかで最も有名で、ヒトラーのお気に入りでもあった前奏曲のピアノ独奏稿。タイトルはカタカナでそのまま「レ・プレリュード」とすることもある。S.511a。タイトルはラマルティーヌの詩から。「我らの人生が、最初の第一音が死により奏でられる知られざる賛歌への一連の前奏曲でないならば何なのであろうか?」。交響詩のピアノ独奏稿は出版の際、編曲者として弟子の名前が記載されていたためリストの作品表に含まれることは稀。しかしハワードは「この編曲の準備段階ではカール・クラウザーが書いたものだが最終段階では全てリストによるものとみて問題ない」と主張。 〔2〕~〔5〕リスト本人はこの曲集の各曲に対し「第1番」、「第2番」、「第3番」という番号付けしかしていないが、フランスで出版される際になぜかイタリア語のタイトルが付けられた。リスト本人はこれらタイトルに特に反対はしてなかったとのこと。 〔2〕演奏会用練習曲としては巨大な作品で、(それゆえなのか)演奏される機会が他2曲とくらべて少ない。 〔3〕タイトルは「軽やかさ」とも訳される。余談だがピアノ教師として有名なレシェティツキーがこの曲へのコーダを書いている。ここでのハワードの演奏は当然リストオリジナル版。 〔4〕リストはマスタークラスの際、弟子のために「ため息」へのカデンツァを作った。このトラック〔4〕の前者はヘンリク・ゴッビのための、後者はリナ・シュマルハウゼンのためのもの。 〔5〕美しく非常に人気のある曲。ここでの演奏はアウグステ・レンネバウムのためのカデンツァと、リナ・ラーマンが保管していたコーダ異稿を用いて録音。 〔6〕サロン用小品(Disc.3)の改訂稿。タイトルは「怒りを込めて」とも訳される。リスト練習曲全集のような企画CDでもこの曲が含まれるのは稀。ルバッキテはえらい。 〔7〕~〔8〕弟子のディオニュス・プルックナーへ献呈された演奏会用練習曲。 〔7〕野本由紀夫、湯浅玲子の両氏は「森のささやき」は誤訳であり「森のざわめき」が正しいとしている。 〔9〕管弦楽曲の「夜の行列」を弟子のロベルト・フロイントがリストの指導の下ピアノ独奏編曲しようとし、それをリスト本人が引き継いで完成させた。 〔10〕リストの代表作のひとつで演奏される機会も非常に多い。この曲は管弦楽曲「村の居酒屋での踊り」よりも先に存在していたので、管弦楽稿からの編曲というわけではない。加筆・改訂稿はDisc.20に収録。ちなみにブゾーニは管弦楽曲「村の居酒屋での踊り」をピアノ独奏編曲している。

Disc.5へ  
Disc.7へ   




HMV : レスリー・ハワード リスト ピアノ作品全集
タワレコ : レスリー・ハワード リスト ピアノ作品全集 


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 22:37|PermalinkComments(0)TrackBack(2)