SONY

August 02, 2012

LANG LANG : LISZT My Piano Hero

ラン・ラン

LISZT My Piano Hero 

Lang Lang

1. ロマンス "おお、さらばなぜ" S.169
2. ラ・カンパネラ S.141/3
3. コンソレーション 第3番 S.172/3
4. 半音階的大ギャロップ S.219
5. 愛の夢 第3番 S.541/3
6. ハンガリー狂詩曲 第6番 S.244/6
7. ため息 S.144/3
8. ハンガリー狂詩曲 第15番 ラーコーツィ行進曲 〔ホロヴィッツ編〕 S.244/15
9. アヴェ・マリア S.558/12 (シューベルト=リスト)
10. イゾルデの愛の死 S.447 (ワーグナー=リスト)
11.-13. ピアノ協奏曲 第1番 S.124*

*ヴァレリー・ゲルギエフ指揮/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 

Sony Classical 88697891402
Recorded: 2011 

〔メモ〕
アメリカの名門カーティス音楽院にてゲイリー・グラフマンに師事したラン・ランのリスト集です。ラン・ランのリスト(の楽曲)との出会いは、彼が2歳の時に観たアニメ「トムとジェリー」のキャット・コンチェルトというエピソードでキャラクターたちがハンガリー狂詩曲2番を演奏していたのを見て衝撃的に面白いと感じたことが最初になります(ちなみに彼がこの曲がフランツ・リストの曲だと知るのは後になります)。
彼の演奏は「遊び心」と「歌心」に溢れています。映像で彼の人柄などを見ていると彼には「健康的なユーモア」があると感じます。そしてそれは演奏にも表れています。「歌心」は愛の夢やロマンス、アヴェ・マリアに表れ、「遊び心」は半音階ギャロップやハンガリー狂詩曲にて発揮されています。

かつてフランツ・リストはスーパースターであり、リストがピアノを演奏すれば観客は狂喜乱舞し、女性たちの中には失神する人もいました。現代のラン・ランがオーディエンスを熱狂させる様を見ているとリストのことを思い出さずにはいられません。 

ちなみに「イゾルデの愛の死」はボーナス・トラックなので、これが収録されていないCDもあります。そしてボーナスDVDも付いているものと付いていないものもあります。ご購入をお考えの方はご注意ください。

フランツ・リスト→オイゲン・ダルベール→ヨゼフ・ホフマン→ゲイリー・グラフマン→ラン・ラン


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 01:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

January 04, 2012

horowitz plays liszt

ヴラディーミル・ホロヴィッツ 

horowitz plays liszt 

horowitz liszt

Disc.1
1. コンソレーション 第2番 S.172/2 <1962>
2. ハンガリー狂詩曲 第19番 〔ホロヴィッツ編〕 S.244/19 <1962>
3. スケルツォと行進曲 〔ホロヴィッツ編〕 S.177 <1967>
4. オーベルマンの谷 S.160/6 <1966>
5. ピアノソナタ S.178 <1977>
6. 泉のほとりで S.160/4 <1975>
7. 忘れられたワルツ 第1番 S.215/1 <1975>  

Disc.2
1. コンソレーション 第3番 S.172/3 <1979>
2. メフィストワルツ 第1番 〔ホロヴィッツ編〕 S.514 <1979>
3. バラード 第2番 S.171 <1981>
4. ウィーンの夜会 第6番 〔コーダ:ホロヴィッツ〕 S.427/6i (シューベルト=リスト) <1986>
5. ペトラルカのソネット 第104番 S.161/5 <1986>
6. 忘れられたワルツ 第1番 S.215/1 <1986>
7. "泣き、嘆き、憂い、おののき" 前奏曲 S.179 <1989>
8. イゾルデの愛の死 〔ホロヴィッツ編〕 S.447 (ワーグナー=リスト) <1989>

Disc.3
1. ハンガリー狂詩曲 第6番 〔ホロヴィッツ編〕 S.244/6 <1951>
2. ハンガリー狂詩曲 第2番 〔ホロヴィッツ編〕 S.244/2 <1953>
3.-5. ピアノソナタ S.178 <1949>
6. コンソレーション 第4番 S.172/4 <1950>
7. コンソレーション 第5番 S.172/5 <1950>
8. 忘れられたワルツ 第1番 S.215/1 <1951>

Disc.4
1. 忘れられたワルツ 第1番 S.215/1 <1930>
2. パガニーニ練習曲 第2番 〔ブゾーニ編〕 S.141/2 <1930>
3. ハンガリー狂詩曲 第6番 〔ホロヴィッツ編〕 S.244/6 <1947>
4. ペトラルカのソネット 第104番 S.161/5 <1951>
5. 泉のほとりで S.160/4 <1947>
6. 葬送曲 S.173/7 <1950>
7. 死の舞踏 〔ホロヴィッツ編〕 S.555 (サン-サーンス=リスト) <1942>
8. 結婚行進曲による変奏曲 (メンデルスゾーン=リスト) 〔ホロヴィッツ編〕<1946>
9. ハンガリー狂詩曲 第15番 ラーコーツィ行進曲 〔ホロヴィッツ編〕 S.244/15 <1950>
10. 忘れられたワルツ 第1番 S.215/1 <1951> 

Sony Classical 88697839852  

〔メモ〕
20世紀に生きた伝説的ピアニストであるホロヴィッツの4枚組です。19世紀に「ピアノの魔術師」と形容されたのはリストですが、20世紀においてその称号を受け継いだのはホロヴィッツです。現役時代、ホロヴィッツのリスト作品演奏は「ナルシスティックすぎる」という批判を浴びたこともあるそうなのですが、確かにその言葉は的を射た表現かもしれません。しかしホロヴィッツの演奏は圧倒的なオーラがあり、いかなる批判をもねじ伏せる力がありました。ホロヴィッツの演奏は聴いた人間を別世界に連れて行きます。それが夢の世界か地獄かは人それぞれですが、そんな状況では冷静な判断をできないのも当然で、これら演奏に対しエクスタシーを感じる人もいれば憤慨する人がいてもおかしくないでしょう。僕はこの演奏に時折り恐れすら感じます。リストを聴くというよりはホロヴィッツを聴くアルバムです。

※編曲の表記について
一般的にホロヴィッツの編曲と呼ばれるものに〔ホロヴィッツ編〕と付けましたが、バラード2番やオーベルマンなどにも改編は見られます。他の曲にも細かい改編があります。
ちなみにメフィストワルツ1番が〔リスト=ブゾーニ=ホロヴィッツ〕と表記されることがありますが、それは誤りです。確かにブゾーニ編曲のパッセージを引用してはいますが、基本的にはリストオリジナルをベースとしたホロヴィッツ編曲版です。


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 02:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)