EMI録音集成

September 05, 2013

JOHN OGDON: Legendary British Virtuoso

ジョン・オグドン 

JOHN OGDON: Legendary British Virtuoso 

ogdon emi box

● ハンガリー幻想曲 S.123<1962>*
● スペイン狂詩曲 〔ブゾーニ編・協奏稿〕<1962>*
● ため息 S.144/3<1967>
● 愛の夢 第1番 S.541/1<1967>
● 愛の夢 第3番 S.541/3<1967> 
● ピアノソナタ S.178<1964>  
● 2つの演奏会用練習曲 S.145<1967> 
● 葬送前奏曲と葬送行進曲 S.206<1965> 
● 夢の中で - 夜想曲 S.207<1965> 
● 《ドン・ジョヴァンニ》の回想 S.418 (モーツァルト=リスト)<1965> 
● 《シモン・ボッカネグラ》の回想 S.438 (ヴェルディ=リスト)<1965> 
● ダンテを読んで - ソナタ風幻想曲 S.161/7<1961> 
● メフィストワルツ 第1番 "村の居酒屋での踊り" S.514<1961>  
● メフィストワルツ 第3番 S.216<1965> 
● 死のチャールダーシュ S.224<1965>   
● ポロネーズ 第2番 S.223<1967> 
● ハンガリー狂詩曲 第15番 (ラーコーツィ行進曲) S.244/15<1967>   
● パガニーニによる大練習曲 第2番 S.141/2<1967>   
● ラ・カンパネラ 〔ブゾーニ編〕<1961>   
● 葬送曲 S.173/7<1967>  
● 忘れられたワルツ 第1番 S.215/1<1967> 

*ジョン・プリッチャード指揮/フィルハーモニア管弦楽団 

EMI 50999 7 04637 2 9

〔メモ〕
本名ジョン・アンドリュー・ハワード・オグドンのEMI録音を集めた17枚組のCDボックスです。上記収録曲はリスト作品のみの抜粋となります。オグドンがチャイコフスキーコンクールでアシュケナージと1位を分け合ったのが1962年なので、ここでの録音集はその前後の録音ということになります。
イソ・エリンソン(ブルーメンフェルトの弟子)、ゴードン・グリーン(ペトリの弟子)、デニス・マシューズ(マセイ直系)、エゴン・ペトリ(ブゾーニの弟子)、イロナ・カボシュ(リスト直系)などの錚々たるピアニストたちに師事しています。オグドンは師のひとりであるペトリに「私がこれまで教えた生徒の中で最も非凡な生徒」と称賛されました。後年彼は統合失調症を患い壮絶な人生を送りました。
オグドンの演奏は不安定というか極端な面があります。極端にテンポを早くして演奏したり、その時々で解釈が極端に緻密だったり、逆に極端に大雑把なときもあります。ヘンテコな解釈で演奏することもあります。しかしここでのEMI録音は概ね真っ当な解釈でヘンテコな部分はありません。全体的に気力の充実した、スケールの大きな演奏です。珍しい曲もいくつかあり、この時期にオグドンがこれだけの録音を残してくれたことに感謝したいと思います。

過去のブログ記事で「ため息、ポロネーズ2番などはCD化されていません。CD化してほしい」と書いたのですが、このボックスセットでため息、ポロネーズ第2番、メフィストワルツ第3番は初CD化となりました。めでたい!

フランツ・リスト→アールパード・センディ→イロナ・カボシュ→ジョン・オグドン 

関連記事: ogdon 
関連記事: John Ogdon plays A Liszt Recital  


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 05:48|PermalinkComments(7)TrackBack(0)